おしゃれなマフラー メンズブランド人気ランキング!彼氏や旦那への誕生日プレゼントにおすすめ!

おしゃれなマフラー メンズブランド人気ランキング!彼氏や旦那への誕生日プレゼントにおすすめ!

首元を温めてくれるマフラーは、寒い季節に活躍するアイテム。彼氏や旦那のプレゼントとしても人気です。ここではそんなマフラーが喜ばれる理由や、失敗しない選び方、プレゼントの相場金額などを分かりやすくまとめてみました。さらに、彼氏や旦那など男性に人気のおしゃれなメンズマフラーブランドを【2019年版】ランキング形式で紹介いたします。学生や新社会人世代などの若い世代の彼氏には、誰もが知っているようなおしゃれなブランドもののマフラーをあげると喜ばれます。ぜひ参考にしてください。

目次
メンズブランドマフラー選び方 おしゃれなマフラー メンズブランド人気ランキング!彼氏や旦那など男性の誕生日プレゼントに 彼氏や旦那の誕生日に贈るブランドマフラーのプレゼントアドバイス 彼氏や旦那の誕生日プレゼントにブランドマフラーが喜ばれる理由は? 男性にプレセントするメンズマフラーの平均予算は?ブランド別の相場はいくら? 彼氏や旦那など男性の誕生日プレゼントにメンズマフラーを贈った人の体験談

男性にプレゼントするメンズマフラーブランド選び方

男性へ贈るマフラーを選ぶときのポイント

  • 贈る男性の年代によって選ぶデザインやブランドを変える
  • 贈る男性のファッションや好みに合わせたデザインのものを選ぶ
  • 暖かい素材や肌触りの良い素材など品質にも気を配る

マフラーを選ぶ際、デザイン素材など気にしたいポイントはいろいろありますが、プレゼントをあげる男性の年代によって好む傾向や、重要視する部分が異なってくるため、それを踏まえて選びましょう。

学生や新社会人世代などの若い世代の彼氏の場合は、自分でブランドのものを買う機会があまりないため、ブランドものへの憧れる傾向があります。そのため、誰もが知っているようなおしゃれなブランドもののマフラーが喜ばれます。
また、おしゃれを意識する年代なので、他人と被らない個性的なデザインのマフラーの人気が高いです。

20代後半の男性は、大人なデザインを好む人や若者向けデザインを好む人など、人によって大きく好みが異なります。
事前にファッションや好みをチェックして、普段着ている服の系統から彼の好みにあったデザインのものや、彼の服装にあったマフラーを選ぶと良いでしょう。

選ぶのが不安な場合は、プライベート用ではなく仕事用に使える落ち着いたデザインのものや、大人っぽい印象のブランドのマフラーを選ぶと、いろんなシーンで便利に使ってもらえます。

30代後半以上の男性は、様々な経験をし段々落ち着いてくる年代なので、若者向けブランドから老舗のブランドに目を向けるようになります。
愛用ブランドがある人も増えるので、リサーチしてから選ぶと失敗しません。スーツやコートなどにこだわりがある人の場合は、マフラーも同じブランドのものをプレゼントすると一緒に愛用してもらえます。

マフラーのデザインやブランドが決まったら、マフラーの肌触り暖かさなどの品質を確かめてください。マフラーを身に着けた場合に暖かくなければ意味がありませんし、ウールなどのチクチクした素材のマフラーを使用すると最悪肌が荒れてしまう人もいます。

直接肌の上に身に着けるものですので、贈る彼氏や旦那さまが敏感肌かどうかも確認したうえでマフラーの素材を選ぶことをおすすめします。

おしゃれなマフラー メンズブランド人気ランキング!彼氏や旦那など男性の誕生日プレゼントに

彼氏や旦那さまなどの男性に人気のおしゃれなメンズマフラーをブランド別にランキング形式でまとめました。ブランドによって支持されている年齢層も異なってくるので、プレゼント選びのご参考に、是非ご活用ください。

10

ラコステ

ラコステ(LACOSTE) マフラー

「LACOSTE(ラコステ)」は1933年、テニスプレイヤーのルネ・ラコステによって創業されました。ワニのロゴマークが有名で、スポーツテイストなデザインが特徴です。
ポロシャツを世界で初めて作ったブランドであり、現在では香水、革の製品、時計、眼鏡類などを様々な商品展開をしています。

マフラーは、ストライプやマリンボーダーのような柄のあるものから、毛糸で編みこまれた暖かな雰囲気のものまで様々な種類がありますが、特に人気なアイテムは、シンプルなウールマフラーです。
ロゴが上品に配置されているうえ、ウール素材が暖かく、寒い季節に重宝します。

他にも、リバーシブルのマフラーはシンプルなマフラーの端に施された2本のラインが印象的で、スポーツウェアと合わせてもおしゃれ。また、アラン編みが美しい毛糸のマフラーは、エレガントな大人の雰囲気を演出してくれます。

20~30代の男性に人気が高く、価格もリーズナブルなものが多くので、数をそろえたい人にもおすすめです。

ラコステ(LACOSTE) マフラーを人気ランキング2019から探すラコステ(LACOSTE) マフラーを人気ランキング2019から探す

LACOSTE(ラコステ)メンズスカーフ・マフラー公式ページ
9

カルバンクライン

カルバン・クライン(CALVIN KLEIN) マフラー

カルバン・クライン(CALVIN KLEIN) マフラー

3,000円〜12,000円 (税込)

「Calvin Klein(カルバンクライン)」はニューヨークのデザイナー、カルバン・クラインによって設立されたブランドで、ミニマルなデザインのマフラーは、Calvin Kleinのロゴがアクセントとなり都会的な印象を与えてくれます。

マフラーは、低価格でありながら上品なデザインと手触りが良さが特徴です。また、シックなストライプなど、シンプルで落ち着いたデザインのものが多いので、派手なマフラーと使い分けて、2本目のマフラーとしても多く選ばれています。

基本的に落ち着いた黒やグレーなどの色合いをベースに、スタイリッシュなロゴが施されたマフラーを豊富に取り揃えており、どんなファッションにも馴染んでくれるので、カジュアルに着こなしたい場合や、キレイめに決めたいビジネスシーンにも活躍します。

カルバン・クライン(CALVIN KLEIN) マフラーを人気ランキング2019から探すカルバン・クライン(CALVIN KLEIN) マフラーを人気ランキング2019から探す

Calvin Klein(カルバンクライン)公式サイト
8

グッチ

グッチ(GUCCI) マフラー

グッチ(GUCCI) マフラー

13,000円〜38,000円 (税込)

「GUCCI(グッチ)は、1921年にグッチオ・グッチが革製品店として創設したイタリアのファッションブランドで、ハイブランドとして有名です。

一時期は経営権をめぐる争いで人気が低迷しましたが、優秀な経営者やデザイナーが引き入れられ、路線変更の末、今では絶大な人気を誇る一大ブラントとして不動の地位を得ました。

グッチのマフラーは、「最上の伝統を最上の品質で」というコンセプトのもと作られており、素材や品質にこだわった上質なマフラーが多いのが特徴です。

20~50代と幅広い世代から支持を得ており、一目でグッチのものだとわかる「GC柄」や、馬具の鞭をイメージして作られたグリーンとレッドのライン「ウェビングライン」が人気です。

特に、若い男性にはその両方を取り入れた贅沢なデザインが好評で、インパクトがありながらも上品なマフラーを求める男性に好まれています。

グッチ(GUCCI) マフラーを人気ランキング2019から探すグッチ(GUCCI) マフラーを人気ランキング2019から探す

GUCCI(グッチ)ハット・スカーフ公式ページ
7

アルマーニ

アルマーニ(ARMANI) マフラー

アルマーニ(ARMANI) マフラー

6,000円〜25,000円 (税込)

「ARMANI(アルマーニ)」は1975年にイタリアのデザイナー「ジョルジオ・アルマーニ」によって設立されたブランドです。

様々なラインに事業展開しており、ホテルやレストラン、さらにはライフスタイルそのものをコーディネイトするブランドとして活躍。ハリウッドスターや有名人が愛用しているブランドです。

シンプルなデザインに遊び心が取り入れられた独特のデザインは、ジャケットやスーツ、シャツスタイルにも合うため20~50代のビジネスマンから高い人気を得ています。
男らしさを引き出してくれる工夫が施されているため、ストイックな男性におすすめです。

また、ウールやシルクが使用された生地は高い防寒性を誇ると同時に、素材の上質さが感じさせるなめらかな肌触りを楽しむことができます。

アルマーニ(ARMANI) マフラーを人気ランキング2019から探すアルマーニ(ARMANI) マフラーを人気ランキング2019から探す

ARMANI(アルマーニ)公式サイト
6

ロロピアーナ

ロロ・ピアーナ(Loro Piana) マフラー

ロロ・ピアーナ(Loro Piana) マフラー

25,000円〜290,000円 (税込)

「Loro Piana(ロロピアーナ)」は1924年に設立されたイタリアの高級服地ブランドで、「伝説の素材」と呼ばれる希少動物のビキューナと、高級素材カシミアを使用しており、その品質は世界最高品質で、世界トップシェアを誇っています。

ロロピアーナのマフラーは、カシミアを100%使用しているため、上質で肌触りが良く、保湿性にも優れています。
また、手入れをして使えば長く使えるのも嬉しいポイント。品質や形状を保ったまま、長年愛用できるマストアイテムとして重宝します。

デザインは、様々な場面に適応したシンプルな無地やチェックが多く、スーツはもちろん様々なファッションに合わせることができます。

高価な価格から、「普通とは一線を画すマフラー」として選ばれることが多く、30歳以上の大人な男性におすすめのマフラーです。

ロロ・ピアーナ(Loro Piana) マフラーを人気ランキング2019から探すロロ・ピアーナ(Loro Piana) マフラーを人気ランキング2019から探す

Loro Piana(ロロピアーナ)公式サイト
5

ドレイクス

ドレイクス(Drake's) マフラー

ドレイクス(Drake's) マフラー

4,000円〜9,000円 (税込)

「DRAKE’S(ドレイクス)」は1977年にロンドンのクラーケンウェルでマイケル・ドレイクスとイザベル・ジャクソンによって設立された、英国製のマフラーやネクタイが有名なブランドです。

ドレイクスのマフラーは、英国の伝統を受け継いだトラディショナルな柄に斬新な色やモチーフを組み込んだデザインが特徴。
素材のよさが引き立つ極めてシンプルなものからモダンなデザインのものまで、幅広く取り揃えられています。

また、カラーバリエーションも豊富で、ビジネス用・カジュアル用など、ドレイクスのマフラーを複数所持するリピーターが多くいます。

元々はメンズのアクセサリーブランドとして活躍していたこともあり、20代後半~40代の男性に人気のブランドです。

ドレイクス(Drake's) マフラーを人気ランキング2019から探すドレイクス(Drake's) マフラーを人気ランキング2019から探す

DRAKE’S(ドレイクス)メンズマフラー&ストール公式ページ
4

バーバリー

バーバリー(BURBERRY) マフラー

バーバリー(BURBERRY) マフラー

20,000円〜60,000円 (税込)

「BURBERRY(バーバリー)」は1856年に「トーマス・バーバリー」がロンドンで創設した洋服店から始まりました。現在では特にマフラーが有名で、マフラーの王道と言われる程です。

バーバリーは5つのラインで構成され、年代や性別にあったデザインや価格のラインを取り扱っているため、幅広い年代から愛用されています。

また、バーバリーの代名詞であるバーバリーチェックは、スーツは勿論、カジュアルシーンにも幅広く活用出来るため、20代~30代の若い年代のビジネスマンからの人気を得ています。

バーバリー(BURBERRY) マフラーを人気ランキング2019から探すバーバリー(BURBERRY) マフラーを人気ランキング2019から探す

BURBERRY(バーバリー)メンズスカーフ&マフラー公式ページ
3

ジョンストンズ(Johnstons) マフラー

ジョンストンズ(Johnstons) マフラー

4,000円〜24,000円 (税込)

「Johnstons(ジョンストンズ)」は1797年にスコットランドで誕生した老舗の生地ブランドです。熟練された技術を活かして作られたストールやマフラーを展開しています。

生地や生産にこだわり丁寧に作られたマフラーは、抜群の保温性と心地よい肌触りが特徴。質の良いマフラーを求めている方におすすめです。

Johnstonsは老舗のブランドですが、キレイで鮮やかなカラーのものが多いため、主に20代~30代の男性から支持を得ています。

また、無地のものからチェックのものまで、デザインやカラーバリエーションも豊富なのも嬉しいポイントです。
シンプルなファッションに合わせればアクセントとなり、おしゃれに着こなすことができます。

ジョンストンズ(Johnstons) マフラーを人気ランキング2019から探すジョンストンズ(Johnstons) マフラーを人気ランキング2019から探す

Johnstons(ジョンストンズ)公式サイト
2

ラルフローレン

ラルフローレン(RALPH LAUREN) マフラー

ラルフローレン(RALPH LAUREN) マフラー

4,000円〜8,000円 (税込)

「Ralph Lauren(ラルフローレン)」は1968年に、ニューヨークのデザイナー、ラルフ・ローレンによって創設されました。
高級スーツやポロシャツなど、10以上のラインを展開し、ファッションブランドとして確固たる地位を築いているので、日本でも多くの愛用者がいます。

ラルフローレンのマフラーは、チェックやシンプルなものなどデザインは様々ですが、イギリスのトラディショナルなデザインをベースに、アメリカンカントリー調にアレンジしたデザインが特徴です。
最近ではシンプルな無地の生地にロゴが大きく入ったデザインが人気で、ファッションにこだわりをもった男性であることをアピールできます。

また、1万円を切るリーズナブルな価格のものが多いにも関わらず、素材や作りにこだわりを感じるものが多く、ハイブランドにも負けない高級感があるのが嬉しいポイントです。

ラルフローレンのマフラーは10代~20代半ばの男性に人気があるので、学生の彼氏へ贈ることをおすすめします。

ラルフローレン(RALPH LAUREN) マフラーを人気ランキング2019から探すラルフローレン(RALPH LAUREN) マフラーを人気ランキング2019から探す

Ralph Lauren(ラルフローレン)公式サイト
1

ポールスミス

ポール・スミス(Paul Smith) マフラー

ポール・スミス(Paul Smith) マフラー

8,000円〜54,000円 (税込)

「Paul Smith(ポールスミス)」はイギリスのファッションデザイナー、ポールスミスによって創設されたファッションブランドです。カラフルなストライプが有名で、財布やキーケース、アパレルなど、様々なアイテムで見ることができます。

マフラーは、特徴的なストライプを全体に施した華やかなデザインや、部分的にストライプをいれたもの、無地のものなど、豊富なバリエーションがそろっています。

なかでもストライプのものは、巻き方を変えると印象を変えることができ、スーツスタイルのアクセントとして活躍します。

ポールスミスの優しく暖かな色合いのデザインは、10代後半~60代まで幅広い年齢層に人気があります。
オンオフ問わず着用できる上品なマフラーは、おしゃれなプレゼントとして喜ばれるでしょう。

ポール・スミス(Paul Smith) マフラーを人気ランキング2019から探すポール・スミス(Paul Smith) マフラーを人気ランキング2019から探す

Paul Smith(ポールスミス)メンズストール&マフラー公式ページ

男性に人気のメンズマフラーブランドランキング一覧

商品画像 ポール・スミス(Paul Smith) マフラー
1
ラルフローレン(RALPH LAUREN) マフラー
2
ジョンストンズ(Johnstons) マフラー
3
バーバリー(BURBERRY) マフラー
4
ドレイクス(Drake's) マフラー
5
ロロ・ピアーナ(Loro Piana) マフラー
6
アルマーニ(ARMANI) マフラー
7
グッチ(GUCCI) マフラー
8
カルバン・クライン(CALVIN KLEIN) マフラー
9
ラコステ(LACOSTE) マフラー
10
商品名 ポール・スミス(Paul Smith) マフラー ラルフローレン(RALPH LAUREN) マフラー ジョンストンズ(Johnstons) マフラー バーバリー(BURBERRY) マフラー ドレイクス(Drake's) マフラー ロロ・ピアーナ(Loro Piana) マフラー アルマーニ(ARMANI) マフラー グッチ(GUCCI) マフラー カルバン・クライン(CALVIN KLEIN) マフラー ラコステ(LACOSTE) マフラー
価格 8,000円〜54,000円(税込) 4,000円〜8,000円(税込) 4,000円〜24,000円(税込) 20,000円〜60,000円(税込) 4,000円〜9,000円(税込) 25,000円〜290,000円(税込) 6,000円〜25,000円(税込) 13,000円〜38,000円(税込) 3,000円〜12,000円(税込) 8,600円(税込)
詳細 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る

彼氏や旦那の誕生日に贈るブランドマフラーのプレゼントアドバイス

彼氏や旦那の誕生日プレゼントにブランドマフラーが喜ばれる理由は?

誕生日プレゼントにマフラーが喜ばれる理由

  • マフラーの本数増えたり、デザインが被っても困らない
  • 寒い季節には通勤・通学と毎日身に着けられる
  • 収納スペースを取らず、様々なシーンで活用できる

彼氏や旦那さまの誕生日プレゼントとして定番のマフラーですが、男性がすでにマフラーを持っていたとしても、服の柄によって付け替えたりプライベートと仕事用に分けたりできるため、コーディネートの幅が増えて喜ばれます。

もし手持ちのマフラーとデザインが被ってしまった場合でも、素材が違えば雰囲気が変わりますし、ブランドが違えば用途別に分けることができるので、せっかくのプレゼントが台無しになってしまう心配もありません。

マフラーは寒い季節に毎日身に着けられるもので、セーターやコートといった洋服のように収納スペースを取らないのも人気の一つです。

同じマフラーでも巻き方を変えるだけで、ビジネスシーンのきっちりとした場面にも、カジュアルな着こなしのワンポントとしても活用することができるので、広い用途で使えるアイテムを探すと長く愛用してもらえます。

男性にプレセントするメンズマフラーの平均予算は?ブランド別の相場はいくら?

男性へ贈るメンズマフラーの予算相場について

  • 学生の彼氏に贈る相場「5,000円~10,000円」程度
  • 社会人の彼氏に贈る相場「10,000円~20,000円」程度
  • 旦那へ贈る相場「8,000円~30,000円」程度

ベストプレゼント編集部が「彼氏や旦那の誕生日プレゼントにマフラーを贈ったことのある女性200人」に「マフラーを誕生日プレゼントとして贈る場合の予算」について2018年9月にアンケート調査を実施しました。

彼氏や旦那へ誕生日プレゼントとして贈るマフラーの平均相場は「8,000円~15,000円」程度で、贈る相手の年代によって異なってきます。

学生の彼氏へマフラーを贈る場合の全体的な相場は「5,000円~10,000円」程度という意見が最も多く全体の51%でした。お互い学生同士な場合も多いため、あまり高価なものはあげにくく、相手の負担になると考えている方も多くいます。

社会人の彼氏への贈る場合の相場は、「10,000円~20,000円」程度という声が全体の55%で、社会人として身に着けても恥ずかしくないよう、少し高めのブランドのものを選ぶ傾向にあります。

旦那へ贈るマフラーの相場は「8,000円~30,000円」程度という意見が全体の52%で、高価なブランドで選ぶのではなく、品質や旦那のこだわりを優先するという意見が多いため、相場金額の幅が広くなっています。

比較的安価な値段で購入できるブランドだと、ラコステは6,000円~、ラルフローレンは7,000円~、ポール・スミスは10,000円~となっており、購入しやすい価格でいずれも人気のブランドです。

逆に比較的高価な値段のブランドはジョルジオ・アルマーニは20,000円~、ロロピアーナは25,000円~、グッチは30,000円~となっており、高級感のある上質な素材にこだわりたい人におすすめです。

彼氏や旦那など男性の誕生日プレゼントにメンズマフラーを贈った人の体験談

ラフローレンのマフラーを彼氏にプレゼント

彼氏のプレゼントにラルフローレンのマフラーをあげました。彼が40代であることと、ビジネスやプライベートでも使って欲しかったので、色々な服に合わせやすい落ち着いたグレーのものを選びました。

普段、ブランドに興味のない人ですが、肌触りがとてもよく、質がいいと感心していました。彼がとても喜んでくれたので私も嬉しかったです。/30代女性

やっぱりバーバリー

妹の彼氏へのプレゼントにマフラーを買いに付き添いました。私が高校生時に流行っていたバーバリーを勧めると、妹も気に入ってくれたみたいで彼氏と自分用のものをお揃いで買っていました。

昔を懐かしみながら、妹といっしょに楽しくマフラー選びをして、やっぱりバーバリーだなと思いました。/40代女性

編集部からのコメント

彼氏や旦那様に贈る誕生日プレゼントは、相手を想う気持ちが全てです!

マフラーは、コーディネイトの幅が広がるため本数が増えても困らず、様々なシーンに活用できる実用的なものなので、プレゼントに贈ると喜ばれます。
彼氏や旦那など、男性に人気のおしゃれなメンズマフラーブランドランキングを参考にしながら、プレゼントを選ぶときのブランドやデザイン、予算などを考えてみるといいでしょう。

メンズ マフラーのプレゼント 人気記事


彼氏のプレゼント 人気記事

「彼氏」の記事をもっと見る >>


夫のプレゼント 人気記事

「夫」の記事をもっと見る >>


防寒グッズのプレゼント 人気記事

「防寒グッズ」の記事をもっと見る >>


ファッション小物(メンズ)のプレゼント 人気記事

「ファッション小物(メンズ)」の記事をもっと見る >>


贈る人から男性のプレゼントをさがす

イベントからプレゼントをさがす