メンズ洗顔料人気ブランドランキングTOP10!【2018年最新版】

メンズ洗顔料人気ブランドランキングTOP10!【2018年最新版】

洗顔料は誰もが毎日のように使う、肌を健やかに保つのに欠かせないアイテム。身だしなみを気にする男性にとっても必需品です。そこで、今回は編集部がwebアンケートなどを元に厳選したメンズ洗顔料TOP10をご紹介します。ランキングに選ばれた大人気のアイテムから、肌の悩みや好みの使用感に合った洗顔料を選んでください。

メンズ洗顔料で健やかな肌を保とう

男性にとってもスキンケアアイテムとして欠かせない洗顔料。レディース洗顔料と同じように、たくさんの種類が展開されています。

肌質のお悩みにや成分など、洗顔料をどう選べば良いのかをしっかり押さえて、さっぱりと快適に洗い上がるものを選びたいですね。
年齢や使用感など多岐にわたって選び方のポイントを解説しているので、ぜひチェックしてください。

メンズとレディースの洗顔料の違いは?

メンズ洗顔料とレディース洗顔料は、それぞれ男性と女性の肌の特徴に合わせて作られているので、洗浄力や使用感が違います。

基本的に男性の肌は女性より皮脂の分泌量が多いので、男性向けは洗浄力が高いものが多いです。
その反対に、女性向けのものは比較的洗浄力が控えめで、保湿力が高い傾向にあります。

そのため、男性がレディース洗顔料を使用すると、皮脂の汚れを落とし切れずに肌のトラブルを招いてしまうことがあります。
男性が使用するなら、メンズ洗顔料のなかから自分に合ったものを選ぶことをおすすめします。

メンズ洗顔料の選び方

年齢に合わせて選ぼう

男性の肌は年齢によって肌質や悩みが違うので、年齢に合わせたメンズ洗顔料を選ぶことが大切です。
ここからは、10代・20代の人に合ったものと、30代・40代の人に合ったものとに分けて見ていきましょう。

10代・20代の人におすすめの洗顔料

10代・20代の男性の肌は、皮脂の分泌が多いため、皮脂をしっかり洗い流せる洗顔料が向いています。
特に脂性肌の人は、過剰な皮脂が毛穴に溜まってニキビができやすい状態なので、ニキビケアもできるアイテムが最適です。

すっきりと洗い上げる洗顔料がおすすめですが、必要以上に皮脂を落としすぎてしまうと、肌を守ろうとして皮脂の分泌が盛んになる場合があります。
そのため、洗浄力だけでなく、保湿効果もあるものを選びましょう。

30代・40代の人におすすめの洗顔料

30代・40代の男性の肌は、個人差はあるものの過剰な皮脂の分泌は落ち着き、その一方で、乾燥が気になり始めたり、疲れが肌に出やすくなったりします。

そこで、30代の男性には肌を保湿するために、ヒアルロン酸入りなどのうるおいを与えてくれる洗顔料がおすすめです。

また、40代はシミなどの悩みが出始める年代で、アンチエイジングを意識する人も多いです。
保湿に加えてエイジングケアもできる洗顔料は、健やかな肌を保つのに役立ちます。

肌質に合わせて選ぼう

自分にぴったりの洗顔料を探す際には、肌質に合ったものを選ぶことも大切です。
ここでは、脂性肌やオイリー肌、乾燥肌、混合肌、敏感肌の4つに分けて、おすすめのメンズ洗顔料をご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

【脂性肌・オイリー肌】皮脂を流して保湿できるもの

皮脂の分泌が多く顔がテカリやすい脂性肌・オイリー肌の人には、過剰な皮脂をすっきりと洗い流せる洗顔料がぴったりです。
皮脂が多すぎると毛穴に詰まって、ニキビを引き起こす場合もあるので、しっかりと皮脂の汚れを落とせるアイテムを選びましょう。

ただし、皮脂を落としすぎると肌が乾燥して余計に皮脂が出やすくなり、かえってニキビができやすくなってしまうこともあります。

そのため、大人ニキビで悩んでいる人は、洗浄力に優れているだけでなく、保湿力も兼ね備えた洗顔料を選ぶことをおすすめします。

【乾燥肌】優しい洗浄力の高保湿タイプ

皮脂の分泌が少ない乾燥肌の人には、ヒアルロン酸やコラーゲンが配合された高保湿タイプの洗顔料が最適です。保湿成分がたっぷり含まれたアイテムで、うるおいのある肌へと導きましょう。

また、皮脂には肌を保湿し保護する役割もあるので、乾燥肌の人は洗顔で必要な皮脂まで取ってしまわないようにすることも気をつけたいポイントです。
そのため、高い洗浄力が高すぎないものをおすすめします。

【混合肌】洗浄力と保湿力のバランスが良いもの

鼻や額など皮脂の分泌が盛んなTゾーンはオイリーである一方、頬などの皮膚が薄いUゾーンは乾燥してしまうのが混合肌です。
Tゾーンの皮脂ばかりを気にして洗浄力の強い洗顔料で洗ってしまうと、Uゾーンの乾燥が進み、肌荒れにつながってしまう恐れがあります。

そのため、過剰な皮脂を適度に落とし、しっかりとうるおいも与えるような、ほどよい洗浄力と保湿力があるアイテムが向いています。

【敏感肌】無添加やオーガニック製品が人気

外部からの刺激に弱く、化粧品にかぶれやすい敏感肌の人には、無添加の洗顔料がおすすめです。肌荒れに繋がる可能性のある界面活性剤や防腐剤が使用されていないものは、肌を優しく洗い上げます。

また、メンズ洗顔料に含まれていることが多い清涼剤やスクラブなども、肌への刺激となり肌荒れを引き起こすことがあるので、配合成分をしっかりチェックしてください。

特に、自然由来の成分が配合されているオーガニックの洗顔料は、刺激が少ないことから肌が弱い人に多く選ばれています。

好みの使用感で選ぼう

メンズ洗顔料は、さっぱり洗えるものからしっとりするものまで、さまざまな使用感のものがあります。
そこで、ここでは好みの使用感で選べるよう、フォームタイプや固形石鹸など、タイプに分けて特徴をまとめました。

いろいろな使用感が揃うフォームタイプ

フォームタイプは、さまざまな使用感のものが揃っているのが特徴です。チューブに入っているものが多いので持ち運びに便利なだけでなく、無駄なく使えるためコスパにも優れています。

また、自分で泡立てる必要がありますが、肌の悩みや使用感に合わせて選べるのが嬉しいポイントです。たくさんの種類から選びたい場合は、フォームタイプをおすすめします。

しかし、フォームタイプには石油由来の合成界面活性剤が使われていることが多く、肌荒れを引き起こす可能性があるのがデメリットです。

すっきりとした洗い上がりの固形石鹸

固形石鹸は、適度な洗浄力ですっきりとした洗い上がりが特徴です。

なかでも、成分表示に「純石鹸分○%」または「石鹸素地」「脂肪酸ナトリウム」のみ記載されているものは、天然油脂などから作られた界面活性剤が含まれており、安心して使えます。
加えて、添加物などを含んでいないので肌への刺激が弱く、敏感肌の人にも向いています。

デメリットとしては、泡立てネットなどで泡立てる必要があることや、持ち運びが不便なことなどがあげられます。

忙しい人におすすめの泡タイプ

泡タイプは、泡状で洗顔料が出てくるので、泡立ての必要がないのが特徴です。朝の忙しいときの洗顔や、スキンケアに時間をかけたくない人に人気を集めています。

自分で泡立てるよりもきめ細かい泡で、肌への摩擦を少なく洗顔できることもメリットです。

ただし、なかには泡立ちのために刺激が強い成分が入っているものもあるので、注意して選びましょう。敏感肌の人は、弱酸性のものや刺激が少ない敏感肌用のものを選ぶことをおすすめします。

配合されている成分で選ぼう

自分に合った洗顔料を選ぶには、配合されている成分にも注目しましょう。
特に、メンズ洗顔料ではメントールなどの清涼剤が配合されていることが多いので、スーッとする使用感が苦手な人は注意が必要です。

ここでは、代表的な成分ごとにおすすめのポイントをまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

保湿成分でうるおいを

肌の乾燥が気になる人には、保湿成分が配合された洗顔料がおすすめです。肌のうるおいを保ってくれる、ヒアルロン酸やコラーゲンなどが入ったものを選びましょう。

また、肌荒れが気になる場合にも、肌の乾燥が進むと肌荒れも酷くなってしまうので、肌を保護する役割のあるセラミドなどが配合されたアイテムが向いています。

悩みに合わせた美容成分を選ぶ

年齢を重ねることによって、シミやくすみ、さらにはたるみなどの悩みが出てくる人も少なくありません。エイジングケアを意識するなら、美容成分が入った洗顔料を選びましょう。

例えば、シミやくすみが気になる人には、ビタミンCやアルブチンなどの美白成分が配合されたものが向いています。

また、たるみが気になる人は、肌の弾力を保つのに欠かせないコラーゲンが配合された洗顔料を選んで、引き締め効果を狙うのもおすすめです。

目的のケアに合わせた洗浄成分を選ぶ

洗顔料を選ぶ際には、配合されている洗浄成分もチェックしましょう。肌のざらつきなど角質が気になる人には、AHAが配合されたものや酵素洗顔料が適しています。

また、毛穴の黒ずみや角栓が溜まることによる「いちご鼻」が気になる人には、クレイタイプや汚れを吸着する機能のあるものがおすすめです。

価格やコスパの良さで選ぼう

毎日使う洗顔料は、負担にならない価格のものを選ぶことも大切です。せっかく自分の肌に合っていても、高価すぎると使い続けられないので、予算に見合った価格のものを選びましょう。

また、一回に使用する量をもとに、コストパフォーマンスを考慮して選ぶことも重要です。価格が高すぎず、コスパも良いものなら、安心して使い続けられますね。

メンズ洗顔料人気ランキングTOP10!

ここからは、人気の洗顔料をランキングに沿って順番にご紹介します。数ある洗顔料のなかでも、多くの人に支持されているアイテムばかりです。

各洗顔料の個性や魅力をチェックして、自分にマッチするものを選んでくださいね。日々の洗顔を快適にして、なめらかで健やかな肌を手に入れましょう。

第10位 ファンケル メン フェイスウォッシュ(ファンケル)

ファンケルは1980年に創業して以来、香料や防腐剤などを使わない化粧品づくりに励んできました。
もともとは女性向けの化粧品の取り扱いが中心でしたが、最近ではメンズ商品もかなり充実しています。

「ファンケル メン フェイスウォッシュ」は、プッシュ式で泡状で出てくるので、泡立てる手間がありません。忙しい朝や疲れて早く休みたい夜も、スピーディーに洗顔できます。

きめ細かいホイップクリームのような泡が、汗や皮脂をしっかり洗い流します。一方で、必要なうるおいはキープしてくれるので、肌を健やかに整えられるのも人気の理由です。

肌タイプ:-
成分:グリセリン
形状:泡タイプ

参考価格 1,500円程度

第9位 オキシー ディープウォッシュ(ロート製薬)

日本を代表する製薬メーカー、ロート製薬の「オキシー ディープウォッシュ」。
ドラッグストアなどで購入しやすい市販のメンズ洗顔料で、製薬会社ならではの品質の高さが支持を集めています。

皮脂を吸着する超極小の炭と、洗浄力のあるスクラブをブレンドしているのが特徴です。
その炭とスクラブが毛穴の奥の汚れまでしっかり洗い流すので、さっぱりと気持ちいい使い上がりを体感できます。

また、配合されたセージエキスやアルゲエキスが肌をひきしめ、ほのかなゼラニウムの香りが心を癒してくれます。
スポーツを楽しんだあとに汗を流したい人や、オイリー肌が気になる男子学生にはとくにおすすめです。

肌タイプ:脂性肌
成分:セージエキス、アルゲエキス
形状:クリーム

参考価格 400円程度

第8位 ウーノ ホイップウォッシュ ブラック(資生堂)

資生堂の「ウーノ ホイップウォッシュ ブラック」は、オイリー肌の男性に人気の洗顔料です。
「ホイップ」の名のとおり、ぬるま湯を加えて手でこすりあわせると、モコモコとホイップクリームのような泡ができあがります。

面倒な手間がかからないのも、忙しくてスキンケアに時間をかけられない男性には嬉しいポイントです。

肌に密着した泡は、毛穴の奥の皮脂や汚れを素早く吸着します。その秘密は、洗顔料に配合された炭パウダー。これによって汚れを取り除き、肌をひきしめます。
グラウンドなど、埃っぽい場所でスポーツを楽しんだ後にもおすすめの洗顔料です。

肌タイプ:ニキビ、オイリー
成分:天然クレイ洗浄成分
形状:クリーム

参考価格 600円程度

第7位 ファースト クラッシュ 3-in-1(エイボン)

「ファースト クラッシュ 3-in-1」は、大人ニキビをケアしたい20代の男性におすすめの洗顔料です。化粧水や乳液の効果も期待でき、多くの人に人気があります。

配合されているサリチル酸が古い角質を取り除き、ニキビの原因のひとつと言われる毛穴の汚れと皮脂をしっかり洗い流します。これによりニキビトラブルを防ぎ、皮膚を健やかな状態に導きます。

高級な化粧水や乳液にも劣らない役割を果たすのは、グレープシードオイルなどの8つの天然植物成分です。
たっぷり配合されたこれらの成分が肌のうるおいをキープし、きめを整えてくれます。

肌タイプ:ニキビ
成分:グレープシードオイル
形状:クリームタイプ

参考価格 2,300円程度

第6位 フォーミング フェース ウォッシュ フォーメン(DHC)

顔の一部はべたつくのに、別の部分は乾燥するのが混合肌。このタイプの肌には、しっかりとしたケアが求められます。
その点、この洗顔料は混合肌と敏感肌を対象としているため、安心して使えます。

ワンプッシュで泡の状態で出せるので、泡立てる手間なくすぐに洗顔できます。慌ただしい朝の洗顔も、これなら面倒に感じずに済むでしょう。

古い角質や皮脂を泡で包み込んで落としますが、必要な皮脂はしっかり残します。高い保湿力の秘密は、チャ葉エキスやカミツレ花エキス。しっかり洗って、うるおいも保てる人気の洗顔料です。

肌タイプ:混合肌
成分:チャ葉エキス
形状:泡タイプ

参考価格 900円程度

第5位 無添加石けん 洗顔フォーム(ロゼット)

ナチュラル志向の人には、天然素材のひとつであるパームヤシを使った、石けん洗顔フォームがぴったりです。
香料や鉱物油、防腐剤、石油系界面活性剤、シリコンがすべて無添加なので、できるだけ肌に負担をかけたくない人にもおすすめします。

「石けん」と聞くと、泡立ちを心配する人も少なくありません。しかしこの洗顔フォームは、ぬるま湯で簡単にきめ細かく弾力のある泡を作れるので、強くこすらずに汚れを洗い落とせます。

泡で洗った後のすすぎも、泡切れが良くとてもさっぱりとした洗い上がりです。汚れを落としつつもうるおいを保ち、肌をやわらかく整えてくれます。

肌タイプ:敏感肌
成分:パームヤシ
形状:クリーム

参考価格 300円程度

第4位 ルシード 薬用オイルクリア洗顔フォーム(マンダム)

40代になっても、オイリー肌に悩む人は少なくありません。そんな人におすすめなのが、余分な皮脂をきれいに洗い流せる洗顔料です。

この商品に配合された皮脂溶解成分は、皮膚の表面だけでなく毛穴の奥に潜む皮脂も浮かせます。浮いた皮脂は高吸着パウダーで絡め取るので、強くこする必要はありません。

コエンザイムQ10や浸透性アミノ酸も配合されていて、水分バランスを整えてくれます。
これによって肌を清潔に保ち、健やかな状態をキープ。年齢を重ねても、若々しい印象を保ちたい人にぴったりの洗顔フォームです。

肌タイプ:オイリー肌
成分:コエンザイムQ10
形状:クリームタイプ

参考価格 300円程度

第3位 ダヴ クリーンコンフォート 泡洗顔 (ユニリーバ・ジャパン)

「ダヴ クリーンコンフォート 泡洗顔」は、30代、40代の大人の男性の肌にぴったりの洗顔料。特に、年齢を重ねて肌質が変化し、乾燥肌に悩むようになった人におすすめです。

マイクロモイスチャー成分を配合することで、洗いあがり後の肌をしっとりと保湿します。毎日のシェービングで必要な角質まで落としてしまっている人にも、この成分は有効です。

それだけでなく、高い洗浄力があるため、毛穴の汚れもしっかり落としてくれます。ボトルから泡状で出てくるので、素早く洗顔することができ、時間に追われるビジネスマンにも好評です。

肌タイプ:乾燥肌
成分:ココイルグリシンK
形状:泡タイプ

参考価格 500円程度

第2位 メンズアクネバリア 薬用ウォッシュ(石澤研究所)

20代の男性のニキビケアに特化した「メンズアクネバリア 薬用ウォッシュ」。ニキビのできている肌はとてもデリケートなので、コシのある泡で包むように洗いましょう。

泡の中に含まれるイソプロピルメチルフェノールとグリチルリチン酸ジカリウムには、殺菌作用と抗炎症作用があるのでニキビケア効果が期待できます。
洗いあがりもなめらかで、皮膚のきめも整えてくれます。

ほかにも天然成分のティーツリーオイルやラベンダー油、ユーカリ油などを配合。とくにティーツリーオイルは、すっきりとした天然の清涼剤として効果を発揮します。
使っていて心地よい洗顔料であることから、多くの男性に高い人気があります。

肌タイプ:ニキビ
成分:イソプロピルメチルフェノール
形状:クリーム

参考価格 1,400円程度

第1位 ニベアメン フェイスウォッシュフレッシュ(花王)

「ニベアメン フェイスウォッシュフレッシュ」は、クリームタイプの洗顔フォーム。とくに市販の泡立て用ネットを使うと、肌に吸い付くようななめらかでコシの強い泡が立ちます。

屋外で過ごすことの多い男性には、皮脂に悩む人も多いですが、オイリー肌に特化したこのアイテムなら安心して使えます。
その秘密は配合された皮脂吸着成分で、余分な皮脂を泡がしっかり取り除いてくれます。

爽やかなクールシトラスの香りに包まれ、自宅にいながらエステ気分を楽しめます。「毎日使うものは香りにまでこだわりたい」という人にもおすすめです。

肌タイプ:オイリー肌
成分:セリサイトアパタイト
形状:クリーム

参考価格 400円程度

上手な洗顔の仕方

上手な洗顔には、順番も大切なポイントです。まずは、手を洗って清潔な状態にしてから洗顔料を泡立てましょう。

続いて洗うのは、皮脂が分泌されやすいTゾーンと呼ばれる、おでこや鼻筋です。その後、頬や口元、目元を泡で包み込むように洗います。

最後にフェイスラインまで確実にすすいでください。すすぎが足りないとニキビや肌荒れの原因になることもあるので、注意が必要です。
仕上げはタオルで顔を押さえるように水分をオフ。決してこすりすぎないのが大切なポイントです。

メンズ洗顔料を使うときはここに注意!

洗顔料を使う際に気をつけたいのは、その頻度です。汗をかくたびに洗っていては、必要な皮脂まで洗い流してしまい、乾燥を招いてしまいます。
洗顔料で洗うのは朝と晩の2回程度にとどめ、洗いすぎないようにしましょう。

また、すすぎの際の水の温度も大切なポイントです。
37度を超える高い温度は一瞬さっぱりしたような錯覚を起こしますが、乾燥を招き、肌にとってはかえって負荷がかかります。健やかな肌を保つためには、30度から32度程度のぬるま湯を使うのが基本です。

おわりに

第一印象をアップするためには、服装以上に洗顔はとても大切です。明るく清潔感あふれる肌には、毎日のスキンケアが欠かせません。

ご紹介したヒントを参考に、自分にぴったりの洗顔料を選んで、これまで以上に自分を輝かせてくださいね。

男子のプレゼント 人気記事

「男子」の記事をもっと見る >>


男性のプレゼント 人気記事

「男性」の記事をもっと見る >>


年代から男性のプレゼントをさがす

イベントからプレゼントをさがす