家族の食卓をつくる竹食器ブランド「FUNFAM」(ファンファン)に密着インタビュー!子どももママも嬉しくなるアイテムはプレゼントにも大人気!

家族の食卓をつくる竹食器ブランド「FUNFAM」(ファンファン)に密着インタビュー!子どももママも嬉しくなるアイテムはプレゼントにも大人気!

【密着インタビュー企画第20弾】ベストプレゼント編集部があらゆるカテゴリの中から厳選したブランドに徹底インタビューする密着記事企画!第20弾は、出産祝いの贈り物にぴったりの、かわいくて機能的な竹食器ブランド「FUNFAM(ファンファン)」の魅力に迫ります。竹の食器に込められた想い、出産祝いにふさわしい「食べる」ことが楽しくなる仕掛け満載の竹食器のこだわりポイントをご紹介します。ぜひプレゼント選びの参考にしてみてください。

目次
ギフトに喜ばれる竹食器ブランド「FUNFAM」をご紹介! FUNFAM創業のきっかけは? 使いやすさを追求したFUNFAMの竹食器のこだわり 何年経っていても修理可能!長く使うためのコツは? プレゼントに人気の竹食器ランチプレートをご紹介! 世界に一枚しかない名前入りプレートを出産祝いやお食い初めの贈り物に! FUNFAMの竹食器を通して伝えたいこと 離乳食研究家 YASUYOさんのレシピをご紹介!

ギフトに喜ばれる竹食器ブランド「FUNFAM」をご紹介!

さゆり

BEST PRESENT編集部 さゆり

みなさんこんにちは!BEST PRESENT編集部のさゆりです。

今回は、家族団らんの食卓を演出する、安心安全で使いやすい子ども向け食器をすべて国内で作っている竹食器ブランド「FUNFAM(ファンファン)」をご紹介します。

創業のきっかけやブランド創成期の苦労話とともに、竹の食器に込められた想いを、FUNFAM創業者であり離乳食研究家・フードデザイナーの藤岡泰代さんに伺っていきます。

忙しいママの助けになり、「食べる」ことの大切さも伝わるこだわりの竹食器は、出産祝いの贈り物としてもぴったり。
これからママになる人にはもちろん、子育て中のママ・パパにもぜひ知っていただきたい魅力が満載です。

それでは、藤岡さんよろしくお願いいたします!

<プロフィール> 
FUNFAM株式会社
代表取締役 藤岡 康代

国際線のフライトアテンダントとして世界中を飛び回りながら世界の食文化や料理を研究。
子どもの出産を機に退職し、我が子のアレルギー体質からこれまでの食生活に問題を感じ、
母子ともに健康生活を送れるようにというテーマで自然素材の竹食器FUNFAMとオリジナルレシピを開発。
そして、同じ悩みを持つ同世代のママ達にミールソリューションというテーマで
現代ママと子どものサポートプログラムを始めています。
小食、食わず嫌い、アレルギーを持った娘に考えたイートケアプログラム、
いかに楽しく食べてくれるか、1・3・5歳の成長に合わせた五感を使ったメソッドを開発。
同世代の子どもを持つパパやママに支持されています。

FUNFAM創業のきっかけは?

結婚前はフライトアテンダントとして活躍していた藤岡さん。モノづくりというまったく異なるジャンルにご主人と二人三脚で挑戦した「FUNFAM」ブランドの立ち上げには、創成期ならではの大変さもたくさんあったようです。

ゼロからイチを創り出す強い想いとともに、さまざまな創意工夫にあふれたエピソードを聞かせていただきました。

さゆり

BEST PRESENT編集部 さゆり

なぜ「竹」を素材に選ばれたのでしょうか?
竹食器誕生のきっかけを教えてください。
藤岡さん

FUNFAM株式会社 藤岡さん

実は、竹食器ブランドを創業する前は家具屋でした。一般的な家具ではなく、国会議事堂や大臣専用デスクなど、いわゆる重厚で高級な家具を得意とする家具集団の会社だったんです。
結婚をきっかけに、主人はその三代目を継ぐことになりました。

十数年前から、輸入材木や森林伐採の規制などがあったこともあり、「このまま木材を中心としたビジネスを続けていては立ち行かなくなる」という考えから、木材の消費を抑えて竹の消費をアップさせていきたいと思ったんです。
さゆり

BEST PRESENT編集部 さゆり

では最初は、高い技術をもった家具職人さんとともに、新しい素材である「竹」に着目した家具を作っていたのですね?
藤岡さん

FUNFAM株式会社 藤岡さん

そうなんです。
でも、竹を普及させていこうと考えると、今までの家具のように高級なものでは買ってもらえません。

もっとリーズナブルなものに落とし込んでいかないと竹の普及につながらない。
さらに、ブランド側の勝手な思い込みではなく、消費者の求めるニーズをとらえた製品づくりをしなければ、というところで、次第に作るものが小さくなっていきました。
さゆり

BEST PRESENT編集部 さゆり

なるほど!それで「食器」であれば一般の人が手に取りやすいと考えたのですね。

ギフトショーなどにも何度も出展され、大手百貨店のバイヤーの方にも注目されるようになったそうですが、その後も順調に売り上げが伸びていったのですか?
藤岡さん

FUNFAM株式会社 藤岡さん

いえいえ。順調というより、まずは“バイヤーの目に留まって商品を知ってもらう”という最初の一歩をやっと踏み出せた、という感じでした。

百貨店に置いていただいても、売れなければチャンスはそこで終わってしまいます。
そこで、毎週のように百貨店の店頭に出向いて自分でも商品を買ったり、時には友人にお願いして買ってきてもらったりしました。商品が売れれば、また注文してもらえますからね。

販売の棚をキープすることが当時のミッションでした。
さゆり

BEST PRESENT編集部 さゆり

さまざまな大手百貨店さんとの取引を広げていった背景には、地道な営業努力があったのですね。

他にもたくさんのご苦労やチャレンジがあったのだと思いますが、FUNFAMブランドの確立に手ごたえを感じられたエピソードはありますか?
藤岡さん

FUNFAM株式会社 藤岡さん

伝説のホテル支配人として話題となった、当時のリッツカールトン東京の総支配人 リコ・ドゥブランク氏の出版記念パーティーに顔を出し、直接話をするチャンスをつかんだことも思い出深いですね。

「御社のようなホテルでこそ竹食器を使ってもらいたい」と口説き、お子さまそれぞれの名前を入れてクリスマスギフトとしてお贈りしたことがきっかけで導入がはじまりました。

大手百貨店や高級外資ホテルに認めていただけたことで、ブランドの信頼度がより高まったように感じます。

竹の食器に込めた想い

さゆり

BEST PRESENT編集部 さゆり

木材からの切り替えで「竹」という素材に着目したのには、森林伐採などの環境問題への配慮やビジネスとしての方向転換の他にも、何か理由があったのでしょうか?
藤岡さん

FUNFAM株式会社 藤岡さん

竹にまつわる面白い話の数々にインスパイアされたんです。

古くから縁起物として扱われていますし、熱伝導率が高く、エジソンが発明した白熱電球のフィラメント(熱電子を放出する細い線)にも日本の竹が使われたとか。
さらに、イネ科の植物なので森林伐採には該当しないし、むしろ消費を進めることによって竹害を防ぐことにもなります。

こんな良い素材はない、ということで日本全国の竹の産地や産業振興などを調べて、竹の伐採から加工、市場に出回るまでのプロセスを勉強していきました。
さゆり

BEST PRESENT編集部 さゆり

それでは、なぜその「竹の素材」を使って、子ども向けの食器を作ろうと思ったのですか?
藤岡さん

FUNFAM株式会社 藤岡さん

「子ども」に焦点を当てようと思ったのには、私自身が子どもを授かったことも大きいですね。

別々だった個人が結婚して子どもが生まれ、父と母になる—。
関係のなかった人たちが少しずつ時間を重ね、一緒に食事をする中で「家族」がつくられていくんだな、と実感したことです。

食べることを中心にした団らんの時間を家族で共有することはすごく大事で、私たちの作るこの竹食器がそのツールになってほしいという想いがありました。
さゆり

BEST PRESENT編集部 さゆり

素敵なきっかけですね。

「FUNFAM」というブランド名はどのようにして考えられたのですか?
藤岡さん

FUNFAM株式会社 藤岡さん

家族団らんの楽しい食事の時間を過ごしていただきたいという願いを込め、FUN(楽しい)+in the FAMILY(家族で)の「FUN」と「FAM」をとって、FUNFAM(ファンファン)というブランド名となりました。

「竹=パンダ」ということで、親子パンダがロゴの由来です。
私たちの竹食器は、「親子で楽しく」をキーコンセプトにしているんです。

使いやすさを追求したFUNFAMの竹食器のこだわり

竹という天然素材から作られる食器は、そこに関わる多くの人々の技術があってこそ、製品としての完成度がさらに高まります。

藤岡さんに、FUNFAMの竹食器に込められたこだわりを詳しく解説していただきました。

匠の技術だからこそ国産にこだわる

さゆり

BEST PRESENT編集部 さゆり

素晴らしい素材「竹」ですが、食器に加工するうえでのメリットやデメリットはあるんでしょうか?
藤岡さん

FUNFAM株式会社 藤岡さん

竹素材には、「抗菌性が高い」「軽量」「鉄よりも硬くて割れにくい強度」などお客さまにとって良い点がたくさんあります。

一方で製造側のデメリットとして、固くて節があるため板状にする加工などが難しい点が挙げられます。
また、竹は糖分が高く、製品に糖分が残っていると虫食いの原因になってしまいます。そこで、竹を湯がいて完全に糖分を抜く必要があるのですが、その下処理がすごく大変です。

とても大変な作業のため、他社の参入はほぼありません。
さゆり

BEST PRESENT編集部 さゆり

木材より加工が大変とはいえ、新事業にふさわしい利点も多い素材だったのですね。

そんな手間のかかる製品づくりを叶えているのは、もともと抱えていらっしゃった職人さんの腕によるところが大きいのでは?
藤岡さん

FUNFAM株式会社 藤岡さん

確かにそうですね。

お子さまが使うものということもあって、ご両親の不安を取り除くためにも日本ですべて製造することをモットーにしているんです。

そのため、加工や製造過程においてさまざまな技術が必要なのですが、国産の技術でできる、ということが重要です。
職人の高い技術はもちろん、機械や道具も含めて、十分それに応えられるメンバーや環境に恵まれているからこそ、実現できていると思っています。

使いやすさとお手入れのしやすさ

さゆり

BEST PRESENT編集部 さゆり

子どもが使うとなると、安全面や扱いやすさはかなり重要なポイントになりますよね?
藤岡さん

FUNFAM株式会社 藤岡さん

お子さまの使いやすさに関しては、特許をとっています。
竹材は三層構造になっているのですが、中央の層は着色ではなく、竹をスモークする時間の違いで色の違いをつけているんですよ。

赤ちゃんは1歳くらいで視力がだいたい0.7なので、ここがお皿のヘリ、ということが実はなかなか分かりにくいんですね。
なので、赤ちゃんへのガイドとして、茶色っぽくなっているところがお皿の端ということが分かりやすい設計にしています。
さゆり

BEST PRESENT編集部 さゆり

考え抜かれていてすごい!

他にも、茶色いラインはお母さんが盛りつけの目安にすることもできて、赤ちゃんにはもちろん、ママにもやさしい設計になっているんですよね?
藤岡さん

FUNFAM株式会社 藤岡さん

はい。
さらに、食器には21mmの高さがあります。
これは、赤ちゃんがスプーンで食器のヘリを使って食べ物を持ち上げたときに、下に落ちないで必ずスプーンに戻る高さなんです。

高さや角度の違う食器をたくさん用意して、何人か同じ食器でグループ分けし、それを何度も繰り返すのですが、そうするとある1チームだけが必ず上手に食べられるんです。

それが何mmなのか、角度が何度なのか、たくさんのお子さまにご協力いただいて、ここに辿り着いたんですよ!
さゆり

BEST PRESENT編集部 さゆり

子どもの特性を研究して設計されているのですね。素晴らしいです!

そんな考え抜かれた子ども向け食器ですが、食事を作るママにとっての扱いやすさのポイントはどんな点ですか?
藤岡さん

FUNFAM株式会社 藤岡さん

角度は洗いやすさに配慮して設計しています。
毎食毎食使っていただいても、洗って伏せておくだけで大丈夫です。これなら、ママだけでなく、パパでも簡単にできますよね。

ママ業の忙しい中では、食器のお手入れに時間をかけてはいられません。

ハードに毎食使ってもらうためには洗いやすさはすごく大事だし、いちいちすぐに拭かないといけないのはダメ。そういうのを全部なくして、使う側のことを考えながらつくっていることも特徴のひとつです。

「食べること」が楽しく感じられるデザイン設計

funfam_funfam
instagram.com
さゆり

BEST PRESENT編集部 さゆり

最初は1点だけのデザインだったそうですが、ラインナップを拝見するとどれもとってもかわいくて、手に取りたくなるものばかりです!

お皿のデザインで一番ポイントにしている点はどんなところでしょうか?
藤岡さん

FUNFAM株式会社 藤岡さん

子どもが「わぁ、かわいい!」と思ってどんどん手が出るようなデザインにしたい、と考えています。子どもが喜ぶかどうか、その目線が絶対ですね。

「これはもう私の食器だよ」って小さな赤ちゃんでも思えるような、「これで食べたら楽しいな」と思ってもらえるようなデザインを採用するようにしています。
さゆり

BEST PRESENT編集部 さゆり

かわいいデザインだと、子どもも食事の時間が楽しくなりますよね。
男の子と女の子では好みの違いもあるのでしょうか?
藤岡さん

FUNFAM株式会社 藤岡さん

男の子には乗り物のデザインが人気で、だいたい車派か電車派で分かれますね。女の子は、リンゴの形やおうちの形など、ルックスのかわいいものので喜ぶことが圧倒的に多いです。

同じ食べ物が盛られていても、子どもが「これかわいい、楽しい」と思うだけで、こっちのお皿だと食べないのに気に入ったお皿だと食べる、ということが起こるんです。

ママたちも盛りつけることを楽しんでくれたらいいなと思います。

長く使ってもらえる耐久性へのこだわり

さゆり

BEST PRESENT編集部 さゆり

国内でのモノづくりで品質に大変こだわりを持つFUNFAMの竹食器ですが、耐久性の面ではどのような特徴がありますか?
やはり毎日使うものですし、丈夫さといった点は気になる方も多いと思いますが…。
藤岡さん

FUNFAM株式会社 藤岡さん

耐久性において、塗装には特にこだわっています。

最終工程でウレタン塗装でコーティングをかけているのですが、当然ながら食品衛生規格をクリアした塗料のみを使用していますし、ひとつひとつ職人が丁寧に、何層もコーティングしています。

塗装が甘いと、油分がお皿に染み込んでしまったりするんです。
FUNFAMの食器は十分な強度を持たせたコーティングをかけていますから、油分もするりと落ちますし、良い状態で長くお使いいただけますよ。
さゆり

BEST PRESENT編集部 さゆり

子どもが好きそうなハンバーグやミートソースなど、油の多い料理をのせても安心ですね。油落ちが良いというのも、忙しいママにとっては嬉しいポイントです。

しかし、丈夫で長持ちすると、なかなか買い替えてもらえないのではないですか?
藤岡さん

FUNFAM株式会社 藤岡さん

「最近はシンプルな形を好むようになった」などと言って、買い替えてくださることもありますよ。成長の度合いによって違う形に買い替えたり、出産祝いの後は入園祝いなど継続して別のデザインを贈り物にされる方もいらっしゃるんです。

でも、基本的にはお子さまの名前を入れることもできる商品なので、自分の子どもの誕生日や名前が入っている食器は、みなさんとても大切にしてくださいます。

何年経っていても修理可能!長く使うためのコツは?

お気に入りのもの、名前が入ったものは特に長く使いたいですね。
FUNFAMでは修理も依頼できるということで詳しくお話を伺いました。

また、長く使うための普段のお手入れ方法もチェックしてみてください!

藤岡さん

FUNFAM株式会社 藤岡さん

長く使っていただける商品なので、有料になりますがリペアも承っています。
さゆり

BEST PRESENT編集部 さゆり

修理もしてもらえるんですね!
保証期間などなく、いつでも依頼できるのでしょうか?どんな修理も可能なんですか?
藤岡さん

FUNFAM株式会社 藤岡さん

弊社商品であれば何年経っていても対応しています。

修理できた方がすごく喜ばれるし、“物を大事にする”ということを実際に子どもに教えてあげられるのも良い点だと思います。

割れているけれど破片はある、使い続けてコーティングが薄くなった、などでの修理のご要望には、ほぼすべて対応しています。削り直したりすると、新品のようにけっこうきれいな状態になるんですよ。
職人が判断して適切なリペアを施します。
さゆり

BEST PRESENT編集部 さゆり

物を大切にする、ということを学ぶことは小さな子どもにとっても良い経験ですね。

竹食器を長く使うための、お手入れのコツなどありましたら教えてください。
藤岡さん

FUNFAM株式会社 藤岡さん

食洗器、電子レンジ、オーブンの使用は不可とさせていただいています。でも実は、業務用食洗器検査を受けているので、うっかり入れてしまった程度でしたら問題ありません。

水気の多い場所に長時間置いておくと、黒カビが発生することがありますので、お気を付けくださいね。

普段のお手入れでは、中性洗剤で洗ってすすいだ後、立てかけて自然乾燥していただければ大丈夫です。

プレゼントに人気の竹食器ランチプレートをご紹介!

世界に一枚しかない名前入りプレートを出産祝いやお食い初めの贈り物に!

名前、生年月日、時間、出生体重、メッセージなどを刻んで唯一無二の贈り物に仕立てることができる、出産祝いにぴったりのFUNFAMの竹食器シリーズ。
プレートの他に、マグカップやフォークやスプーンへも名入れできます。

バランサーセット

出産祝いで一番人気のバランサープレート。4つに仕切られていて、バランス良く離乳食を盛りつけることができます。
プレートのフチの高さや角度は、子どもが上手にスプーンを使うことができるよう設計されています。
忙しいママでも栄養の偏りをなくせるガイド付きなのも魅力です。

価格 5,292円(税込)

藤岡さん

FUNFAM株式会社 藤岡さん

累計2万枚の出荷数を誇る人気のセットです。ありがたいことに、芸能人の方がSNSなどで紹介してくれることが多く、そのファン層のママたちが買ってくれることが多いようです。

こんな料理を盛りつけるといいよ、というガイドになるように、野菜や魚などのレーザー彫刻をしていて、栄養面で安心できる点もご好評いただいています。

またこのプレートは、中学生くらいでも十分な量を盛りつけることができるサイズで、お子さまが成長しても長く使っていただけます。
さゆり

BEST PRESENT編集部 さゆり

SNSで支持され、口コミから広がっていったんですね。
デザインも素敵なプレートだから、インスタ映えもしますよね!

長く使えるという点でも、「気に入ってくれたらいいな」という贈る側の気持ちにもしっかり応えてくれています。
このアイテムの公式サイトを見る

カープレートセット

男の子の出産祝いギフトで一番人気はやっぱり「車」モチーフ!
男の子が大好きな車の形をしたプレートのセットは大人気です。

大好きな乗り物の形をしたお皿に盛りつけてあれば、苦手な食べ物でも自然と食べられるようになっていきます。

価格:5,292円(税込)

藤岡さん

FUNFAM株式会社 藤岡さん

食育のツールとして、男の子には圧倒的にこのカープレートが大人気です。

車が好きなお子さんには、「車の後ろの窓のものを食べてみたら?」「窓が全部見えたらママに教えて」というふうにお話してみましょう。
これは絶対に食べない!という苦手なものでもしっかり食べて、「ママ、窓見えたよ」などと教えてくれたりするんですよ。

ほめられると、翌日も一生懸命食べてくれるようになって、今まで嫌いだった食べ物も食べられるようになったりします。
さゆり

BEST PRESENT編集部 さゆり

苦手な食べ物を楽しみながら克服できるなんてすごい!

食事は毎日のこと。好きな形のお皿で食事をしたり、ほめてもらったりするうちに、いつのまにか食べることへの苦手意識が薄れていくのは、ご両親にとっても嬉しいことですね。
このアイテムの公式サイトを見る

ジャッキー ランチプレートセット

人気の絵本「くまのがっこう」のキャラクター、クマの女の子・ジャッキーがモチーフです。

スモークした竹の茶色のラインが小さな子どもの視力でも認識しやすいうえ、平らなので手づかみ食べでも食べやすいと好評を得ています。

価格:5,724円(税込)

藤岡さん

FUNFAM株式会社 藤岡さん

キャラクターモチーフのプレートの中ではダントツの人気です。このジャッキー、女子高生にも人気のキャラクターなんですよ!
知育的な意味合いから、「くまのがっこう」の絵本と一緒にプレゼントされる方も多いですね。

顔の部分に食事を盛りつけるのですが、耳のところのスペースが小さめなので、そこにソースやヨーグルト、フルーツなどを入れたりする使い方もできます。
比較的コンパクトで、小さなお子さまに使っていただきやすいです。
さゆり

BEST PRESENT編集部 さゆり

くまのがっこうシリーズには、スプーン・フォークの他にお箸もあるんですね。

本当にかわいくて、女子高生に人気というのも納得です!
クマのモチーフなら、子どもの性別を問わずに贈れますね。
このアイテムの公式サイトを見る

FUNFAMの竹食器を通して伝えたいこと

さゆり

BEST PRESENT編集部 さゆり

最後に、BEST PRESENTのユーザーにメッセージをお願いします!
藤岡さん

FUNFAM株式会社 藤岡さん

私たちFUNFAMは創業以来、「本物」のモノづくりに実直に誠実に携わって参りました。
天然物の手触りのぬくもりや目にやさしい色合い。そんな「本物」に、日々の食事の中で触れる経験を、ぜひお子さまが小さな頃からしていただきたいという想いがあります。

スタッフ皆がいつでも考えているのは、子育てを頑張るママやパパに少しでも楽しい時間を過ごしていただきたいということです。
忙しいママ業の中で、時には手抜きもしたいこともある。そんなとき、既成のプラスチック容器のままではなく、気に入った食器に盛りつけるだけでも食欲が違ってきます。

「見た目の食欲」も大切ですので、忙しいお母さまほど便利に使っていただきたいですね。

離乳食研究家 YASUYOさんのレシピをご紹介!

さゆり

BEST PRESENT編集部 さゆり

今回お話を伺った藤岡さんは、“離乳食研究家 YASUYO”として、子どもの食事に関するママに役立つ情報も積極的に発信しています。FUNFAMの竹食器に合わせた離乳食レシピなども紹介し、頑張るママを応援しているんです!

そのレシピの一部をこちらでもご紹介します。
さゆり

BEST PRESENT編集部 さゆり

幼児期からの食に対する想いとともに生み出された竹食器には、使い勝手の良さをはじめ、子どもが食事を楽しむための工夫がたくさん詰め込まれています。

「見た目の食欲をケアしてあげる」ことは、小さな子どもの食の体験をとても豊かなものにしてくれるのだなと感じました!

藤岡さん、ありがとうございました。
FUNFAM 公式サイト

名入れグッズのプレゼント 人気記事

「名入れグッズ」の記事をもっと見る >>


和食器のプレゼント 人気記事

「和食器」の記事をもっと見る >>


出産祝いのプレゼント 人気記事

「出産祝い」の記事をもっと見る >>


食器のプレゼント 人気記事

「食器」の記事をもっと見る >>


贈る人からプレゼントをさがす