焼印がキュート!匠の技が光る「ハートの箱入り 秋色最中」の開発秘話をインタビュー|秋色庵大坂家

焼印がキュート!匠の技が光る「ハートの箱入り 秋色最中」の開発秘話をインタビュー|秋色庵大坂家

出典 shinisetsuhan.net

サイトへの訪問者数がひと月に1,200万を上回るベストプレゼントの編集部が、贈った相手が絶対に喜ぶおすすめの贈り物をご紹介します!今回は、「ハートの箱入り 秋色最中」の開発秘話や味わった人の声などをインタビューしました。プレゼントする際に、ぜひ商品にまつわるエピソードも一緒に添えてみてください。

ハートの箱と焼印が目を引く美味しい最中の詰め合わせ

ハートの焼印がつけられた最中がハート型の箱に入ったおしゃれな詰め合わせ。キュートなこのお菓子は、どのようにして生まれたのでしょうか。

今回は「秋色最中(ハートの焼印:5個入)」の開発秘話を、秋色庵大坂家の若女将、倉本 朋実さんに伺いました。

魅力的な小箱に入った和菓子を開発したきっかけとは?

この商品が誕生したのは、長年お付き合いのある手作りの箱のメーカーさんが、可愛らしいハート型の箱のサンプルを見せてくださったことがきっかけでした。

個性の光る美しい見た目と、手仕事の細やかさにすっかり魅せられてしまい、当店のお菓子とのコラボレーションができないかと考えたのです。

こうして、新しい商品の開発がスタートしました。

試行錯誤の末にたどり着いた詰め合わせとさらなる工夫

商品開発で悩んだのは、箱に何を詰めるかという点でした。
箱の形が特殊なため入れられるものは限られてくるのですが、かといって箱の深さに合うものをただ入れるだけでは箱の良さを生かせません。
また箱を大きくすると、ラブリーな見た目が損なわれてしまいます。

試行錯誤を繰り返すうちに、当店の看板商品である秋色最中が一番しっくりくるというところにたどり着きました。

通常の秋色最中は皮が白、緑、茶色の三色ですが、この商品では茶色の皮をピンクに変え、さらにハートの焼印でアクセントを加えています。
なお、焼印やピンクの最中が入ったものはあらかじめご注文いただいたうえでお作りしております。

様々なシーンで喜ばれるハートの箱入り最中

当初、この商品はバレンタインデーやホワイトデー向けに販売していました。

しかし、ふたにメッセージや写真を入れてアレンジできるので、子供の成長の節目や、家族の記念日など様々なシーンの贈り物に向いていることが分かったのです。

それを教えてくださったのはお客様でした。
商品の活躍の場を広げてくださった皆様には、感謝の気持ちでいっぱいです。

プラスチックを使わずに作られた箱には手作りの温もりがあります。
お子様の宝物入れにしたり、お薬のような小さいものをまとめておくのに使ったりと、大切なものとともに長くおそばに置いていただけます。

上品な箱入り最中を手にした人の感想は?

お客様からは、

「すごく美味しい最中でした」

「箱が可愛くて、中のお菓子を食べた後は小物入れにしています」

「贈り物でいただいて嬉しかったので、自分も今度誰かにプレゼントしたいと思いました」

「入れ物のふたに写真をはさんで飾れるのが良かったです」

など、大変ご好評いただいております。

ご希望に応じて、事前に画像データをお預かりしてふたに細工することや、用途に合わせたカスタマイズも承っています。
皆様の幸せな思い出作りのお役にたてることは私たちの喜びです。ぜひお気軽にご相談くださいませ。

商品名:秋色庵大坂家 秋色最中(ハートの焼印:5個入)
価格:920円(税込)※2022年6月取材当時の価格

このアイテムを詳しく見る

▼秋色庵大坂家のSNSをチェック!

・Instagram https://www.instagram.com/syuushiki/

・Facebook https://www.facebook.com/wagashi.osakaya/

・Twitter https://twitter.com/syuushiki

「趣のあるお菓子と箱で、生活に彩りをプラスしてね」という思いを込めて

ベストプレゼント編集部

トレンド調査 ベストプレゼント編集部

「秋色最中(ハートの焼印:5個入)」は、江戸時代から続く老舗和菓子ブランドが手がける洗練された最中の味と、丁寧に手作りされた美しい箱が魅力です。
和菓子や和風のアイテムを好む人へ贈る、思い出に残るプレゼントとしておすすめします。

「美味しい最中を味わったあとは、きれいな箱に大切なものを入れて長く楽しんでね」という気持ちを込めて、身近な人へ贈ってみてはいかがでしょうか。

贈る人からプレゼントをさがす