30代男性に喜ばれるメンズブランドマフラー人気ランキング2018!ドレイクスなどがおしゃれで誕生日プレゼントにおすすめ

30代男性に喜ばれるメンズブランドマフラー人気ランキング2018!ドレイクスなどがおしゃれで誕生日プレゼントにおすすめ

年代を問わず、マフラーは男性向け冬ギフトの大定番です。あたたかく冬を過ごしてほしいという優しい気持ちをこめても良し、肌身離さずいつも持っていてほしいという想いを託してもよし、とメッセージ性のあるプレゼントとして優れています。そんなプレゼントの王道マフラーを、特に30代男性のために選ぶにあたりチェックしておきたいポイントをご紹介します。素材の違いや特徴から、30代男性を満足させるマフラー選びに必要な基礎知識なども網羅しています。さらに【2018年度版】人気ブランドランキングもご紹介しますので、この冬を心も体もあたたかくしてくれる、とっておきのマフラー選びにお役立てください。

目次
30代男性に合うメンズマフラーの選び方は?ブランドや柄はどう選ぶと良い? 30代男性にプレゼントするメンズマフラーの予算相場は? 30代男性に人気のメンズマフラーの素材の種類は? 【30代男性のプレゼントに人気のオシャレなブランドマフラー(メンズ)ランキング 2018】 【30代男性に人気の2万円以内で買えるブランドマフラーランキング 2018】 30代男性にブランドマフラーをプレゼントした人の体験談

30代男性に合うメンズマフラーの選び方は?ブランドや柄はどう選ぶと良い?

30代男性にマフラーを贈るための基礎知識

  • おすすめは160cm以上のロングマフラー
  • ブランド名だけにとらわれず、大人の男性を意識した機能性も大切に
  • 仕事の邪魔をしないベーシックなカラーから入ると失敗が少ない

長さの選び方

マフラーは160cm以上と以下で使い勝手が変わります。30代男性が実際にマフラーを使うシーンを想定するなら、160cm以上のロングタイプがおすすめです。

ボリュームを出しやすく、スーツやジャケットと組みあわせた時に視覚効果を発揮しやすいからです。働き盛りの30代の男性には仕事で使うことを意識したマフラー選びが重要になります。

一方、160cm未満のマフラーは、巻きつける用途ではなく首からかけて使います。したがってコートなどのアウター自体にボリュームがある場合、ショートマフラーならさりげないおしゃれを演出することが可能です。

機能性(温かさ)を考えた選び方

マフラーとは防寒具です。ファッションアイテムである以前に、どれくらい温かいかという機能の良さは軽視できません。先述したマフラーの長さは、暖をとる機能と直結しています。

一般的に長い方が温めた空気を逃しにくく、身体が冷えにくいです。またマフラーの素材や毛の長さなど、空気を含んで維持できる性質に個性が出るので、なるべく温かく使えるものを選びましょう。

コーディネートを考えた選び方

普段のファッションに一定の方向性があるなら、そこから浮き出てしまうようなマフラーは避けてほうが無難です。服とマフラーの色をどう組みあわせるかという視点はとても大切になります。

マフラーを使うのは寒い季節ですので、自然と落ち着いたトーンの服装になりやすいですが、あえて「差し色」という考え方でモノトーンを崩す役目をマフラーに持たせるとおしゃれ度が高いです。その際も、あまりビビッドな色味にするより、トーン自体は落ち着きを持たせながら、コーディネート全体を引き締めるような色を選ぶのが上級者です。

ブランドの選び方

予算が許せば、上品なブランドから選ぶのが喜ばれるでしょう。ノーブランドのものより、由緒あるブランドのマフラーを贈ったほうが、30代男性の自尊心を上手にくすぐることができます。

ノーブランドから選ぶ場合には、肌触りのなめらかさなど、品質の良さに気を配って30代ならではの本物志向にヒットするマフラーを選ぶことをおすすめします。

柄の選び方

30代男性に初めてのマフラーを贈るなら、柄が目立つものよりベーシックな無地のものがおすすめです。スーツはもちろん、カジュアルなデイリーユースにも柔軟に対応できるので、最初の一本としては外れのない選択となります。

一方、柄もののなかでもボーダーは基本的にNGと考えましょう。若さや元気な印象を強めたい20代、またはあえてポップな視覚効果を取り入れたい40代には有用ですが、大人の自覚をより強めていく30代男性には子供っぽい印象から敬遠されがちです。

30代男性にプレゼントするメンズマフラーの予算相場は?

マフラー選びに必要な予算の組み方

  • 30代男性が自分でマフラーを買うなら「5,000円~1万円」
  • 2万円前後のマフラーが、もらって本当にうれしいもの
  • 1~2万円の予算があれば喜ばれるものが探せる
  • 2万円あれば高級なカシミアも選択肢に入る

30代男性は20代に比べ、機能性重視のチープなものを卒業して本物の良さに目覚める時期です。仕事にもファッションにも、一流の質を求めます。
マフラーもまた同様です。大切にすれば長く使い続けられる、本物のマフラーを選びたくなります。

そこでベストプレゼント編集部が「自分でマフラーを買ったことがある30代男性200人」に「30代男性が自分でマフラーに払える予算」と「プレゼントにマフラーをもらってうれしい価格帯」について2016年11月にアンケート調査を実施しました。

その結果、なかなかファッションに多くの予算を割けないという30代の男性のリアルな相場観が見えてきました。

調査結果によれば、30代男性が自分でマフラーにかけられる予算は「5,000円~1万円」までが全体の48%を占め、安い服を着こなしていきたいという根強い声が浮かびあがります。

一方、もらって嬉しいマフラーの価格帯は「2万円前後」という回答が36%で最多を占め、本当に欲しいものと用意できる予算には乖離があることが判明しました。

この調査結果を受けて、プレゼントとしてマフラーを贈るなら10,000~30,000円程度の予算を準備すれば30代男性が本当に欲しいと思えるものを探せることが分かります。

たとえばウール製のものなら1万円前後で選ぶことができ、2万円程度まで価格帯を上げると高級感のあるカシミアも視野に入ります。

30代男性に人気のメンズマフラーの素材の種類は?

30代男性におすすめのマフラーは、使用している素材によって大まかに5つに分類できます。

30代男性に人気のマフラーの素材の種類

  • ニット素材
  • カシミア素材
  • ウール素材
  • アンゴラ素材

ニット素材のマフラー

定番はニットです。季節感を取り入れるのに最適で、20~30代に特に人気が高いです。網目があらいものはカジュアルな印象がかなり強いため、コーディネートによっては抜群の相性をみせてくれます。

カシミア素材のマフラー

カシミアも30代男性の支持を集める、人気の素材です。光沢のある質感となめらかな手触りで、マフラーに上品さを求めるならうってつけの素材といえます。軽くて保温性も高いところも美点の1つです。

カシミア同様に山羊を由来とする中で、特にアンゴラ山羊の毛から生産されるものはモヘア生地と呼ばれ特別視されます。カシミアよりゆるい紡ぎ感が魅力で、弾力性とリッチな質感を求める高級志向の30代にウケるマフラーです。

男性に人気のカシミヤマフラーを人気ランキング2018から探す

人気ランキングをもっとみる

ウール素材のマフラー

ビジネスユースに最適なマフラーと言えば、ウール素材になります。吸湿性の高さに特徴があり、汗をかきやすい30代男性には特におすすめです。流通量も多いため、選べるバリエーションが豊富なのもうれしいポイントと言えます。

アンゴラ素材のマフラー

ウサギの毛から紡がれるアンゴラという素材もあります。軽さに優れており、ゴージャスな印象をマフラーで演出したいと考える方にぴったりです。

【30代男性のプレゼントに人気のオシャレなブランドマフラー(メンズ)ランキング 2018】

それでは、2016年度の秋~冬にかけて上品に着こなせる、おすすめのマフラーブランドをご紹介します。ぜひとも候補に入れたい定番ブランドを中心に、30代男性へのプレゼントにふさわしい1万円以上の価格帯から選べる人気7ブランドをご覧ください。

【7位】 Ralph Lauren(ラルフローレン)

大手紳士服メーカーとしての顔をもつ、ビジネスマン御用達の由緒あるブランドです。通称「ポロ」とも言い、1967年にアメリカのネクタイブランドとして出発し、いまではアメリカを代表する伝統的なファッションブランドの地位を確立するに至っています。トップクラスの知名度を誇り、一目でラルフローレンだとわかるロゴマークがワンポイントで光ります。

リーズナブルな価格帯から取りそろえているため、10~20代のプレゼントとして特に人気です。30代男性に贈るなら、ラルフローレンのラインナップの中でも2万円に近いクラスから選びと似合うものが見つかるでしょう。

参考価格 4,000〜15,000円程度
Ralph Lauren(ラルフローレン)公式サイト

【6位】 FRANCO BASSI(フランコバッシ)

シルクを使った光沢と肌触りの良いアイテムを得意とする、イタリアのブランドです。イタリアが世界にほこるシルクの一大産地・コモを拠点に創業し、メンズファションの生地を生産することからフランコバッシはスタートしました。1973年にわずか3人の職人から始まった同ブランドは、やがてイタリアを飛び出し、ヨーロッパ中に名声を響かせていきます。

シルクはもちろん、ウールやカシミアの扱いにも定評があり、シンプルで上品かつどこか個性的なイタリアンデザインが人気の秘訣です。イタリアらしい家族経営を母体とし、職人による手裁断・手縫製にこだわった製品作りを貫いており、冬を小粋に過ごしたい男性におすすめです。

参考価格 15,000〜22,000円程度
FRANCO BASSI(フランコバッシ)その他公式ページ

【5位】 BURBERRY(バーバリー)

ブランドマフラーと言えばバーバリーと言っても過言ではないほどの歴史と伝統をもつ、ロンドン発祥の老舗ブランドです。

トレードマークのチェック柄マフラーは、トラディショナルな味わいを大切にする30代男性に強く支持されるデザインです。耐久性、耐水性に優れた新素材「ギャバジン」を巧みに取り扱い、長期にわたる使用にも十分に応えてくれます。

参考価格 20,000〜45,000円程度
BURBERRY(バーバリー)スカーフ・マフラー公式ページ

【4位】 Paul Smith(ポールスミス)

創業から50年近くの歴史をもつイギリスのメンズファッションブランドです。特徴はストライプ模様の扱い方に表れます。格調を感じさせるトラッドスタイルに、多彩なストライプを組み合わせることで、「ひねりのあるクラシック」なマフラーを実現しています。

ポップなカラーリングのものもあるためパッと見た印象は奇抜に思えることもありますが、本質的な上品さは失わないところが魅力です。本格でありながら一味違う上品さを身に着けたい30代男性に人気があります。

参考価格 7,000〜53,000円程度
Paul Smith(ポールスミス)メンズマフラー公式ページ

【3位】 Loro Piana(ロロピアーナ)

創業から180年以上の歴史をもつ老舗イタリーブランドです。今回ご紹介する中ではもっとも高級な価格帯に属します。

選ばれる理由は明確で、最高品質への信頼感からです。マフラーは100%カシミアにこだわり、ボリュームをおさえた仕上がりが本物ならではの気品を感じさせます。高くても本当に良いものが欲しいという30代男性には、最有力の候補と言えます。

参考価格 8,000〜230,000円程度
Loro Piana(ロロピアーナ)公式サイト

【2位】 Johnstons(ジョンストンズ)

スコットランド発の伝統的ブランドです。その歴史は大変長く、創業は1797年にまでさかのぼります。30代男性に手堅い人気があり、フォーマルにもカジュアルにも使い分けできる飽きのこないデザインに定評があります。

無地をはじめ、カラーバリエーション豊富なチェック地など多彩なアイテム展開が特徴で、洗練された美しいデザインのマフラーを探すならジョンストンズはうってつけです。

参考価格 3,000〜30,000円程度
Johnstons(ジョンストンズ)公式サイト

【1位】 DRAKE'S(ドレイクス)

イギリスに現存する希少なファクトリーブランドと言えば、ドレイクスの名があげられます。紳士用の小物を取り扱うメーカーとして1977年、ロンドンに産声をあげ、以来そのデザイン性の美しさから国際的な評価を高めていきました。

技術の高さにも定評があり、他のブランドからも製造を委託されるほど。ラムウールとアンゴラを組みあわせた独自の生地や、シルクを特殊な製法で撚りあわせた「セブンスレッドシルク」と呼ばれる光沢感ばつぐんのシルク生地など、マフラー生地の質の高さにこだわりが込められています。英国紳士にも愛されるエレガントさは、本物志向に目覚めた30代男性に喜ばれることうけあいです。

参考価格 20,000〜30,000円程度
DRAKE'S(ドレイクス)メンズマフラー公式ページ

【30代男性に人気の2万円以内で買えるブランドマフラーランキング 2018】

30代男性に喜ばれるマフラーの中心価格帯である2万円を基準に、それ以下の予算でも買えるリーズナブルなブランドから特におすすめのマフラーをピックアップしました。2016年度の冬を首元から素敵に彩る、コストパフォーマンス重視のマフラーをご紹介します。

【5位】 ラルフローレンの『リバーシブルマフラー』1本で2種類使える両面仕様がうれしい

高品質なヴァージンウールを贅沢に使ったリバーシブルマフラーです。すべりの良いナイロンを合わせているため、摩擦への耐性にも気を配られています。最大の特徴は、裏と表で表情が変わるリバーシブル仕様です。無地で使いたい時と、ピンストライプを生かしたカジュアルユースな気分の時とで自在に使い分けられます。

参考価格 7,000〜15,000円程度

【4位】 フランコバッシの『無地ストール200cm』ひと目で分かる高品質に惚れ惚れする

個性的なイタリアンデザインの魅力が光るフランコバッシ。手作業のこだわりが感じられる高い技術は、無地のストールにも息づいています。おすすめは男女兼用の200cmタイプです。30代の男性が惚れ惚れするような上品さがあり、普段使い用としてもフォーマルなスタイルにも幅広く使ってもらえます。

参考価格 15,000〜19,000円程度

【3位】 ジョンストンズの『カシミア100%マフラー』品切れ続出につきシーズン前に購入必須の人気アイテム

本格的なシーズン到来前にプレゼントを検討しているなら、ジョンストンズのマフラーを手に入れるチャンスです。毎年シーズンに入ってからでは品切れ続出になるほど人気なので、トレンドに敏感な30代男性にはとくに喜ばれます。カラーバリエーションは多彩で、相手のコーディネートを意識した柔軟なセレクトができます。

参考価格 10,000〜20,000円程度

【2位】 ドレイクスの『ボルドー/ネイビーのマフラー』この冬手放せない汎用性最高の1本

幅が細いタイプで、スタイリッシュに巻けるため、厚みのあるアウターとあわせた時に最大の効果を発揮します。もちろん本格的なウインターシーズンに入る前でも、ボリュームをおさえた見せかたでおしゃれに決めることもできるため、汎用性の高い使用感が得られます。やさしい色使いでありながら、柄にはあざやかな印象がこめられており、30代後半の大人志向な男性によく似合います。

参考価格 10,000〜20,000円程度

【1位】 ポールスミスの『リバーシブルニット』冬服にアクセントを加える、今年最高におしゃれなマフラー

今年の冬は、こちらのポールスミスのリバーシブルマフラーが街を席捲します。価格帯から得られるパフォーマンスの高さと、単調になりがちな冬服を一気に鮮やかにしてくれるデザインで、毎年の定番アイテムの地位を得ています。2016年も30代の男性最大のトレンドになると予測されており、マフラー選びに迷ったらこれ!という判断でも間違いではありません。

参考価格 7,000〜11,000円程度

30代男性にブランドマフラーをプレゼントした人の体験談

ベストプレゼント編集部が「30代の男性にマフラーをプレゼントしたことがある女性50人」に「実際の体験談」について2016年10月にアンケート調査を実施しました。

ラルフローレンのリバーシブルマフラーをバレンタインに

ラルフローレンのリバーシブルマフラーをバレンタインのプレゼントとして彼氏に贈りました。色はブラックとレッドの組みあわせです。

彼は、男性がよくやる「半分に折って、輪のところに通す巻き方」が好きなのですが、ゆったりした長さがあるので余裕でした。比較的薄手なので、たたむと鞄に入るくらいコンパクトになるのもいいなと思いました。/20代女性

夫にポールスミスのマフラーを贈りました

31歳の主人にポールスミスのマフラーを贈りました。クリスマスのプレゼントです。ちょっと薄いかな?と心配だったのですが、実際に使ってもらったら「あったかいよ」と嬉しそうでした。

明るい色の小物を持っていなかったので、ファッションのポイントに使ってくれています。/30代女性

編集部からのコメント

30代にふさわしいブランドマフラーを大切な男性に!

男性に贈る冬ギフトと言えばマフラーです。定番中の定番なので、20代までに何本かお気に入りのマフラーをプレゼントされたこともあるかもしれません。だからこそ、30代にふさわしい本物志向のマフラーを選ぶことで大切に思う気持ちが伝わるはずです。いつも肌にふれて、身近に感じてもらえるアイテムでもありますので、心を込めたこだわりの1本を探してください。

メンズ マフラーのプレゼント 人気記事

「メンズ マフラー」の記事をもっと見る >>


30代男性のプレゼント 人気記事

「30代男性」の記事をもっと見る >>


30代のプレゼント 人気記事

「30代」の記事をもっと見る >>


男性のプレゼント 人気記事

「男性」の記事をもっと見る >>


贈る人から男性のプレゼントをさがす

イベントからプレゼントをさがす