コードレスヘアアイロン人気ランキングTOP10!おすすめは携帯に便利なミニサイズ

コードレスヘアアイロン人気ランキングTOP10!おすすめは携帯に便利なミニサイズ

場所を選ばずにサッと使えるコードレスヘアアイロンは、外出先でちょっとスタイリングを直したいときに重宝します。今回は、大人気のコードレスヘアアイロンを編集部が徹底調査し、webアンケート調査などを元にランキングTOP10形式でまとめました。充電式や乾電池を利用するものなど様々なタイプがあるので、選び方のポイントをしっかりチェックして最適な商品を見つけてくださいね。

コードレスヘアアイロンのメリットとデメリット

朝はしっかりとスタイリングして出かけても、風や雨が原因でヘアスタイルが崩れることがあります。
そんな外出先で簡単に乱れた髪を直したいときに活躍するのが、携帯性に優れたコードレスヘアアイロンです。

充電しておけば電源がなくても使えるのが最大のメリットで、旅行などでも大活躍してくれます。

使用可能時間が限られているため、長時間のセットには不向きで、数時間の充電や電池交換など、手間とコストがかかるというデメリットがあります。
しかし、バッグに入れやすいコンパクトサイズで、サッと乱れたスタイリングを直せると人気を集めています。

コードレスヘアアイロンを選ぶときのポイント

自分のヘアスタイルに最適なタイプを選ぼう

外出先でも美しいストレートヘアやカールをキープするために、自分のヘアスタイルに合ったコードレスヘアアイロンを選びましょう。

気分によって巻き髪を楽しみたい女性や前髪をふわっとさせたい人には、ストレートとカールが両方実現する2wayタイプがおすすめです。

完璧なカールヘアを目指すならコテタイプが最適

きれいなカールを作るには、円筒にしっかりと巻きつけることができるコテタイプがぴったりです。26mm・32mm・38mmなどコテのサイズに違いがあるので、しっかりと確認しましょう。

ショートやボブの人には、短くてもしっかりと巻くことができる細めがおすすめ。ロングヘアの女性は、緩やかなカールスタイルを演出できる太めのものが使いやすいでしょう。

艶やかなストレートヘアはプレート重視!

さらさらと輝くヘアスタイルを実現したい女性には、しっかりと髪を挟めるストレートタイプが人気です。

プレートの素材はいくつかありますが、表面が滑らかに仕上がっているものを選ぶことがポイント。
ひっかかりを感じる商品はキューティクルを傷つける恐れがあるので、口コミなどで使用感をチェックしておきましょう。

毎日使いやすい電源方式を選ぼう

コードレスヘアアイロンには、大きく分けて3種類の電源方式があります。
AC電源やUSB接続を利用する充電式乾電池を利用するタイプ、専用のガスカートリッジを装着するタイプの3種類です。

それぞれのメリット・デメリットをまとめたので、特徴をしっかり把握しておきましょう。人気が高いのは充電式ですが、自分のライフスタイルのなかで一番使いやすいタイプを選んでくださいね。

コストがかからずゴミが出ない充電タイプ

最もコストがかからず人気なのは充電式です。USB接続でも充電できるアイテムなら、仕事中にオフィスで充電しておくこともできます。

しかし、フル充電まで2時間~3時間ほどかかるので、すぐに使えないというデメリットもあります。そのため、手間がかかってもコストを重視したい人におすすめします。

手軽さが魅力の乾電池タイプ

乾電池を使うタイプは小さくて軽量なので、常にバッグに入れておきたい女性におすすめです。少しパワー不足で、使用可能時間が短いので軽いセッティングに向いています。

そして、充電式と比べるとコストがかかるうえに、ゴミが増えるのが欠点です。
しかし、乾電池はどこでも購入できるので、待つことなくすぐ使えるというメリットもあります。

パワーを重視するならガスカートリッジタイプ

ガスカートリッジタイプは、十分なパワーと連続使用時間が長い点がメリットです。しっかりと時間をかけてスタイリングを直したい、ロングヘアの女性から特に人気を集めています。

デメリットは、ガスカートリッジを購入しなければならず、3種類のなかで一番コストがかかるところです。
また、専用のガスカートリッジはどこでも売っているものではないので、事前に用意しておく必要があります。

連続使用可能時間は必ずチェック!

「スタイリングの途中に使えなくなった」ということがないように、購入の前に連続使用可能時間を必ず確認しておきましょう。

電源タイプによって違いはありますが、多く選ばれている充電タイプでは20分前後が一般的です。
最近発売されている30分以上使えるコードレスヘアアイロンは、全体をセットしたいロングヘアの女性におすすめします。

なお、使用時間をなるべく長持ちさせたいときは、低めの設定温度で使ってください。

細かく温度調節ができる商品が理想的

ストレートヘアとカールヘアでは最適な温度が違うので、細かく温度設定できるコードレスヘアアイロンがおすすめです。

また、温度変更できるものは、部分的にニュアンスを変えたり電池を長持ちさせたいときにも役立ちます。

最高温度が180℃ほどのものがおすすめ

快適に素早くスタイリングを直すためには、最高設定温度が180℃程度の商品を選びましょう。そして、3段階ほど温度調節できるコードレスヘアアイロンなら、幅広いスタイルに対応できます。

ほかにも、200℃まで温度が上がる商品がありますが、あまり高温で使うと髪を傷めやすいです。このような高温タイプは、180℃のヘアアイロンではきれいなクセがつかない髪質の人におすすめします。

温まるまでの時間は20~30秒が理想

ちょっとしたすき間時間や、トイレに立ち寄ったときなどに利用することが多いコードレスヘアアイロン。
設定温度に達するまでに3分以上必要なものもありますが、あまり時間がかかってしまうと落ち着いてスタイリングを直すこともできません。

そのため、20秒~30秒ほどで適温となる商品が人気を集めています。実際にすばやく加熱されるかどうか、購入者の口コミなどを必ずチェックしましょう。

プレートの素材も確認しよう

髪の毛に触れる部分のプレートの素材にも種類があります。おすすめはチタンやセラミックですが、それぞれ耐久性や熱伝導率が異なるため、特徴を把握して選びましょう。

メリットやデメリットをまとめたので、自分が重視するポイントに合ったコードレスヘアアイロンを選んでください。

手頃な価格で買えるコーティングヘアアイロン

コーティングヘアアイロンは、熱を伝えるプレート部分が金属製。そのため、表面を滑らかにするチタンやセラミック、テフロンなどの素材を使ってコーティングが施されています。

髪へのダメージが少なく比較的安価なので、10代~20代の女性に人気です。
しかし、長期間使っているとコーティングが剥がれてくるというデメリットがあります。

セラミックやチタン100%なら耐久性抜群

コーティング製品より価格は高めに設定されていますが、良いものを使いたい人に選ばれているのはセラミックやチタン100%で作られているヘアアイロンです。

チタンは特に耐久性に優れた素材なので、長く愛用したい人におすすめ。すぐに温度が高くなるコードレスヘアアイロンが欲しい場合は、熱伝導率が良いセラミック製が良いでしょう。

持ち歩くものだから携帯のしやすさも大切

バッグに入れて持ち歩くことの多いコードレスヘアアイロンは、携帯性を確認しておくことも大切です。重さやサイズなど、自分が使いやすいものを選びましょう。

また、専用のポーチがある商品はすっきりと収納できるので、快適に持ち歩きたい女性に人気です。

使いやすいのは20cm以下、200g以下のもの

一般的なヘアアイロンと同じほどの大きさの商品もありますが、手のひらサイズやスマホサイズの小さいものもたくさんあります。20cm以下の商品を選べば、小さなバッグでもすっきり収納できます。

そして、重量は200gまでを目安に選びましょう。たとえばiPhone Xの重量は174gなので、200gほどならバッグに入れても重さが気にならないためおすすめです。

専用耐熱ポーチがあれば片付けも楽々

手早くスタイリングを直せても、ヘアアイロンが冷めないとすぐに片づけることができません。そんなときに便利なのが、まだ熱いヘアアイロンをサッと収納できる耐熱ポーチです。

冷めるまで待つ必要がないので、すき間時間にスタイリングも片づけもすべて終わらせたい人には、耐熱ポーチ付きのアイテムをおすすめします。

海外使用や飛行機内持ち込みの注意点

出張や旅行などで飛行機を利用する場合、リチウムイオン電池が内蔵されているコードレスヘアアイロンは預け入れ荷物に入れてはいけません。
衝撃や高温で発火する恐れがあるためです。

また、ほとんどのコードレスヘアアイロンは機内に持ち込む手荷物に入れることができますが、ガスカートリッジは装着済みの1本だけしか持ち込めません。

海外で使う予定がある人には、100V~240Vの電圧に対応している商品がおすすめ。ただし、コンセントプラグの形状は国よって異なるので、変換プラグは別途用意しましょう。

おすすめのコードレスヘアアイロン人気ランキングTOP10!

それでは、コードレスヘアアイロンのおすすめランキングTOP10を見ていきましょう。

スタイリング力の高さはもちろん、外出先で便利に使えるものや持ち運びやすいものなど実用性の高いアイテムを揃えました。
実際に使った人の感想やレビューも一緒にチェックして、コードレスヘアアイロン選びの参考にしてください。

第10位 ヒートイオンボーテ(日テレ通販)

日テレ通販で購入できるヒートイオンボーテは、テレビで紹介されたことで人気を集めました。美容のプロが監修しており、ヘアアイロンの「熱い」「うまくいかない」といった悩みを解決してくれます。

ブラシタイプのアイロンですが、熱が発生するのは内側のプレート部分だけなので、やけどしにくい設計です。髪をとかしたりブローする感覚で使えて簡単に髪にクセをつけることができます。

直接髪を挟まないので、ナチュラルなふんわりとした仕上がりにしたい人にもおすすめです。
USB充電はできませんが充電器も兼ねたキャップが付属していてコンパクトなので、外出先でも便利に使えます。

【電源方式】充電式
【重量】330g
【サイズ】247×59×52mm(充電キャップ含む)
【温度】130度/160度
【連続使用可能時間】約25分

参考価格 7,500円程度

第9位 ヘアアイロン(OMASI)

全長18.4cm、135gと超軽量のOMASIのヘアアイロンは、ポーチにすんなり入るコンパクトさが人気の商品です。
小さくても最高温度は200℃とプロ仕様なので、硬い髪質の人でも快適に使えます。

また、プレートが縦60mm、横12mmとかなり小さいので、小回りがきいて細かいところに手が届きやすいと好評です。
たとえば、前髪やサイドの姫毛、ポニーテールの毛先を巻いたりするのにも役立ちます。

そして、USB充電でも電池でも使えるタイプなので、旅行のときは出先で手軽に買える電池、オフィスではUSBと使い分けできるのも嬉しいポイントです。

【電源方式】電池式/USB充電式
【重量】135g
【サイズ】184×36×29mm
【温度】180度/200度
【連続使用可能時間】約45分

参考価格 3,700円程度

第8位 ヘアアイロン コードレス ミニ(リスネコ)

リスネコのヘアアイロンは、髪に余計な圧力をかけないクッションプレートと、マイナスイオン噴射口が採用されています。
髪を傷めにくいうえ、3段階の温度調節が可能なので、幅広い髪質の人におすすめです。

ヘアアイロンを閉じるとヘッドが円形なので、カールとストレートの両方のスタイリングができます。ちょっとした寝癖直しにも、前髪やおくれ毛のヘアアレンジにも使えて便利です。

さらに、USB充電可能なので、突然のバッテリー切れの際にもスマホやモバイルバッテリーからさっと充電できます。
小型で軽量なサイズ感と、バッグの中にいつも入れておきたくなるようなおしゃれでキュートなデザインも魅力です。

【電源方式】USB充電式
【重量】-
【サイズ】-
【温度】160度/180度/200度
【連続使用可能時間】-

参考価格 3,000円程度

第7位 コードレスストレートヘアアイロン(NexGadget)

使いやすさを追求したスリムな形状が魅力のNexGadgetのストレートヘアアイロン。
なんとモバイル充電器に変身する機能がついており、ヘアアイロンなのにモバイルバッテリーと同じようにスマホに充電できます。

もちろんアイロンとしての機能も申し分なく、3段階の温度調節機能によって髪質やヘアスタイルに合わせてアレンジできます。
起動のスピードも早く、「30秒ほどで熱くなるのですぐ使えて便利」と喜ばれています。

また、専用の巾着のほかに、コームとヘアクリップが付属しているのも人気の理由です。コームとヘアクリップを使って、より効率的に髪をスタイリングしましょう。

【電源方式】USB充電式
【重量】168g
【サイズ】-
【温度】140度/160度/170度
【連続使用可能時間】約30分

参考価格 4,100円程度

第6位 電池式ヘアアイロン アイコ(メイクビー)

ポップなカラー展開が目にも楽しいメイクビーのヘアアイロン。バッグの中に入れても目立つヴィヴィッドなカラーとスリムなスクエア型が好評です。

縦13cmの本体は250gの缶コーヒーと同じくらいのコンパクトサイズで、持ち歩いて場所を選ばず使うことができます。
小さくても電源を入れて20秒で使用可能という加熱スピードの早さで、すぐ使いたいときに便利です。

また、このヘアアイロンは乾電池式で、充電用のコードが必要ないので旅行のときにおすすめです。セラミックプレートで髪の滑りもよく、快適に使えます。

【電源方式】乾電池式
【重量】90g(電池は含まない)
【サイズ】130×33×38mm
【温度】160度(アルカリ電池使用時)/200度(充電式電池使用時)
【連続使用可能時間】約30~55分

参考価格 3,500円程度

第5位 携帯用充電式ヘアアイロン HS400( ヒーローグリーン)

ヒーローグリーンの携帯用ヘアアイロンは、前髪のクセを直すときや、流行のシースルーバングを作るときに欠かせないとの声が多い一品。
前髪がうねりやすい人はもちろん、前髪やサイドの髪のセットだけに使いたい人におすすめします。

充電ソケットはマイクロUSBなので、スマホ用のモバイルバッテリーを共通で使用できます。コードが増えないため、旅行のときの荷物を減らせる点も魅力です。

また、小さなボディに過充電防止機能と過電流防止機能も備わっていて、安心して使うことができます。熱を発する機器だからこその安全へのこだわりが嬉しいですね。


【電源方式】USB充電式
【重量】142g
【サイズ】184×29×38mm
【温度】180度/200度
【連続使用可能時間】約30分

参考価格 5,400〜6,300円程度

第4位 コードレスヘアアイロン(Lyonice)

全長18.5cmとミニサイズのこちらのヘアアイロンは、手が小さい女性でも持ちやすいと好評です。
ストレートはもちろん、外巻きや内巻きのカールやウエーブをつけるのにも使えて2wayで活躍してくれます。

160℃から200℃までの3段階の温度調節ができ、さまざまなヘアスタイルに便利に使えます。
内蔵電池によるUSB充電式で2~30分ほど使えるため、ショートヘアの人なら全体の寝癖を治すのにも十分なパワーがあります。

飛行機の機内に持ち込みできる仕様であることも嬉しいポイント。世界電圧対応で海外旅行にも手軽に携帯できるヘアアイロンです。

【電源方式】充電式
【重量】138g
【サイズ】184×27×38mm
【温度】160度/180度/200度
【連続使用可能時間】約30分

参考価格 3,400円程度

第3位 ヘアアイロンブラシ(リスネコ)

リスネコのブラシ型ヘアアイロンは、「とかすように髪に通すだけでツヤのあるストレートヘアにしてくれる」と口コミで人気のアイテムです。
ブラッシングしながら熱を加えるので、朝の忙しい時間にも便利に使えます。

また、電池の残量、充電状況、温度推移がランプで表示され、目で見てすぐわかります。USB充電で外出先でのバッテリー切れにも対応できるのが嬉しいポイントです。

縦18.2cmとスマホと同等のミニサイズで、持ち運びにも便利。
コンパクトサイズでありながら広い範囲の髪を一気にストレートにしてくれるので、アイロンが苦手な人やショートヘアの人にもおすすめです。

【電源方式】USB充電式
【重量】-
【サイズ】-
【温度】120度/150度/180度/200度
【連続使用可能時間】-

参考価格 5,600円程度

第2位 プロアイロン コードレスヘアアイロン(OBEST)

OBESTのヘアアイロンは、髪を挟む部分がなだらかな曲線なので、ストレートとカールの2wayで使える優れもの。
ヘッド部分の厚みが36mmあり、アイロン径が大きいタイプのカールアイロンと同じように扱えます。

USB充電ができるため、PC、スマホ、モバイルバッテリーなどさまざまな機器から充電できます。マットなブラックカラーがかっこよく、出張や海外に行くことの多い男性にもおすすめです。

また、握りやすい絶妙な形状が使いやすいと喜ばれています。軽い力で握れるのでスタイリングしやすく、ショートヘアからロングヘアまで幅広い髪型に使えます。

【電源方式】USB充電式
【重量】-
【サイズ】185×43mm
【温度】140度/160度/170度
【連続使用可能時間】約30分

参考価格 4,400円程度

第1位 ヘアアイロン タイニー KHS-8600(コイズミ)

ひときわ目を引くヴィヴィッドなピンクがかわいいコイズミの充電式コードレスアイロン。なんと全長18.3cmと、手のひらに収まりそうなほどのミニサイズが特徴です。

小さくて軽く持ち歩きやすいうえ、最高温度200℃とパワーも十分にあり、何回も髪を挟む必要がありません。小回りがきくので、部分的にクセを取りたいときや前髪を直すときに最適です。

また、スイッチを入れてからプレートが熱くなるまでの時間が早く、ちょっとした休憩時間にさっと直すことができます。海外でも使えるため、海外旅行のお供にもぴったりです。

【電源方式】充電式
【重量】170g
【サイズ】183×31×68mm
【温度】200度
【連続使用可能時間】約25分

参考価格 4,200円程度

ヘアアイロン・カールドライヤーの人気記事を見る!

コードレスのヘアアイロンは外出先でも気軽に手直しができますが、髪全体を整えるには少しパワー不足で、途中で充電切れを起こしてしまう可能性が高いです。

そのため、お出かけにはコードレス、家で使うのにはコード付きのヘアアイロンがあると、快適に使いこなせます。

コード付きのおすすめアイテムについて、次の記事にまとめてあります。ぜひお気に入りの1台を見つけてください。

ヘアアイロンは髪に直接熱を与えてスタイリングするため、やけどの心配や、濡れた髪には使えないというデメリットがあります。

こういったヘアアイロンのデメリットを解決してくれるのがカールドライヤーです。空気を含んだようなふんわりとした仕上がりなので、ナチュラルな髪型が好きな人におすすめします。

カールドライヤーについて紹介した記事もぜひ参考にしてみてください。

おわりに

出かける前にしっかりセットした髪型も、1日過ごすと風や雨などで崩れてしまうことがあります。

コードレスのヘアアイロンがひとつあれば、仕事終わりのデートや突然の飲み会の誘いなど、外出先で髪を整えたいときに大活躍。
外出先でさっと手直しできるコードレスヘアアイロンで、いつでも素敵なヘアスタイルをキープしましょう。

美容家電のプレゼント 人気記事

「美容家電」の記事をもっと見る >>


家電のプレゼント 人気記事

「家電」の記事をもっと見る >>


年代から女性のプレゼントをさがす

イベントからプレゼントをさがす