紫外線吸収剤不使用の日焼け止めおすすめランキングTOP10!肌が弱い人にも人気!

紫外線吸収剤不使用の日焼け止めおすすめランキングTOP10!肌が弱い人にも人気!

夏には欠かせない日焼け止め。とくに、紫外線吸収剤不使用のものが最近注目を集めています。そこで今回は、編集部がwebアンケ-トなどを元に厳選した紫外線吸収剤不使用の日焼け止め10点をランキングでご紹介します。さらに、日焼け止めの基礎知識や選び方についても詳しくまとめました。ぴったりのものを見つけて、強い日差しから肌を守ってください。

肌にやさしい紫外線吸収剤不使用の日焼け止めを選ぼう!

日焼けはしみやしわの原因になると言われており、とくに女性にとっては気になるポイント。
しかし、日焼け止めには紫外線吸収剤や化学物質など、肌の刺激になりやすいものが含まれています。

そこで、人気を集めているのが紫外線吸収剤不使用の日焼け止めです。肌への負担が少なく、子どもでも使える日焼け止めもあります。

紫外線吸収剤とは?

紫外線吸収剤とは、紫外線が肌にとどく前に吸収して化学反応を起こすことで、日焼けを防ぐ成分です。化学変化の内容は物質によって違いますが、熱が発生したり成分が変化したりします。

日焼け止めの他の成分と馴染みやすいのでよく配合される成分ですが、この化学変化が肌への負担になりやすいと言われている原因です。

紫外線吸収剤のメリット・デメリット

紫外線吸収剤のメリットは、紫外線を防ぐ効果が高い点です。さらに、付け心地が良いので、毎日塗る手間が少なく感じるという声も多く聞かれます。

デメリットは、肌の弱い人には刺激になることがある点です。とくに敏感肌の人は、注意して選びましょう。

紫外線散乱剤のメリット・デメリット

最近は、紫外線散乱剤という成分が人気を集めています。メリットは、天然成分を使っているものが多いので、敏感肌の人でも肌トラブルが少ない点にあります。

デメリットは、紫外線吸収剤に比べて使用感が良くないことが多い点です。毎日手軽に使いたいと思っている人は、マイナスに感じる可能性があります。

紫外線吸収剤はこの成分に注意!

一般的に販売されている人気の日焼け止めが、どれも紫外線吸収剤不使用とは限りません。
紫外線吸収剤には多くの種類があり、パッケージ裏の成分表に記載されています。
細かいポイントですが、成分表にはなんと書かれているか、購入前に確認しましょう。

紫外線吸収剤不使用の日焼け止めの選び方

表示をよくチェックする

紫外線吸収剤不使用の日焼け止めを選ぶときには、パッケージに書いてある表示をよくチェックしましょう。
主な成分は表側に書いてあることもありますが、詳しい成分は裏側に書いてあるので、購入する前にしっかり確認することをおすすめします。

また、紫外線吸収剤のほかにも、防腐剤やシリコンなど含まれていない方が望ましい成分があります。そういった点も含めて、表示をよくチェックしてください。

成分表にはなんと書かれているかチェック!

紫外線吸収剤によく使われている成分を覚えておくと、買うときに失敗することが少なくなります。主に使われている成分は、メトキシケイヒ酸エチルヘキシルです。

また、紫外線吸収剤を使っていないという意味でノンケミカルと表示している日焼け止めもあります。
裏の成分表まで確認する時間がないときには、「ノンケミカル」と書かれているものを選ぶのをおすすめします。

その他の成分にも注目する

紫外線吸収剤のほかにも、チェックしておくとより安心な成分があります。

品質を長持ちさせる防腐剤として使われているパラベン、エタノールやアルコール、シリコンは刺激を感じやすいと言われています。とくに、肌が弱い人は事前に確認することをおすすめします。

また、香料や着色料が使われているものもあります。香りに敏感な人はこれらも避けるようにしましょう。

塗り心地にこだわって選ぶ

毎日塗る日焼け止めは、続けるためにも塗り心地にこだわって選びたいもの。さらっと伸びるクリームタイプやすっと馴染みやすいジェルタイプなど様々あるので、好みに合わせて選びましょう。

また、肌が乾燥しにくい成分が入っているものや、白くなりにくい日焼け止めも人気です。テスターがある場合には、ぜひ直接塗って試してみてください。

白くならない日焼け止めが人気

塗ったときに白くなる日焼け止めは、いかにも塗っているという感じがでてしまいます。とくに、顔に塗ると分かりやすいので、できるだけ避けたいですね。

以前の紫外線吸収剤不使用の日焼け止めには、成分の特性から白くなりやすいものが多くありました。しかし近年では改良が進み、白くならない日焼け止めも販売されています。
選ぶ際には表示を気にしてみましょう。

ジェルタイプは塗り心地抜群!

ジェルタイプは、伸ばしやすく肌馴染みもいいので人気の日焼け止め。みずみずしくひんやりしていて塗り心地がいいため、暑い夏の日には嬉しいアイテムです。

しかし、エタノールが配合されているものは、乾燥しやすいデメリットもあります。特に乾燥が気になる人は注意してください。

よりこだわる人は美容成分配合のものを

肌に刺激となる成分が入っていないだけでなく、美肌にもこだわりたい人には、美容成分の入っている日焼け止めがおすすめです。

日焼けを予防しながら肌のケアもできるので、お得感がありますね。肌に優しい成分が多いので、肌が弱い人にもぴったりです。

SPFやPAをチェック!

日焼け止めを選ぶときに、よく注目される項目がSPFとPAです。
SPFには、しみやそばかすの原因となる紫外線B波をカットする役割があります。また、PAは皮膚を黒くしたりしわの原因となる紫外線A波を防ぎます。

日焼け止めをどんなシーンで使いたいかに合わせて選ぶのがおすすめです。

肌質や環境によって適したものが変わるので、目安としてチェックしてみてください。

日常使いには弱めで◎

毎日の買い物や散歩など、日常使いには数値が低めのものを選んでも大丈夫。肌への負担を減らしながら、しっかりと紫外線を防げます。

具体的には、SPF10~20、PA+前後のものがおすすめです。

屋外でのスポーツには数値の高いものを

ジョギングやテニスなど、屋外でのスポーツには数値の高い日焼け止めが人気です。SPF10~30、PA++程度のものを選びましょう。

汗をかいたり、長時間スポーツをする場合には、こまめに塗り直すとより高い効果が期待できます。

海やアウトドアにはウォータープルーフタイプを

海でのレジャーやアウトドアなど、より強い紫外線が降り注ぐ場所では、SPF30~50、PA+++程度のものがぴったり。
さらに、汗や水に強いウォータープルーフタイプを選ぶと安心です。

負担の少ない落とし方が人気

意外と見落としがちなポイントが、日焼け止めの落とし方です。

高い日焼け止め効果があるものには、専用のクレンジング剤が必要なものもあります。
紫外線吸収剤不使用の日焼け止めは、簡単に落とせるものが多く、手間が少ないことからも人気を集めています。

石鹸で落ちるものは、お風呂で体を洗うときに手軽に落とせるのでおすすめです。さらに、肌に負担をかけたくない人には、お湯で落ちるタイプのものが多く選ばれています。

紫外線吸収剤不使用の日焼け止め人気ランキングTOP10!

ここからは、紫外線吸収剤不使用の日焼け止め人気ランキングTOP10をご紹介します。
紫外線吸収剤だけでなく、ほかの化学物質も含まないものや、うるおい成分を配合したものなど、各アイテムごとにこだわりがみられます。

アイテムごとの特徴だけでなく、日焼け止めのタイプやSPF/PA、内容量もまとめました。ぜひ、日焼け止めを選ぶときの参考にしてください。

10

キャメロン&ガブリエル

キャメロン&ガブリエル(CAMERON&GABRIEL)日焼け止め

キャメロン&ガブリエル(CAMERON&GABRIEL)日焼け止め 出典: www.amazon.co.jp

4,100円〜4,300円 (税込)

タイプ クリーム
SPF/PA SPF45/PA++++
内容量 30g
アイテム公式サイト

革新的UVベース「ヘヴンヴェール」

高いSPF値と肌に優しい処方を兼ね備えたものを探している人には、この日焼け止めがおすすめ。白浮きしない化粧下地タイプなので、とくに顔用に向いています。

美容液成分を85%含んでおり、紫外線を防ぎながらエイジングケアができる優れものです。日焼け止めにプラスαの機能を求めている人から多く選ばれています。

さらに、界面活性剤やナノ粒子散乱剤など、10個の化学物質を取り除いたノンケミカル処方のため、肌の弱い人や子供用としても人気があります。

キャメロン&ガブリエル(CAMERON&GABRIEL)日焼け止めを人気ランキング2019から探す

9

エテュセ

エテュセ(ettusais)日焼け止め

エテュセ(ettusais)日焼け止め

1,700円〜2,500円 (税込)

タイプ 乳液
SPF/PA SPF35/PA+++
内容量 50ml
アイテム公式サイト

バリアエッセンス

顔用とからだ用の両方を兼ね備えたエテュセの「バリアエッセンス」です。美肌に見せる化粧下地効果もあるので、「メイクがきれいに仕上がる」という声が多く聞かれます。

ドラッグストアなどで市販されているので、手に入りやすいことも人気の理由のひとつ。なくなってもすぐに買えるので、継続して使いやすいです。

さらに、ノンケミカル処方で生後1ヶ月の赤ちゃんから使えます。赤ちゃんと大人が一緒に使える成分なので、塗ったあとも気にせず赤ちゃんと触れ合うことができます。

エテュセ(ettusais)日焼け止めを人気ランキング2019から探す

8

アクセーヌ

アクセーヌ(ACSEINE)日焼け止め

アクセーヌ(ACSEINE)日焼け止め

2,100円〜4,800円 (税込)

タイプ クリーム
SPF/PA SPF28/PA++
内容量 22g
アイテム公式サイト

マイルドサンシールド

「マイルドサンシールド」は、化粧下地としても使えて便利。塗ったあとに白くならないので、メイクの邪魔をしないと評判です。

ノンケミカルの日焼け止めで、さらにノンアルコール・低刺激性のため、敏感肌の人でも使えます。塗るとしっとりうるおうので、エアコンによる乾燥が気になる人にもおすすめです。

また、ウォータープルーフタイプで、日焼け止めが落ちにくい特徴があります。塗り直す手間が少ないので、汗をかきやすい人からも多く選ばれています。

アクセーヌ(ACSEINE)日焼け止めを人気ランキング2019から探す

7

ノブ

ノブ(NOV) 日焼け止め

ノブ(NOV) 日焼け止め

2,400円〜3,000円 (税込)

タイプ ミルク
SPF/PA SPF32/PA+++
内容量 35g
アイテム公式サイト

UVミルクEX

サラッと軽い着け心地の日焼け止めを求めている人には、NOVの「UVミルクEX」がぴったり。ミルクタイプですが、ジェルのようなみずみずしい使用感なので、塗ったあとのべたつきが気になりません。

このアイテムは、無香料・無着色・低刺激性で子供でも使えます。これひとつあれば家族みんなで使える点も人気のポイントです。

さらに、クレンジングが不要でお湯だけで落とせます。簡単に落とせるので手間がなく、日常使いにぴったりの日焼け止めです。

ノブ(NOV) 日焼け止めを人気ランキング2019から探す

6

ユースキン

ユースキン製薬 日焼け止め

ユースキン製薬 日焼け止め

800円〜1,100円 (税込)

タイプ ミルク
SPF/PA SPF25/PA++
内容量 40g
アイテム公式サイト

ユースキンS UVミルク

紫外線を防ぐ効果と、肌への優しさを両立しているのが、「ユースキンS UVミルク」です。うるおい成分であるしその葉エキスを配合しており、敏感肌の人でも使えます。

クレンジング不要で石鹸のみで落とせるので、子供用の日焼け止めとしても使うことができます。お風呂で簡単に落とせることが人気の理由です。

また、ノンケミカル処方でありながら、市販されている日焼け止めなのでドラッグストアなどで簡単に購入できます。毎日の買い物ついでに手に入るため、なくなっても継続して使いやすいです。

ユースキン製薬 日焼け止めを人気ランキング2019から探す

5

DHC

ディーエイチシー(DHC) 日焼け止め

ディーエイチシー(DHC) 日焼け止め

1,200円〜2,500円 (税込)

タイプ クリーム
SPF/PA SPF30/PA++
内容量 30g
アイテム公式サイト

ベビー&ママ サンガード

うるおいを守りながら紫外線をカットできるものを探している人には、DHCの「ベビー&ママ サンガード」がおすすめ。天然保湿因子を配合しているので、肌を優しく保湿できます。

また、天然の紫外線防止成分が含まれたノンケミカル処方です。鉱物油不使用、ノンアルコールなど、成分にこだわっているので、デリケートな肌の人や赤ちゃんでも使えます。

さらに、クレンジング不要で、石鹸で洗うだけで落とせます。ゴシゴシこする必要がないため、肌への負担を軽減できるのも人気の理由です。

ディーエイチシー(DHC) 日焼け止めを人気ランキング2019から探す

4

ママバター

ママバター(MAMA BUTTER)日焼け止め

ママバター(MAMA BUTTER)日焼け止め

800円〜2,500円 (税込)

タイプ ミスト
SPF/PA SPF20/PA++
内容量 90ml
アイテム公式サイト

UVケアミスト

より手間なく使える日焼け止めが欲しいという人には、ママバターの「UVケアミスト」がおすすめです。スプレータイプで広範囲に広がりやすいため、短時間でまんべんなく塗布できます。

ノンケミカル処方なので、小さい子どもがいる家庭にも多く選ばれています。
シトロネラやユーカリなど、虫が苦手な香りのするエッセンシャルオイルも配合されており、外で元気いっぱいに遊ぶ子供にぴったりです。

さらに、保湿成分であるシアバター配合で、うるおいも感じられます。エアコンの使用などにより、乾燥しやすい肌の人でも快適に使えます。

ママバター(MAMA BUTTER)日焼け止めを人気ランキング2019から探す

3

ドゥーエ(2e)

ドゥーエ(2e)日焼け止め

ドゥーエ(2e)日焼け止め

1,200円〜2,100円 (税込)

タイプ クリーム
SPF/PA SPF45/PA++++
内容量 40g
アイテム公式サイト

UV Sunscreen

資生堂が手掛けているドゥーエの日焼け止めは、敏感肌の人でも使えるように原料を厳選して作られています。皮ふの薄い目元にも使えるので、顔用の日焼け止めとしてもおすすめです。

高い日焼け止め効果がありながらも、ノンケミカル処方で肌に優しい点が人気。長時間外にいる機会が多い人でも、肌への負担を最小限に抑えながらしっかり紫外線を防げます。

日焼け止めの落とし方は、一般的なクレンジング剤か石鹸でのダブル洗顔です。専用のクレンジング剤がなくても落とせるため、気軽に使えるのが嬉しいですね。

ドゥーエ(2e)日焼け止めを人気ランキング2019から探す

2

ちふれ

ちふれ(CHIFURE)日焼け止め

ちふれ(CHIFURE)日焼け止め

600円〜900円 (税込)

タイプ ミルク
SPF/PA SPF35+/PA+++
内容量 30ml
アイテム公式サイト

日やけ止め ミルク UV マイルド

ちふれの日焼け止めは、塗ったときにスッとなじみやすいミルクタイプ。ウォータープルーフなので、汗ばむ暑い夏でも気にせず使えます。

ノンアルコールに加えて、無香料・無着色で、敏感肌の人にも人気があります。
さらに、ヒアルロン酸、トレハロースといった保湿成分も配合されており、うるおいを保ちながら紫外線からガードできます。

ドラッグストアなどで市販されているので、手に入りやすい点も魅力です。また、比較的安価のため、たっぷり使ったり何度も塗りなおしたりと、思う存分使えます。

ちふれ(CHIFURE)日焼け止めを人気ランキング2019から探す

1

ニベア

ニベア(NIVEA)日焼け止め

ニベア(NIVEA)日焼け止め

500円〜1,700円 (税込)

タイプ ミルク
SPF/PA SPF50+/PA+++
内容量 30ml
アイテム公式サイト

ニベアサン プロテクトウォーターミルクマイルド

ニベアの日焼け止めは、SPF50と高い数値でありながら、ノンケミカル処方である点が特徴。アウトドアやビーチなど、紫外線の強い場所に出かけるときに役立ちます。

顔に塗ると、日焼け止めだけでなく化粧下地としても使えます。メイクの手間が省けるので、日々忙しく過ごしている女性からも人気を集めています。

また、ドラッグストアなどで市販されているため、購入しやすいです。価格も比較的安価で、試しやすいというメリットもあります。

ニベア(NIVEA)日焼け止めを人気ランキング2019から探す

紫外線吸収剤不使用の日焼け止め一覧

商品画像 ニベア(NIVEA)日焼け止め
1
ちふれ(CHIFURE)日焼け止め
2
ドゥーエ(2e)日焼け止め
3
ママバター(MAMA BUTTER)日焼け止め
4
ディーエイチシー(DHC) 日焼け止め
5
ユースキン製薬 日焼け止め
6
ノブ(NOV) 日焼け止め
7
アクセーヌ(ACSEINE)日焼け止め
8
エテュセ(ettusais)日焼け止め
9
キャメロン&ガブリエル(CAMERON&GABRIEL)日焼け止め
10
商品名 ニベア(NIVEA)日焼け止め ちふれ(CHIFURE)日焼け止め ドゥーエ(2e)日焼け止め ママバター(MAMA BUTTER)日焼け止め ディーエイチシー(DHC) 日焼け止め ユースキン製薬 日焼け止め ノブ(NOV) 日焼け止め アクセーヌ(ACSEINE)日焼け止め エテュセ(ettusais)日焼け止め キャメロン&ガブリエル(CAMERON&GABRIEL)日焼け止め
タイプ ミルク ミルク クリーム ミスト クリーム ミルク ミルク クリーム 乳液 クリーム
SPF/PA SPF50+/PA+++ SPF35+/PA+++ SPF45/PA++++ SPF20/PA++ SPF30/PA++ SPF25/PA++ SPF32/PA+++ SPF28/PA++ SPF35/PA+++ SPF45/PA++++
内容量 30ml 30ml 40g 90ml 30g 40g 35g 22g 50ml 30g
価格 500円〜1,700円(税込) 600円〜900円(税込) 1,200円〜2,100円(税込) 800円〜2,500円(税込) 1,200円〜2,500円(税込) 800円〜1,100円(税込) 2,400円〜3,000円(税込) 2,100円〜4,800円(税込) 1,700円〜2,500円(税込) 4,100円〜4,300円(税込)
詳細 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る

無添加の日焼け止めもおすすめ!

よりナチュラルな日焼け止めを使いたいという人には、無添加の日焼け止めをおすすめします。
最近では、紫外線吸収剤だけでなく、そのほかの化学成分が含まれていない無添加のものも注目されています。

無添加の日焼け止めも、ミルクタイプやジェルタイプ、SPFが高いものや低いものなど様々です。この記事を参考にして、自分の好みに合った使いやすいアイテムを見つけてください。

おわりに

健康志向やナチュラル志向の高まりから、紫外線吸収剤不使用の日焼け止めが人気を集めています。
アイテムによって成分や使用感が異なるので、使いやすいものを選びたいですね。

自分にぴったりなアイテムを見つけて、日差しに負けずいきいきと過ごしましょう。

贈る人から男性のプレゼントをさがす

イベントからプレゼントをさがす