ブランドスマホイヤホン人気ランキング2022!ソニーやJBLなどのおすすめプレゼントを紹介

ブランドスマホイヤホン人気ランキング2022!ソニーやJBLなどのおすすめプレゼントを紹介

通勤や通学で音楽をよく聴く人に、有名ブランドの高品質イヤホンは非常に喜ばれます。この記事ではそのような方にぴったりのブランドイヤホンを【2022年最新版】ランキングとして紹介しています。スマホイヤホンは、スポーツに適した防水のものや、騒音をカットしてくれるものなどさまざまな機能があるので、ニーズに合わせて選ぶことが重要です。ぜひこちらを参考に、相手の方にぴったりのアイテムを見つけてください。

ブランドスマホイヤホンがプレゼントに人気の理由や特徴は?

ブランドスマホイヤホンがプレゼントに人気の理由

  • 使用頻度が高いため、日常的に使ってもらえる可能性が高い
  • 付属イヤホンを使う人が多く、自分ではなかなか購入しない
  • 定期的に買い換えるアイテムのため、もらって困ることがない

スマホの普及により、通勤・通学中や休み時間などにイヤホンで音楽を楽しむ人は急増しています。スマホで音楽を聞く人にとって、イヤホンは非常に使用頻度の高いアイテムです。そのため、音質のよいイヤホンは日常に寄り添うアイテムとして頻繁に使ってもらえます。

ブランドのイヤホンはスマートフォン購入時に付いてくる付属イヤホンとは違い、音質に非常にこだわって作られており、初めて使う人にとってその違いは感動を覚えるほどです。さらにデザインもバリエーションが豊富で、ファッションアイテムとしても使うことができます。

しかし、よほど音質にこだわる人でない限り、わざわざ自分でブランドのイヤホンを購入する人は多くありません。だからこそプレゼントとして高級なイヤホンは非常に喜ばれ、感動を与えられるプレゼントとして、人気が高まっています。

また、すでに愛用しているという方でも、イヤホンは定期的に買い替えが必要な消耗品のため、いくら持っていても困ることがなく、プレゼントとして失敗の少ないアイテムでもあります。

ブランド スマホイヤホンのプレゼントの選び方は?

ブランドスマホイヤホンのプレゼントの選び方

  • 相手の方が普段使うシチュエーションに合わせて選ぶ
  • 音質にこだわる方には、機能面も重視する
  • 相手の方のファッションに合うデザインを選ぶ

ブランドスマホイヤホンをプレゼントとして選ぶ際に失敗しないためには、まず相手の方が普段どのようなシチュエーションでイヤホンを使用しているのかリサーチしましょう。一口にイヤホンと言っても、スポーツに適した防水のものや、騒音をカットしてくれるものなどさまざまな機能があり、ニーズに合わせて選ぶことが重要です。

また、普段からブランドイヤホンを使っている方は、音質にこだわりがある可能性があります。そのような方にとってもイヤホンは消耗品なので、もちろんプレゼントとして喜ばれます。さらに、好きなブランドや、好みの音楽なども調べておくと安心です。

加えて、イヤホンはファッションアイテムとしての一面も持っています。デザインや色のバリエーションも非常に多いため、相手の方のファッションに合わせて選びましょう。

ブランド スマホイヤホンをプレゼントするときの予算は?

ブランドスマホイヤホンは、安価なものでは1,500〜2,000円程度から、高価になると10,000〜15,000円と非常に幅広い価格帯ですが、プレゼントする時には3,000〜10,000円が相場です。

安価なブランドでいうと、エレコムやオーディオテクニカ、ソニーなどは2,000〜3,000円で音質も申し分ないコストパフォーマンスのよいアイテムを手に入れることができます。

高価なものになると、ビーツバイドクタードレーやシュアなどで7,000〜10,000円程度になりますが、その分さまざまな機能があったり、音質にこだわる本格志向の方も満足するアイテムを自信を持って贈ることができます。

【プレゼントに喜ばれるおしゃれなブランドスマホイヤホン 人気ランキングTOP12】

プレゼントに贈って喜ばれるスマホイヤホンをブランドごとにランキング形式で紹介します。それぞれのブランドの特徴や、どのような方に向いているかなどの情報とともにまとめているので、参考にしてください。

12

ビーツバイドクタードレー(Beats by Dr. Dre)

ビーツバイドクタードレーは、2006年にアメリカ、カリフォルニア州で設立されたビーツ・エレクトロニクスというオーディオ機器メーカーのブランドです。共同設立者であるHIPHOP界の敏腕プロデューサー、ドクター・ドレーの名を冠したブランドは、瞬く間に名が広まり、今ではアメリカを代表するブランドです。

設立者がHIPHOP界のプロデューサーということもあり、ビーツバイドクタードレーのイヤホンは、アーティスト目線で作られていることが特徴的です。音を伝える側が、どのように伝えたいかということを追求し、深みのある音が響くイヤホンは本格志向の方に圧倒的な支持を集めています。

やや高価ですが、アーティストが伝えたい音をそのまま聴くことができるという強みから、好きな音楽をじっくり聴きたい方に非常に喜ばれます。また、特徴的なロゴマークは、ファッション性が高く、10〜20代の若者にも、憧れのアイテムとして注目されています。

ビーツバイドクタードレー(Beats by Dr. Dre)を人気ランキング2022から探す

11

ソル・リパブリック(SOL REPUBLIC)

ソル・リパブリックは、2011年に設立された比較的新しいオーディオブランドで、アメリカのカリフォルニア州に拠点を置いています。多くのミュージシャン、アスリートとパートナーシップを結んでおり、コミュニティが存在するほど熱狂的なファンが存在している有名ブランドです。

他の多くのブランドが音質やデザインを重視する中、ソル・リパブリックは使う人の目線に立った製品作りをしており、アスリートにも愛される耐久性や、ストレスフリーな完全ワイヤレスのイヤホンなどが話題です。ハンズフリーマイクなど、音楽を聴く以外の機能も多く、まさにライフスタイルを充実させるイヤホンとして注目されています。

ソル・リパブリックのイヤホンはシンプルでどんなファッションにも馴染むデザインから、サラリーマンなどスーツを着る機会の多い方にも人気を集めています。また、シリコン素材を使用していたり、長時間使用していても楽な設計は、頻繁にイヤホンを使用する方に多く選ばれています。

ソル・リパブリック(SOL REPUBLIC)を人気ランキング2022から探す

10

スカルキャンディ(Skullcandy)

スカルキャンディは、2003年にアメリカで設立された、イヤホン、ヘッドホンブランドです。名前の通りドクロマークのロゴが特徴的で、アメリカではイヤホン販売数で1位になるほどの大人気ブランドです。近年日本でもその名が広まり、注目を集めています。

スカルキャンディのイヤホンの大きな魅力は、ファッションアイテムと言ってもいいほどのオシャレなイヤホンが豊富なことです。音楽を聴くためのアイテムという概念ではなく、イヤホンをつけている姿にフォーカスしたデザインが注目されています。

デザインの豊富さとファッション性の高さから、若い年代に非常に人気のブランドで、イヤホンをおしゃれの一部として捉えている方には最適なブランドです。音質も、多くのブランドが音楽を忠実に再現することを重視するなか、聴きやすい音を重視しており、音楽を気軽に楽みたい方におすすめのプレゼントです。

スカルキャンディ(Skullcandy)を人気ランキング2022から探す

9

オンキヨー(ONKYO)

オンキヨーは1946年に、ダイナミックな国産スピーカーを作りたいという想いのもと、当時は大阪電気音響という名前で設立されました。コンポを中心にその名が知られ、今では日本を代表する老舗オーディオブランドとして知られています。

オンキヨーのイヤホンの大きな特徴は、螺旋状に作られたイヤホンコードです。螺旋状のイヤホンコードは他のブランドにはない独自のもので、その形状からカバンの中やポケットに無造作に入れても、絡まりにくく快適に使用できます。

また、オンキヨーのイヤホンのデザインの多くは、他のイヤホンでよく採用されているカナル型と異なり、インナーイヤー開放型と呼ばれる独特な形状をしています。この形状によって、イヤホンにありがちな装着時の閉塞感はなく快適に使用できるため、楽に使いたい方には特に人気のイヤホンです。

オンキヨー(ONKYO)を人気ランキング2022から探す

8

ゼロオーディオ(ZERO AUDIO)

ゼロオーディオとは、京都にある協和ハーモネットという会社が立ち上げた、新興のオリジナルブランドです。歴史の浅い若い会社でありながら、コストパフォーマンスの良さから、高い人気を誇っています。

ゼロオーディオの魅力は、安価で高音質なイヤホンを手に入れることができるというところです。ゼロオーディオのイヤホンは、価格が3,000円でも実力は20,000円台に相当すると言われるほど、コストパフォーマンスの良いアイテムを揃えています。

最近では音楽に携わるプロも選ぶアイテムとして雑誌にも掲載されているので、最新の優れたイヤホンを求めている方にはおすすめのブランドです。デザインも好き嫌いが別れにくいシンプルなものが多く、どのアイテムを選んでも安心して贈ることができます。

ゼロオーディオ(ZERO AUDIO)を人気ランキング2022から探す

7

JVCケンウッド(JVC KENWOOD)

JVCケンウッドは、神奈川県に本社がある映像機器、音響機器、無線のメーカーです。映像機器で有名なビクターの日本法人と株式会社ケンウッドが統合して生まれたメーカーで、今では世界共通のJVCというブランドでオーディオ製品を生み出しています。

JVCケンウッドのイヤホンは、音のバランスが良い点が魅力です。日本製品の強みである細部まで行き届いた設計で、特に重低音の再現に優れています。製品自体のデザインも豊富で、相手の方の好みに合わせたイヤホンを選ぶことも難しくありません。

音質の面では、通常紙を使用するスピーカー部分に木を使用していることで、深みのある音質再現が可能となっており、これは他社のイヤホンにない魅力で、特別感を重視する方に非常に喜ばれます。価格も比較的安価で、低予算でも相手の方に満足してもらえるアイテムをプレゼントすることができます。

JVCケンウッド(JVC KENWOOD)を人気ランキング2022から探す

6

ジェイ ビー エル(JBL)

ジェイ ビー エルは1946年にアメリカ、カリフォルニア州で設立された、世界有数のスピーカー製造ブランドです。スピーカ製造で長い歴史ある老舗で、世界中にファンが存在します。

元がスピーカーブランドということもあり、イヤホンにはなかなかない、まるで迫ってくるような独特な音質を再現するイヤホンが特徴的です。ブランドの知名度はもとより、Bluetoothなどの最新機能にも対応しており、機能面でも人気を集めています。

有名ブランドの、高級感のあるものが好きという方には、ジェイ ビー エルのイヤホンが最適です。世界中に根強いファンおり、そのロゴが刻印されたイヤホンは、ブランドを重視する方にも好まれます。歴史ある会社ならではの上質なものを作る姿勢により、イヤホンの耐久性も申し分なく長く愛用してもらえます。

ジェイ ビー エル(JBL)を人気ランキング2022から探す

5

フィリップス(Philips)

フィリップスは1891年に創業された、オランダを本社とする世界的な総合家電メーカーです。日本でも男性用電動シェーバーなど、生活家電でよく知られています。

日本では生活家電が有名なブランドですが、CDプレーヤーなどオーディオ関連でもその実績が高く評価されています。そのノウハウを活かしたフィリップスのイヤホンは、まるで生演奏を聴いているかのような音色に定評があります。「ゴールデンイヤー」と呼ばれる、音のスペシャリストが作り上げるイヤホンは、楽器の音を重点に聴きたい方にもおすすめです。

こだわりの詰まった高い品質でありながら、安価で手に入ることも大きな魅力です。代表的なイヤホンSHE9710は3,000円程度で本格的な音を楽しむことができ、コストパフォーマンスの良いイヤホンの定番となっています。

フィリップス(Philips)を人気ランキング2022から探す

4

シュア(Shure)

シュアは、1925年にアメリカで設立された音響機材メーカーです。イヤホンコードを耳の後ろに回してかけるシュア掛けの名前の由来となるほどで、まさに音響機器を引っ張ってきた存在です。

シュアは音響機器の専門として古くから続いており、その歴史に裏付けられた高い品質が、人気ブランドとしてのシュアを支えています。プロのアーティストがライブやイベントでも使用するほど、音質にも耐久性にも優れたイヤホンは、本物の音にこだわる方におすすめです。

シュアのイヤホンは遮音性に優れており、周りの雑音を気にせず音楽を楽しみたいという方にぴったりです。やや高価ではありますが、その価格を裏切らないプロクオリティの音質は、本物志向の方に喜ばれます。

シュア(Shure)を人気ランキング2022から探す

3

エレコム(ELECOM)

エレコムは1986年にパソコン周辺機器のメーカーとして設立されました。現在もオーディオ機器はもちろん、パソコン周辺機器も不動の人気を誇っています。

もともとパソコン周辺機器のメーカーであるため、実用性を追求してきた強みを活かした機能的なアイテムが魅力です。比較的低価格でありながら、スマホに付属のイヤホンと比べしっかりと音質の違いを感じることができます。

ハイレゾと呼ばれる、近年話題の高音質に対応したイヤホンでも5000円台と安価で手に入れることができるため、プレゼントとしても非常に選びやすい価格です。さらにデザインも高級感があるため、価格以上の価値を感じさせるイヤホンとしておすすめです。

エレコム(ELECOM)を人気ランキング2022から探す

2

オーディオテクニカ(audio-technica)

オーディオテクニカは1962年創業の日本の音響機材メーカーです。家庭用のイヤホンやスピーカーから、プロ用のマイク、ケーブルまで幅広く手がけています。

オーディオテクニカのイヤホンは特に重低音にこだわって作られていることが特徴的です。低音を強調するため、クラブのように響く音楽も臨場感があり人気を集めています。

デザインもシンプルなものが中心で、好き嫌いが別れにくい作りは幅広い年代の男性によく選ばれています。シンプルでありながら、最先端の技術を用いた音質やデザインのイヤホンは、こだわりの強い男性にも喜ばれます。

オーディオテクニカ(audio-technica)を人気ランキング2022から探す

1

ソニー(SONY)

ソニーは、1946年に創業され、ウォークマンの発売により、音楽を身近に楽しむ文化の先駆けとして世界中にその名が知られている人気メーカーです。

イヤホンにおいても先駆者の名にふさわしく、クオリティが高く低音にも高音にも強い製品が多く、音質にこだわる方のニーズにも応えることができます。また、ノイズキャンセリング機能など、外でも快適に音楽を楽しむための機能にもこだわっており、多機能なイヤホンとして定評があります。

ソニーの製品は、日本で非常によく知られておりネームバリューがあることや、デザインのバリエーションに富んでいることなどから、イヤホン初心者の方にも安心して贈ることができます。どなたにも好まれるバランスのよい音質ため、普段イヤホンにあまりこだわらない方にもその良さを実感してもらいやすいと言えます。

ソニー(SONY)を人気ランキング2022から探す

おしゃれなブランドスマホイヤホン一覧

商品画像 ソニー(SONY)
1
オーディオテクニカ(audio-technica)
2
エレコム(ELECOM)
3
シュア(Shure)
4
フィリップス(Philips)
5
ジェイ ビー エル(JBL)
6
JVCケンウッド(JVC KENWOOD)
7
ゼロオーディオ(ZERO AUDIO)
8
オンキヨー(ONKYO)
9
スカルキャンディ(Skullcandy)
10
ソル・リパブリック(SOL REPUBLIC)
11
ビーツバイドクタードレー(Beats by Dr. Dre)
12
商品名 ソニー(SONY) オーディオテクニカ(audio-technica) エレコム(ELECOM) シュア(Shure) フィリップス(Philips) ジェイ ビー エル(JBL) JVCケンウッド(JVC KENWOOD) ゼロオーディオ(ZERO AUDIO) オンキヨー(ONKYO) スカルキャンディ(Skullcandy) ソル・リパブリック(SOL REPUBLIC) ビーツバイドクタードレー(Beats by Dr. Dre)
価格 5,700円(税込) 5,000円(税込) 3,200円(税込) 13,000円(税込) 5,100円(税込) 5,400円(税込) 5,500円(税込) 7,900円(税込) 13,200円(税込) 5,100円(税込) 7,400円(税込) 9,800円(税込)
詳細
編集部からのコメント

付属品よりおしゃれで機能も充実しているブランドスマホイヤホンはプレゼントにぴったりです。

ブランドスマホイヤホンは音質もファッション性にも優れており、普段付属品のイヤホンを使っている人には感動も贈ることができ、喜ばれるプレゼントです。ブランドごとにの特徴もさまざまなため、この記事を参考に、ぜひ相手の方のライフスタイルにぴったりのイヤホンを贈りましょう。

贈る人からプレゼントをさがす