「さわってつくってたべる絵本」絵本の登場人物になって家族で楽しめる体験型絵本の開発秘話を徹底取材!|株式会社wacle

「さわってつくってたべる絵本」絵本の登場人物になって家族で楽しめる体験型絵本の開発秘話を徹底取材!|株式会社wacle

月間1200万以上もの人がプレゼント探しで訪れるベストプレゼントの編集部が、贈り物にぴったりのアイテムを厳選!今回は、「さわってつくってたべる絵本」の開発秘話や苦労したこと、こだわりなどをインタビューしました。贈る際には開発者の想いなども伝えて、プレゼントシーンを盛り上げましょう。

新しいスタイルで和菓子を楽しめる絵本

和菓子のなかでも繊細な細工が美しい練りきりを、絵本を読みながら楽しく作って食べられるこちらの商品は、どのようにして誕生したのでしょうか。

今回は、贈り物にもおすすめの「さわってつくってたべる絵本」の開発秘話を、株式会社wacle 代表取締役CEOの山本 援さんに伺いました。

「楽しく和菓子が食べられる絵本」開発のきっかけとは?

1716年の創業以来、多くの人から愛され続けている和菓子屋 大徳屋長久の16代当主 竹口さんから、「和菓子を食べない子供が増えていて、和菓子業界の衰退を危惧している」と相談を受けました。

どうやったらもっと和菓子に興味をもってもらえるだろうと考え、子育てイラストで人気が高いインスタグラマー つむぱぱささん(@tsumugitopan)に相談していく中で、子供が気軽に手に取れる絵本と、手作り練りきりキットが一緒になった形の「さわってつくってたべる絵本」が生まれました。

「和菓子作りの魅力」が伝わるこだわり

「さわってつくってたべる絵本」の製作は、初めてのことばかりでとても苦戦しました。

練りきりキットは竹口さん、絵本はつむぱぱさんのおかげで納得のいくものができたので、弊社はこの2つが両方主役になるようなパッケージデザインに力を入れたんです。

絵本は綺麗に上製本し、練りきりキットと同じ箱に入れて、どちらかがおまけにならにように工夫しました。

「和菓子に触れる」ことに込めた思い

私は、竹口さんから今回のことを相談されるまで、和菓子についてや和菓子業界の現状などを全く知りませんでした。

でも、「さわってつくってたべる絵本」を開発して、創業より300年以上もの歴史ある大徳屋長久の練りきりをはじめ、和菓子がとても素晴らしいものであることがわかったんです。

この商品には、普段和菓子を食べない人や若い世代の人に、“もっと和菓子に触れてほしい、もっと和菓子を好きになってほしい”という開発者の想いが込められています。

練りきりを触って作って食べてみて

「和菓子を食べたことがない子供にとって、食べるきっかけになった」
「あんこが苦手な子供でも、自分で作ることで美味しく食べることができた」
などと、嬉しいお声をいただいております。

ほかにも、「おじいちゃんやおばあちゃんと一緒に楽しい時間を過ごせた」などの声も寄せられています。

ぜひ、絵本を読みながら和菓子作りを楽しめる「さわってつくってたべる絵本」を体験してみてください。

さわってつくってたべる絵本|株式会社wacle
2,980円(税込)

このアイテムを詳しく見る

株式会社wacleの公式SNSをチェック!

・Instagram https://www.instagram.com/tabeehon/

・Facebook https://www.facebook.com/tabehon/

・Twitter https://twitter.com/tabehon

「和菓子を触りながら楽しいひとときを過ごしてね」の気持ちを込めて

ベストプレゼント編集部

トレンド調査 ベストプレゼント編集部

「さわってつくってたべる絵本」は、和菓子を食べたことがない子供をはじめ、和菓子に触れながら楽しい時間を過ごしてもらいたいすべての人へのプレゼントにおすすめです。

みんなでゆっくりと楽しめるように、贈るタイミングやシーンを意識するのがポイント。この商品をきっかけに、和菓子のことを知り好きになってもらいましょう。

贈る人からプレゼントをさがす