話題の人をダメにするソファ人気ブランドランキングTOP10【2018年最新版】

話題の人をダメにするソファ人気ブランドランキングTOP10【2018年最新版】

ホッとひと息つきたいリラックスタイムを、快適にアシストするインテリアとして人気を集めているのが“人をダメにするソファ”です。おうち時間が大好きな編集部が、webアンケート調査などに基づき、大人気アイテムばかりを厳選し取りそろえました。癒やしを求めている人におすすめの、リアルなランキングTOP10をご紹介します。

いい感じに脱力!ダメになってしまう極楽クッション

「あぐらをかいてテレビをゆっくり観たい」「ゴロ寝して猫とじゃれ合いたい」、オフタイムのリラックス方法は人それぞれ。
自由に持ち運びができ、体勢に合わせて形を変えられるソファがあれば、完璧な癒やしの時間を過ごすことができます。

“人をダメにするソファ”はそれを叶える夢のアイテムとして、多くの人から熱いまなざしを集めています。大人も癒やす、ごほうびのようなソファで元気をチャージしましょう。

心を緩ませるベストなソファに出会うために、知っておきたい選び方とコツ、おすすめソファをご紹介します!

癒されたい人必見!人をダメにするソファの選び方

目的に合わせたフィット感でビーズサイズを選ぶ

人をダメにするソファのフィット感の秘密は、中身のビーズのサイズにあります。
ビーズの大きさによって座り心地が変わるので、自分がどのような姿勢でくつろぎたいのかを考えて、セレクトしてください。

リラックス感を重視するなら極小ビーズ

人をダメにするソファに座ったときに、より高いリラックス効果を求めるなら、粒の大きさが1mm以下のマイクロビーズがおすすめです。小さいものだと0.5mmのビーズもあります。

ソファ本体の内部で、きめ細やかなビーズが流れるように移動するため、体重をかけると程よく沈み、独特のもっちりとした弾力が生まれます。

体をソファにあずけると、まるで無重力空間にいるような究極のリラックス感を味わえます。

しっかり座りたいなら大きめビーズ

やや固めの座り心地を求める人や、座椅子のように使いたい人は、ソファの固さで選ぶことが重要です。ソファの固さは、ビーズサイズによって変わるので注意して選びましょう。

固めのソファを求めるときには、ビーズの粒のサイズが1mm以上を目安にするのがおすすめです。
大きいビーズサイズのソファは座り心地にコシが出ます。寄りかかったときに体をしっかり支えてくれる、頼もしい存在になるでしょう。

壁にもたれかけなくてもしっかりとした背もたれを作ってくれるので、読書やDVD鑑賞するときにも適しています。

用途に合わせたサイズを選ぼう

人をダメにするソファの選び方で、気をつけたいのがサイズです。くつろぎたい一心で買ったソファが用途に合った大きさでなければ、使い勝手も半減してしまいます。

寝っ転がりたいのか、腰掛けたいのか、「こういうふうにダメになりたい」と自分がくつろいでいる姿をイメージできるようなセレクトをしましょう。

座るタイプは置き場所に合ったサイズ

限りある部屋面積では、あまりに大きすぎると圧迫感が出てしまいます。置いておいても邪魔にならないサイズかどうか、購入前のチェックを怠らないようにしましょう。

床に座ってくつろぐスタイルには、ローテーブルや座卓との相性も重要です。自宅のテーブルと高さが合う厚みであれば、座椅子がわりになり便利さが格段にアップします。

また、こたつが登場する冬のレイアウトを想定しておくのもおすすめです。体をすっぽり包むサイズ感を選ぶことで、冷気をシャットアウトでき、暖をとるのに役立ちます。

寝っ転がるタイプは60cm以上がおすすめ

ふかふかのラグを敷いて人をダメにするソファを置けば、そこはもう「楽園」という名のシェルターです。いちど包まれたら「もう動きたくない」と無条件にダメにしてくれるでしょう。

大人が寝っ転がって満足するには、ある程度の長さが必要。具体的には60cm以上がおすすめです。正方形だと大きすぎると感じるなら、横長の形を選んでもいいですね。

長さのあるタイプは椅子にもなり、フレキシブルに活用できます。

デザインにも注目!お気に入りの形状を見つけよう

人をダメにするソファのデザインはメーカーやモデルによって様々です。

店頭で座って確かめるのがいちばんですが、形ごとに適した使い方やくつろぎ体勢があるので、選ぶヒントにしてください。口コミを参考にするのもおすすめです。

スクエア型

シンプル&モダンにもマッチするソファなら、見た目のシャープさを持ちあわせたスクエア型が人気です。ビーズ入りのソファといえばこの形を思い描く人も多いでしょう。

スクエア型は角があるため、手でつまみやすくソファを持って室内を移動するときに便利です。

また、角の部分を上にして座ると、角度によって体を支える面積をより広くすることができるというメリットがあります。体全体をゆったりとあずけたい人や、体が大きい男性にもおすすめです。

スツール型

部屋に置くだけで、目を惹くアクセントになるのがスツール型です。切り株のようなコロンとしたフォルムは、インテリアにこだわりをもっている人によく選ばれています。

サークル形状の面を上にして座るか、側面を上にして座るかで全く異なる快適さを味わえます。意外な2面性に驚き、「一石二鳥!」と即買いする人も多いです。

おしゃれな見た目と、ひとひねりある機能性のバランスを楽しむことができます。

丸型・卵型

オブジェのような佇まいと、座ったときのビジュアルがなんともフォトジェニック。「小さくてもカワイイ!」を目指すなら、丸型・卵型タイプを断然おすすめします。

小さな子どもが何人もいる家庭だと、ダメになりたい大人を差し置いてソファの取り合いになってしまいがちです。この形なら、小さなサイズをいくつかそろえても可愛くまとまり取り合いもなくなります。

真上から腰を下ろして沈むように座ると、丸型・卵型の形状を活かすことができます。腰全体をホールドし、自然と足が上に向くので、血行が良くなり疲れがとれやすくなると好評です。

背もたれ付き

開発段階から「読書」や「映画鑑賞」時の使用を想定して作られているのが背もたれ付きタイプ。自分だけの指定席にぴったりの贅沢な仕様です。

ソファ単体で自立するのが特徴で、しっかりと体を支えてくれるホールド感には頼もしさがあります。カバーの生地もハリがありしっかりしているものが多く、ずれにくく座りやすい工夫がされています。

「シングルソファを置くほどの広さはないけれど、質の高い確かな座り心地が欲しい」という人におすすめの形です。

カバーの種類にもこだわろう

インテリアの一部として部屋になじませるには、カバー選びが重要です。
部屋の雰囲気に合ったカラーリングはもちろん、素材にもこだわって選ぶと満足度の高いセレクトができます。肌に触れる機会が多いアイテムなので、肌触りにも注目してくださいね。

部屋のインテリアに合う色をセレクト

人をダメにするソファは大きさとその独特なフォルムから、部屋にあるだけで絶大な存在感を放ちます。

置いても違和感がないようにするには色選びが大切。もともとの基調とする部屋の色に合ったカラーなら、他のインテリアとの統一感が出ておしゃれにまとまります。

また、なじむ色にこだわらず、「アクセントになる色」を選ぶのも一案です。カラーバリエーションが豊富なので、思い通りにセレクトできます。

カバー素材は好みの肌触りで選ぶ

人をダメにするソファのカバーにはさまざまな素材が使われています。素材ごとの特徴をおさえて、自分好みのカバー素材を使ったソファを見つけましょう。

ニット
抜群のやわらかい肌触りが魅力で、敏感肌の人や子どもにもおすすめ。伸びがよくスムーズな変形を叶えます。

ナイロン
さらさらの質感で季節を選ばず使えます。毛玉ができにくく、耐久性と耐摩耗性に優れています。

デニム
「男前インテリア」にも似合う、こなれた雰囲気を演出します。おしゃれさ重視なら見逃せません。

ポリエステル
とにかくよく伸び、「もっちり感」を強調する人気の素材。なめらかな手触りもリラックスシーンによく合います。

心地良く使い続けるためには?

人をダメにするクッションは、「いちど座ったらもう手放せなくなる!」と多くの人を虜にしてきました。

そのもっちりとした快適な座り心地をなるべくキープするにはコツがあります。長く使用していくためには、製品に適した方法でお手入れするのがおすすめです。

カバーが外せるタイプは洗濯が簡単!

人をダメにするソファは体にフィットするので、いつでも清潔に使い続けたいアイテムです。特に小さい子どもがいる家庭ではクッションを汚しやすく、まめな洗濯が必要となります。

そのため、脱着可能なカバーリングタイプは、自宅で気軽に洗濯ができることから大変人気があります。

なお、繰り返しの洗濯によって、カバーの生地が劣化したりほつれてきたら交換時期です。交換用カバーを購入してリフレッシュしましょう。

へたりには詰め替え用ビーズがおすすめ

このようなソファに体をあずけるとダメになってしまう人が多いので、ついつい長い時間座りがち。時間が経つにつれて中身のビーズがへたり、ソファ本体が少しづつボリュームダウンしてしまいます。

少しでもソファのへたりを感じたら、「詰め替え用ビーズ」の補充をおすすめします。豊富な種類の中でも、ビーズを詰め替えられるものはメンテナンス性が高く長持ちさせられます。

ビーズを補充すればふっくら感はすっかり元通りです。買い替えるよりも経済的なので、購入時は詰め替えができるかどうかもチェックしてくださいね。

人をダメにするソファ人気ブランドランキングTOP10!

固さやビーズの大きさなど、座り心地の良いソファクッションを選ぶためのポイントはたくさんあります。

そこで、「人をダメにするソファ」として人気のソファランキングをご紹介します。座ったらもう動けなくなってしまうほどの、とろけるような極上な座り心地をぜひ体感してみてください。

また、選ぶときにはインテリアに馴染むよう、その見た目にもこだわりましょう。

第10位 ひんやり Q-max (エムール)

ひんやり生地のカバーで暑い時期におすすめなのが、エムールのキューブ型ビーズクッション「ひんやり Q-max」です。
熱がこもりがちなビーズクッションを、夏も快適にソファとして使うことができます。

触ると冷たさが感じられるカバーは爽やかなターコイズとモスグリーンの2色で、インテリアに彩りを与えます。取り外して洗濯できるので、汗や食べこぼしが付いてしまったときも安心です。

また、中に入っているこだわりのビーズのおかげで、ボリューム感と弾力性は抜群。ビーズがさらさらと流れて、座る人の動きにフィットしてくれます。

【ビーズの大きさ】-
【サイズ】約55×55×35cm
【ビーズの詰め替え】-
【カバーの取り外し】◯

参考価格 15,000円程度

第9位 人をダメにするクッション 正方形 日本製 L (アイリスオーヤマ)

家族で争奪戦が起こるほど人気なのが、アイリスオーヤマの人をダメにするクッションです。
体を優しく包み込んでくれるような座り心地で、「想像以上に気持ちいい!ダメになる理由がわかる」とAmazonの口コミでも高い評価を得ています。

このクッションのカバーは汚してしまったときには手軽に洗濯できる、取り外せるタイプです。そのため、汗だくになってしまう夏も清潔に気持ち良く使うことができます。

さらに、極小ビーズのおかげで体によくなじみ、長時間でも疲れずに座っていられます。気持ち良く寝転がれるので、子供やペットを寝かせるのに使っている人も多いです。

【ビーズの大きさ】0.5mm
【サイズ】約65×65×43cm
【ビーズの詰め替え】-
【カバーの取り外し】◯

参考価格 13,000円程度

第8位 人をダメにするソファ 食パンタイプ Lサイズ(セルタン)

ふわふわとした大きな食パンに埋もれて眠りたい、そんな人におすすめなのがセルタンの「人をダメにするソファ 食パンタイプ」。ふかふかのパンに包まれながらリラックスタイムを楽しめます。

「かわいらしいデザインで子どもも大喜び!」とAmazonの口コミでも評価の高いこのクッションは、子ども用のソファにもぴったりです。
ユニークなデザインは、子ども部屋やリビングのインテリアとしてもかわいく彩ってくれます。

また、カバーは取り外して洗濯できるので、いつでも清潔に使うことができます。もうひとまわり大きいサイズや小さいサイズもあるので、家族皆で仲良く使ってくださいね。

【ビーズの大きさ】-
【サイズ】約67×63×45cm
【ビーズの詰め替え】-
【カバーの取り外し】◯

参考価格 12,000円程度

第7位 ビーズクッション BS30-5540(山善)

大人のインテリアにぴったりなクッションを探している人には、山善のビーズクッションがぴったり。シックなカラーやチェックのカバーで、インテリアに馴染みやすいのがこのアイテムの魅力です。

中に極小サイズのビーズがぎっしりと詰まっており、座り方に合わせてクッションのフォルムが変化します。ふわふわな座り心地で、長時間の映画鑑賞や読書でも疲れにくいです。

大きいサイズのため、置き方によってはクッションとしてだけでなく、椅子のようにも使うことができます。
また、ふたつ繋げてソファのように贅沢に寝転がるのもおすすめの使い方です。

【ビーズの大きさ】0.6-0.8mm
【サイズ】約55×55×40cm
【ビーズの詰め替え】-
【カバーの取り外し】○

参考価格 5,000円程度

第6位 人を神にするソファ 0-Gravity XXXLサイズ(収納家具のイー・ユニット)

インパクトのある名前で注目を集めているのが、収納家具のイー・ユニットの「人を神にするソファ 0-Gravity」。変わった見た目のクッションですが、安心と信頼のある日本製です。

このクッションなら、置き方を変えて、うつぶせ、正座、あぐらと好きな座り方ができます。
絶妙なカーブで座り心地抜群の椅子にもなるので、ゲームや映画鑑賞を楽しみたいときにもおすすめです。

さらに、全身にフィットする大きいサイズのため、楽に寝転がることができます。1日の疲れを取りたいときや、リラックスして趣味を満喫したい週末に活躍してくれるソファです。

【ビーズの大きさ】5mm
【サイズ】約56×93×50cm
【ビーズの詰め替え】-
【カバーの取り外し】-

参考価格 19,000円程度

第5位 ソラミクッション モック(ハナロロ)

水も油もはじいてくれるナイロン素材のカバーで、室内はもちろん、アウトドアにもぴったりなハナロロの「ソラミクッション モック」。
カラーはマスタードとカーキで、リビングやテントをおしゃれに彩ってくれます。

とってもなめらかな座り心地のポイントは、補充も簡単にできる1mmビーズにあります。
体に合わせて動いてくれるうえ、好みに合わせてビーズを減らしたり補充したりできるのも選ばれているポイントです。

大きいサイズのクッションで、ソファのようにゆったりとくつろぐことができます。家でも外でもお気に入りのアイテムでリラックスしたい人におすすめです。

【ビーズの大きさ】1mm
【サイズ】約135×70×20cm
【ビーズの詰め替え】○
【カバーの取り外し】○

参考価格 15,800円程度

第4位 アースカラーキューブチェア LサイズPCM-6512T(フレックス販売)

シンプルなカラーでどんなインテリアにも馴染むと人気なのが、フレックス販売の「アースカラーキューブチェア」です。華やかなワインレッドや、落ちいた雰囲気のブラウンがあります。

このアイテムには、包みこむような座り心地の伸びない生地の面と、椅子のようにしっかりと座れる伸びる生地の面があります。
そのため、好みに合わせてリラックスして座れると、Amazonでも評判のアイテムです。

もっちりとした触り心地と大きめのサイズで、子どもやペット用のソファとしてもおすすめします。
カバーを外して洗濯できるので、いつでも清潔に使えるのも選ばれているポイントです。

【ビーズの大きさ】0.5mm
【サイズ】約65×65×43cm
【ビーズの詰め替え】○
【カバーの取り外し】○

参考価格 10,600円程度

第3位 Yogibo Max(ヨギボー)

おしゃれに使える2人用ソファをお探しの人におすすめなのが、ヨギボーの「Yogibo Max」です。このソファなら、気分に合わせて使いたいスタイルで座ることができます。

このアイテムは、ソファにベッド、さらに背もたれつきの椅子にもなる優れものです。大きいサイズなので、ゆったりとくつろぎながら読書やテレビ観賞を楽しめます。

カバーはコットンとポリウレタンでできているので、柔らかくよく伸びて座り心地抜群です。
ポップな色遣いが特徴のヨギボーらしい鮮やかな色がたくさんあるので、インテリアや好みにあったものを見つけてくださいね。

【ビーズの大きさ】-
【サイズ】約170×70×48cm
【ビーズの詰め替え】○
【カバーの取り外し】○

参考価格 33,000円程度

第2位 Nストレッチ 大(ニトリ)

使いやすい家具の定番、ニトリで注目を集めているソファが「Nストレッチ」です。椅子のように腰かけるだけでなく、大きめのソファの前に置いてフットレストとしても使うことができます。

このクッションソファには、「こたつ用の椅子として使っている」というコメントも多く寄せられています。高さが合わないと感じる人には、同じアイテムの小さいサイズをおすすめします。

このクッションを使うときには、ポリエステルと綿でできた別売りの専用カバーが必要です。好きな色のカバーを選んで、おしゃれにリラックスタイムを楽しんでくださいね。

【ビーズの大きさ】1mm、3~5mm
【サイズ】約65×65×45cm
【ビーズの詰め替え】○
【カバーの取り外し】○

参考価格 8,700円程度

第1位 体にフィットするソファ 65×45(無印良品)

無印良品は、品質の良い雑貨が揃っているとファンの多いブランドです。
なかでも、柔らかい面と固い面があるおかげで、置き方によって異なる座り方ができる「体にフィットするソファ」が人気を集めています。

固い面は深く包み込まれて昼寝をしたいときに、柔らかい面はしっかりと姿勢を保って読書やテレビ観賞をしたいときにぴったりです。
手軽に置き方を変えられるので、好きな座り方を自由に楽しめます。

また、カバーは別売り(4,990円)で、ニットやデニム素材など好きなものを選ぶことができます。さらにミニサイズもあるので、お揃いのカバーで組み合わせて使うのもおすすめです。

【ビーズの大きさ】-
【サイズ】約65×65×43cm
【ビーズの詰め替え】-
【カバーの取り外し】○

参考価格 12,600円程度

へたってきたら詰め替えビーズで復活!

体へのフィット感が人気の人をダメにするソファは、抜群の座り心地で子どもからペット、大人まで家族皆で楽しく使えるアイテムです。

しかし、何年も愛用していると中身のビーズがつぶれてしまい、クッション自体がへたってしまいます。
そこで、お気に入りのソファを長く使いたい人には、ビーズを補充できるタイプのアイテムがおすすめです。

補充用ビーズ 0.3-0.5mm(ニトリ)

人をダメにするソファを長く使っていると、へたってしまい、中身を補充したくなってきます。
また、もっとビーズを増やしてフィットする座り心地を体感したいときにも便利なのが、補充用ビーズです。

ニトリの補充用ビーズは流動性の高い極小サイズなので、まるで体に吸い付いてくるような感触を楽しむことができます。さらに、弾力性も増すと好評です。

手頃な価格で購入できるので、ソファのフィット感を調整したいときにもおすすめします。ただし、こぼさずに入れるのが難しいので、説明書を見ながらふたり以上で作業してくださいね。

参考価格 1,000円程度

ソファをきれいに使うためにはお手入れも大事

人をダメにするソファは、家族皆が寝転がって使うものなので、清潔に長く使いたいですね。そのためには、手軽に洗濯できるタイプがおすすめです。

カバーを取り外せるタイプの多くは、ネットに入れて洗濯機で洗うことができます。
また、ずっと大切にしたい人や、気になる汚れがあるときには、優しく手洗いをしてください。洗った後はカビを防ぐため、しっかりと乾燥させてから使いましょう。

愛用した後は適切な処分方法を

大切に使って役目をまっとうしてくれたソファは、正しい方法で処分しましょう。
ソファの大きさや、住んでいる地域によって可燃ゴミか粗大ゴミかが変わってくるので、確認が必要です。

また、中に詰められたビーズが発泡スチロール製の場合、資源ごみとして捨てられる地域もあります。
なお、ソファからビーズを取りだすときは、こぼれると片付けが大変なので風のない状態で行うのがおすすめです。

おわりに

座り心地はもちろん、見た目も素敵なソファやクッションがあれば、リラックスタイムをより楽しむことができます。
特に、洗えていつでも清潔に使うことができるタイプがおすすめです。

ぜひ、人気の人をダメにするソファの特徴を比較して、ご自宅にあったアイテムを見つけてくださいね。

インテリア雑貨のプレゼント 人気記事

「インテリア雑貨」の記事をもっと見る >>


男性のプレゼント 人気記事

「男性」の記事をもっと見る >>


女性のプレゼント 人気記事

「女性」の記事をもっと見る >>


贈る人から男性のプレゼントをさがす

イベントからプレゼントをさがす