こだわりのお酒を揃える「リカーパークシーザー」に密着インタビュー!自然派ワインからスパークリング日本酒まで美味しいお酒に迫る!

こだわりのお酒を揃える「リカーパークシーザー」に密着インタビュー!自然派ワインからスパークリング日本酒まで美味しいお酒に迫る!

【密着インタビュー企画第17弾】ギフトの定番として愛されているお酒ですが、今回はその中でも自然派ワインやスパークリング日本酒など、ちょっと珍しいこだわりのお酒を多く揃えている「リカーパークシーザー」に密着インタビューしました。初心者からマニアまで楽しめる選び方のコツも伝授してもらったので、ぜひ参考にしてみてください!

目次
ギフトに最適な珍しいワイン・日本酒をご紹介! リカーパークシーザーを始めたきっかけは? リカーパークシーザーならではのこだわりの品揃えとは? 初心者からマニアまで!ギフトにおすすめなお酒のご紹介 初心者におすすめのワイン3選 ワイン通におすすめの逸品 近年話題のスパークリング日本酒もおすすめ! プロが伝授!ギフトに喜ばれるお酒の選び方 味はもちろん、楽しい時間を満喫できる魔法のギフト

ギフトに最適な珍しいワイン・日本酒をご紹介!

さゆり

BEST PRESENT編集部 さゆり

みなさんこんにちは!BEST PRESENT編集部のさゆりです。

今回は密着インタビューするのは、群馬県にある「リカーパークシーザー」。
こちらはとにかく種類豊富にお酒を取り揃えているのですが、その中でもこだわりの製法で造られた自然派ワインや珍しい日本酒など、造り手の想いが詰まったお酒をより多く扱っています。

プレゼントにおすすめのワインはもちろん、そのワインが造られた背景や食べ合わせの良い食事まで、細かく教えていただきます!
また、ギフトに最適なオリジナルメッセージを入れられるサービスもご紹介していきます。

それではワイン通の店長新井さん、よろしくお願いいたします。

<プロフィール> 
リカーパークシーザー
新井 隆浩 氏

1967年群馬県生まれ。
日本ソムリエ協会 シニア・ワインアドバイザー。

20代の学生、サラリーマン時代に38もの国を旅し、欧州でワイン文化に出会い目覚める。
27歳から本格的に勉強を始め、仏ロワール・アンジュやボルドー・ポムロールの騎士号を授与される。

早くから自然派ワインに着目し、フランス、イタリアを中心とした品揃えはまさに圧巻!
10年間で65,258本ものワインとふれあってきた店主ならではの視点で選んだワインは、コストパフォーマンスに絶対の自信。

単なる嗜好品としてのお酒でなく“大切な人との絆を深めるお酒”を提供していきたいがモットーです。

フランス各地から厳選したワインの中でも自然派ワイン(ビオ・ワイン)、オールドヴィンテージのお酒を中心にお届けいたします。

リカーパークシーザーを始めたきっかけは?

他店にはない珍しい種類のお酒を数多く取り扱っている「リカーパークシーザー」。
そもそもお店を始めたきっかけや店名の由来、特にワインに特化した品揃えになった理由などを伺いました。

世界中のお酒に触れ合った店長がオープンした「リカーパークシーザー」

さゆり

BEST PRESENT編集部 さゆり

新井さんがお酒を販売するお店を始めたきっかけはなんですか?
新井さん

リカーパークシーザー 新井さん

もともと父親の代からの家業だったんです。

私自身大学卒業後に都内で会社勤めしていたんですが、退社して世界一周、約30ヶ国を旅してまわって、いろいろなお酒や酒造りの現場に触れました。

その中でも特に印象に残ったのがワインでした。
さゆり

BEST PRESENT編集部 さゆり

世界一周!素敵ですね。

リカーパークシーザーの店名の由来はなんでしょうか?
新井さん

リカーパークシーザー 新井さん

お店の名前はローマ皇帝のジュリアス・シーザーからきています。

彼は「ガリア戦記」時代にフランスやドイツの原住民にワインの造り方を伝えて、ワインが普及する礎を築いた人なんですね。

“ワイン文化を地方に根付かせたい!”という想いから「シーザー」を店名に入れました。
さゆり

BEST PRESENT編集部 さゆり

さまざまなお酒がある中で、なぜワインに力を入れているのですか?
新井さんが思うワインならではの魅力を教えていただきたいです。
新井さん

リカーパークシーザー 新井さん

魅力のひとつは、味わいの奥深さや多様性ですね。
他のお酒と比べて、ワインは尺度が立体的で大きいと思います。年代を重ねるとさらに味に広がりが出ますし。

また、飲み方が変わると味が変わるというのも、ワインならではの魅力だと思います。
同じワインなのに温度が1度変わるだけで、酸味が立ったりまろやかになったり…。

他にもグラスの種類や、一緒に食べる食べ物や気圧など、いろいろな要素で変わるので面白いです。
さゆり

BEST PRESENT編集部 さゆり

いろいろな飲み方で試してみるのは楽しそうですね!
ワインというと難しい印象がありますが、セオリー通りに飲まなくても大丈夫なんですか?
新井さん

リカーパークシーザー 新井さん

はい、気軽に楽しんでいただいて大丈夫です。

私の固定観念かもしれないですが、ワインは陽気に楽しめる飲み物だと思うので楽しんでほしいですね。

ウイスキーみたいに一人でしんみり…というよりは、みんなでわいわいしているシーンにふさわしい飲み物だと思っています。
愚痴を言うのではなく、周りの人と楽しい話をしながら飲んでほしいです。

リカーパークシーザーならではのこだわりの品揃えとは?

ショップには、わざわざ遠方から車で2~3時間かけて来店されるお客様も多いとのこと。
なぜ、数多くあるお酒の販売店の中でもリカーパークシーザーで購入するお客様が多いのか、品揃えの魅力などについて教えていただきました。

さゆり

BEST PRESENT編集部 さゆり

続いては、リカーパークシーザーが取り扱うお酒の特徴を細かく教えていただきたいです。
新井さん

リカーパークシーザー 新井さん

こだわりの自然派ワイン(ビオ・ワイン)を数多く取り揃えているところが強みです。

自然派ワインは、しっかり作りこんだブドウを自然発酵にまかせて造っています。酸化防止剤などの余計なものは最小限しか入れないので、ブドウ本来の果実味や旨味を自然と楽しめます。
さゆり

BEST PRESENT編集部 さゆり

たくさん取り扱いがありますが、自然派ワインの中にもいろいろと種類があるんですか?
新井さん

リカーパークシーザー 新井さん

もともとはフランスやイタリアなどのワインの主要産地よりも少し北の地域で造る、軽やかで涼しげな自然派ワインを多く取り扱っていました。

ここ数年は間口を広げて、日本のワインのほか、ギリシャやジョージアなどの東欧のワインにも注目して仕入れています。

日本のワインは、生産者の顔が見えるものにこだわって選びます。
栃木のファームには月に3~4回通って、意見交換や醸造現場の確認もしていますね。
さゆり

BEST PRESENT編集部 さゆり

なるほど!新井さんの自然派ワインへの想い入れが伝わりました。

ホームページを見ていると、ワイン以外にもいろいろな種類のお酒があるんですね!
他にも品揃えのこだわりはありますか?
新井さん

リカーパークシーザー 新井さん

はい、酒類全般取り扱いがあります。

日本酒も多く、ワイングラスでより味わいを楽しめるスタイルの日本酒を多く取り扱っています。

他には「アルマニャック」という1930年~2000年代のヴィンテージのブランデーなど、珍しいお酒も取り揃えていますね。

初心者からマニアまで!ギフトにおすすめなお酒のご紹介

初心者におすすめのワイン3選

リカーパークシーザーで一押しの自然派ワイン。
その中でも特に初心者でも美味しく味わえるおすすめのワインを、赤・ロゼ・白の3種からひとつずつピックアップしていただきました。

赤ワイン「風のルージュ」

栃木県足利市のココ・ファーム・ワイナリーで、知的障害のある従業員たちが丹精を込めてブドウから造っている赤ワイン。
2000年に開かれた沖縄サミットの晩餐会で乾杯酒としても用いられ、一躍有名になりました。

ミディアムボディで赤ワイン特有の渋味はほんのりとあるものの、果実味がしっかり感じられます。非常に飲みやすく、普段ワインを飲み慣れている人も満足できる一品です。

参考価格:税込3,040円

新井さん

リカーパークシーザー 新井さん

赤ワインで初心者でも親しみやすいのが「風のルージュ」です。

オーストリア原産で日本に伝わったブドウ品種“ツヴァイゲルト”を使っていて、若々しくてぎゅっと詰まった果実感や、フレッシュな酸味が感じられるワインになっています。

和食との相性がいいのが特徴で、スパイシーな山椒などの香料とマッチします。
鴨のローストなど、ちょっと癖のある食べ物ともよく合うのでおすすめです。

上品さがあるので冷やして飲んでも美味しいですよ。
さゆり

BEST PRESENT編集部 さゆり

和食と赤ワインの組合せは意外でした!
早速試してみたいです。

こちらのワインは、自家栽培のブドウやこだわりの野生酵母を使っていることもあり、毎年生産量に限りがあるそうなので、気になる人は早めに購入してくださいね。
このアイテムの公式サイトを見る

ロゼワイン「ビュジェ・セルドン」

ピンクの色合いが美しいことからも人気のロゼワイン。
フランスのアルプスにある、急斜面の厳しい環境の畑で育ったブドウから造られています。

やや甘味のある自然派スパークリングワインでジュースのように飲みやすく、特に女性から人気です。
とはいえ、甘すぎないのでさまざまな食事と合わせて美味しくいただけます。

参考価格:税込2,916円

新井さん

リカーパークシーザー 新井さん

こちらは昔ながらの伝統的な製法で造られていて、農薬など化学的なものは一切使っていません。
こだわりをもって造られているロゼなので、ワイン愛好家からも好評です。

味わいは、最初にすごく自然な甘味を感じられて、それでいてエレガント。果実味と甘味のバランスがとてもいいワインだと思います。

比較的どんな料理にも合うワインですが、酢豚や餃子などの中華料理や、チーズとのマリアージュをおすすめしています。
さゆり

BEST PRESENT編集部 さゆり

高級感のあるボトルの中から、しゅわしゅわとしたピンク色のワインが出てくるなんて、とっても女子ウケしそうですね!
甘味があって飲みやすいのに、こってりとしたものとも合うなど、食べ合わせを選ばないのも魅力的です。
このアイテムの公式サイトを見る

白ワイン「アナトリーノ」

イタリアのトスカーナで造られている自然派白ワイン。
ややオレンジがかった濃いめの色合いと、白ワインとは思えない豊かな味わいが話題となっています。

口に入れた瞬間「赤ワイン?」と疑ってしまうほどの個性的な味わいで、リピーターが絶えない銘柄です。

参考価格:税込2,500円

新井さん

リカーパークシーザー 新井さん

究極の有機農法と言われる“バイオダイナミック農法”で手をかけて作られたブドウからできており、農薬はもちろん使っていません。
1本何百万円もする高級ワインの原料も、この農法で作られているものが結構あります。

白ワインの一種ですが、“オレンジワイン”と呼ばれる新しいスタイルのワインです。
従来白ワインはブドウを絞って果汁だけを発酵させますが、こちらは赤ワインと同じように果皮ごと発酵させるので、味わいにふくよかさや深みが出ます。

極端に味付けの濃いものでなければ、肉でも魚でも、幅広い食事に合います。
私はお寿司とよく合わせますね。
さゆり

BEST PRESENT編集部 さゆり

今回初めてオレンジワインと呼ばれる種類があるのを知りました!
プレゼントする際に話す豆知識としても喜ばれそうですね。
かわいらしい手描きのアヒルのエチケット(ラベル)と味のギャップを楽しみながら飲みたいワインです。
このアイテムの公式サイトを見る

ワイン通におすすめの逸品

リカーパークシーザーには、ワイン通にも喜ばれる逸品がたくさん揃っています。
他店ではなかなか見かけない、マニアをも唸らせるという個性的な味わいの白ワインをご紹介いただきました。

白ワイン「ムツヴァネ」

“ワインの揺りかご”との呼び名もあるジョージアで作られている、歴史あるワインです。

伝統ある独特の製法で造られ、合計で約18ヶ月かけて丹念に熟成した白ワインは、濃くきらきらとした金色をしています。

山椒や胡椒のようなスパイシーなニュアンスがあり、レモングラスなどのハーブの香りだちも楽しめる独特な味わいでワイン通を唸らせます。

参考価格:税込3,402円

新井さん

リカーパークシーザー 新井さん

私自身もすごく注目しているジョージア産のワインです。

ジョージアは実は世界最古のワイン産地で、8000年くらいの歴史があるんですよ。
人が入れるほど大きな素焼きのツボを使ってワインを熟成するといった、伝統的な面白い製法でワインを造っています。

昔ながらの製法と現代的な製法が融合しているので面白いです。
最近やっと日本にも少しずつ入ってくるようになったので珍しいと思います。

味わいもパンチが効いているので上級者におすすめです。
さゆり

BEST PRESENT編集部 さゆり

ジョージア産というのはとても珍しいですね。
開栓してからゆっくり時間をかけて飲むことで、味わいの微妙な変化も楽しめるのだとか。
さすが上級者向けワインです。
このアイテムの公式サイトを見る

近年話題のスパークリング日本酒もおすすめ!

ワイン以外にもギフトにおすすめなのがスパークリング日本酒です。
発泡するタイプの日本酒は近年人気が高まってきていますが、リカーパークシーザーで取り扱っているものは一味違う特別感があります。

スパークリング日本酒「水芭蕉ピュア」

「水芭蕉ピュア」は、シャンパンと同じく瓶内で二次発酵する製法で作られた世界初の日本酒。
飲み口はシャンパンのようですが、口の中に日本酒の味わいが残るので、日本酒を飲み慣れていない人でも飲みやすいと好評です。

群馬県の永井酒造がおよそ5年の歳月をかけて造ったお酒で、オリの濁りのないキリッとした味わいを堪能できます。

参考価格:税込4,860円

新井さん

リカーパークシーザー 新井さん

スパーリングタイプの日本酒は最近すごく注目を集めていて、ギフトでも非常に人気が高いです。
本当にシャンパンのような製造方法で造られているのは、スパークリング日本酒の中でも「水芭蕉ピュア」だけ。

2020年の東京オリンピックで、“シャンパンの代わりにスパークリン日本酒で乾杯しよう!”という動きもあり、酒造業界で「awa酒協会」というものを作って盛り上げたりしています。

香りがフルーティーで飲みやすく、ビール代わりにも飲める爽快感が特徴です。
さゆり

BEST PRESENT編集部 さゆり

スパークリング日本酒はお祝い感があり、話題性もあるのでギフトにぴったりですね!
ワイン好きの人に「ワイングラスで飲んでみてください!」とおすすめするのも面白いですよね。
高級感のある箱入りなのも嬉しいポイントです。
このアイテムの公式サイトを見る

プロが伝授!ギフトに喜ばれるお酒の選び方

おすすめのお酒がわかったところで、予算に合わせて選びたいときにどのようにしたら相手に喜んでもらえるのか、プロ目線でアドバイスいただきました。
オリジナルのメッセージ入れサービスも特別感があっておすすめです。

お酒をプレゼントする際の相場や選び方のコツ

さゆり

BEST PRESENT編集部 さゆり

リカーパークシーザーで売れ筋のギフトの金額相場はいくらくらいですか?
また、どんな用途で利用されているお客様が多いのか教えてください。
新井さん

リカーパークシーザー 新井さん

金額の区切りがいい、3,000円・5,000円・10,000 円が多いです。

友人の誕生日など気軽なプレゼントで3,000円、お歳暮やお中元などのフォーマルギフトで5,000円、結婚祝いなど特別なイベントの際に10,000円、といった感じで買っていかれますね。
さゆり

BEST PRESENT編集部 さゆり

「お酒を贈りたい。だけど何を選んでいいのか分からない!」という人が多いと思うのですが、プロ目線でなにかアドバイスをいただけないでしょうか?
新井さん

リカーパークシーザー 新井さん

初心者には万人受けするもの、例えば渋みが強くなくてフルーティーなピノ・ノワール品種のワインや、シャンパンを選ぶのがおすすめです。

日本酒であれば「吟醸」「大吟醸」とついているものがいいと思います。

ワイン好きの人には、「ストライクゾーンぎりぎりの、ちょっと外れたもの」を選ぶのがコツです。
その方がより印象に残りますよ。当店ではそのようなワインもたくさん揃えています。
さゆり

BEST PRESENT編集部 さゆり

なるほど!
ワイン好きの人に贈るお酒の選び方が、特に参考になりました!

オーダーメイドのボトルプリントもギフトに最適!

さゆり

BEST PRESENT編集部 さゆり

ギフトや記念品に多く選ばれているとのことですが、利用できるおすすめのサービスはありますか?
新井さん

リカーパークシーザー 新井さん

当店のオリジナルサービスは、オーダーメイド可能な名入れメッセージプリントです。
全国に数十台しかない、ボトル360度全体に直接書き込めるカラープリンターを使っています。

ボトルの裏側にもメッセージを入れられるので、赤ワインを飲み進めていくことで初めて「愛してる」などのメッセージが見られる仕掛けもできます。

熱にも強く耐久性があり、長期的に残すことができるためおすすめです。

味はもちろん、楽しい時間を満喫できる魔法のギフト

普段なかなか馴染みのない、自然派ワインやスパークリング日本酒について、詳しく教えていただくことができました。
リカーパークシーザーにはまだまだたくさんのエピソードが詰まったお酒があるそうです。

最後に、ワインを美味しくいただくためのアドバイスと、新井さんの熱い想いを伺いました。

家庭で気軽に美味しくワインを楽しむコツ

さゆり

BEST PRESENT編集部 さゆり

私はワイン素人なのですが、購入したワインを家庭でより美味しく楽しむコツなど、なにかアドバイスをいただけますか?
新井さん

リカーパークシーザー 新井さん

「肩肘張らずに飲んでほしい」というのを常日頃申し上げています。

セオリー通りでなく、楽しめればOKです!
いろいろ自分なりに試してみるのも楽しみのひとつだと思うので。

簡単にできるコツとしては、夏場は飲む前に20~30分くらい冷やしてみたり、渋味がきついときはデキャンタで軽く空気に触れさせてみたり。
デキャンタがない場合は大きめのボールなどでも代用できますよ。
さゆり

BEST PRESENT編集部 さゆり

プロにそう言ってもらえると、これからはもっと気軽にワインを楽しめそうです!

食事とお酒をとにかく楽しんでほしい!

さゆり

BEST PRESENT編集部 さゆり

最後に、ワインをもっと楽しみたいベストプレゼントのユーザーに向けてメッセージをお願いします。
新井さん

リカーパークシーザー 新井さん

いろいろうんちくは申しましたが、とにかくたくさん口にしてほしいです。
食事の楽しみ方が広がります。
一生の中で食事の回数は限られていますが、お酒も一緒に飲むことでより楽しみが広がるのではないでしょうか。

ただ酔うためのお酒でなく、造った人の想いや造られた背景も、頭の片隅でもいいので思い浮かべながら楽しんでほしいですね。

素敵なお酒に触れていただける機会をもっと作っていきたいと思っています!
さゆり

BEST PRESENT編集部 さゆり

ワインや日本酒というと難しいイメージがありましたが、今回インタビューしてこれからもっと気軽に楽しめそうだな、という気持ちになりました!

せっかくなので誰かにプレゼントする際は、そのお酒にまつわるうんちくも簡単に話せるようになりたいです。
リカーパークシーザーの販売ページには、製造の背景なども細かく記載してあるので要チェックですね!

新井さん、貴重なお話をどうもありがとうございました!
リカーパークシーザー 公式サイト

贈る人からプレゼントをさがす