おしゃれなミルクパンの人気ランキングTOP10!便利なおすすめの鍋を厳選!

おしゃれなミルクパンの人気ランキングTOP10!便利なおすすめの鍋を厳選!

出典 www.amazon.co.jp

飲み物を温めたいときや、ちょっと野菜を茹でたいときなどに便利なミルクパン。サイズ感やころんとした形が可愛らしく、キッチンインテリアとしても大人気です。今回はwebアンケート調査などを元に、編集部が厳選したミルクパンの人気ランキングTOP10をお届けします。それぞれの特徴やおすすめの使い方などもご紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

ミルクパンってどんなもの?

ミルクパンは、直径15cmくらいの小ぶりな片手鍋です。
その名のとおりミルクを温めるのに便利なのはもちろん、お湯を沸かしたり野菜やたまごを茹でたりするときにも重宝します。

容量は1L前後のものが多いので、一人暮らしの人にとってはメインで使えるちょうどいいサイズ。離乳食やお弁当など、少量の料理を作りたいときにもおすすめです。

見た目の可愛らしさからインテリアとしても人気が高く、様々な素材やデザインのものが発売されています。

使いやすいミルクパンの選び方

まずは対応熱源をチェック

人気のミルクパンを選ぶ際にまず確認しておきたいのが、対応熱源です。特にIHコンロで使う場合は、対応しているかを必ず確認しておく必要があります。

また、オーブンやレンジで使えるものもあるので、作りたい料理によって適切なものを選びましょう。

ガスコンロには安定性のあるものを

ガスコンロでミルクパンを使う場合は、基本的にどんな材質のものでも使えます。

ただ、直径が小さく五徳の上では不安定になりやすいので、底が広いものや平らなものなど、安定性の高いものを選びましょう。
火加減にも注意が必要なので、焦げ付きにくいものや持ち手が熱くなりにくいものもおすすめです。

IHコンロには必ずIH対応のものを

IHキッチンで使用する場合は、必ず対応しているかどうかを確認してください。
人気素材のステンレスやホーローでできたものはIHで使える場合が多いですが、それ以外の材質でも対応しているものが増えてきています。

IH非対応のものを使うと、うまく加熱されないだけでなく、センサーが反応せずに火災を引き起こす可能性もあるので注意しましょう。

大きさや形は用途に合わせて選ぶ

人気のキッチンウェアブランドから発売されているミルクパンですが、大きさやデザインなどにもそれぞれ特徴があります。

見た目の可愛らしさだけでなく使い心地も変わってくるので、用途に合ったものを選んでくださいね。

離乳食など少量の調理には小さめが便利

コロンとした丸みのあるデザインのミルクパンは、見た目の可愛らしさで人気があります。しかし、離乳食やお弁当のおかずなど少ない量で調理するときには不安定になることがあります。

少量での調理が多い場合は、小さめのものや底が平らで安定した形のものがおすすめです。
ただ、離乳食の期間は短いので、それ以降も使うことを考えて、使い勝手の良いものを選びたいですね。

メインで使うなら1L以上がおすすめ

一人暮らしなどメインで使用する場合は、煮物や揚げ物などにも対応できる大きめのものが便利。容量が1L以上のものなら、毎日の料理にぴったりです。

中身を多く入れて使用すると、比較的どんな形でも安定しやすくなります。口の広いものや継ぎ目のないものなど、お手入れのしやすさで選ぶのもおすすめです。

材質の違いによるメリットとデメリット

人気のミルクパンには、ホーローやステンレスをはじめ様々な素材のものがあり、それぞれメリット・デメリットがあります。

それぞれの特徴を比較して、どんなシーンで使いたいかなどを想像しながら自分に合ったものを選びましょう。

おしゃれで衛生的なホーロー

ホーローとは、鉄やアルミなど金属の表面にガラスを焼きつけてコーティングしたものです。
においがつきにくく雑菌も繁殖しにくいので、保存容器としても人気があります。

ホーロー製のミルクパンは、離乳食用の鍋としても注目を集めています。ガラス独特のつるんとした光沢が美しく、見た目も可愛らしいので、見せる収納としてキッチンの壁に吊るしてもおしゃれ。
保温性にも優れているので、熱々の状態を保ってくれるのも嬉しいポイントです。

ただし、ガラスを使っているため衝撃には弱いので、使用する際は注意しましょう。

錆びにくく丈夫なステンレス

錆びにくいことで知られるステンレスは、丈夫で長持ちし、お手入れが簡単なのが魅力です。
熱伝導はあまり良くないものの、一度温まると冷めにくいので、コトコト煮込む料理やスープの調理に向いています。

ステンレスのミルクパンは、他の材質のものと比べてやや重いですが、その分鍋自体の安定性が高いので、少量で使用することが多い人におすすめです。

焦げつきにくいテフロン加工

アルミやステンレスにテフロン加工を施したミルクパンは、焦げつきにくくサッと洗うだけで汚れが落ちやすい**という特徴がありお手入れが簡単です。
また比較的安価なので、一人暮らしでメインに使う場合などにおすすめします。

ただし、高温に弱い使っているうちにコーティングが剥がれてくるといったデメリットもあります。
空焚きをしない、金属ヘラを使わないなど、適切な使い方をして長持ちさせましょう。

様々な料理に使いやすい陶器

陶器製のミルクパンは保温性が高く、煮込み料理などに適しています。
耐熱陶器のみで作られている場合はオーブンでも使えるので、ミルクパンで様々な料理を作りたいという人におすすめです。

また、見た目がおしゃれなのでそのまま食卓に出しても見栄えが良く、陶器独特の質感が料理をさらに美味しく見せてくれます。
重量が重めでひび割れやすいので、取り扱いには注意してくださいね。

軽くて熱伝導の良いアルミ

アルミの特徴はなんといってもその軽さ。鍋自体の安定性は低いので、調理する量が比較的多い人におすすめです。
熱伝導も良く、お湯を沸かしたり野菜やたまごを茹でるのにも重宝します。

最近ではアルミとステンレスの多層鍋も多く発売されていて、アルミの熱伝導の良さにステンレスの丈夫さがプラスされ、使いやすいと人気を集めています。

煮込み料理をするなら蓋つきのものを

ミルクパンには、蓋つきのものとそうでないものがあります。
飲み物を温めたりちょっとしたものを茹でる程度なら蓋は必要ありませんが、煮込み料理などをしたい場合には蓋つきのものがおすすめです。

また、ミルクパンの保温性をさらに高めてくれるので、温かい状態をキープしておきたいときにも便利ですよ。
ガラス製の蓋は中が見やすく、本体と同素材の蓋は一体感のあるデザインが人気を集めています。

おしゃれで便利!ミルクパンの人気ランキングTOP10!

デザインがおしゃれなもの、使いやすいものなど、ブランドによって様々な魅力のあるミルクパン。
自分で使うのはもちろん、出産祝いや一人暮らしを始めた人へのプレゼントとしても人気です。

ここからは、そんな話題のミルクパンのなかでも特におすすめの10選を、ランキング形式でご紹介します。
それぞれの特徴や大きさ、材質などをわかりやすくまとめましたので、ミルクパン選びに役立ててくださいね。

第10位 ミルクパン(トウジキトンヤ)

トウジキトンヤは、陶器の生産が盛んな東海地方を中心に展開しているブランド。
問屋業者・製造業者・デザイナーなどが一体となり、伝統的な陶磁器産業を軸に現代のライフスタイルに合わせたアイテムを提案しています。

美濃焼きでできたミルクパンは、継ぎ目のないすっきりとしたフォルムが美しく、温かみのある陶器の質感がインテリアとしても人気です。

持ち手まですべて耐熱陶器で出来ているので、直火はもちろんオーブンでも使用できます。そのまま食卓に出してもおしゃれな、使いやすいミルクパンです。

【サイズ】直径:約17cm
【容量】約680cc
【材質】耐熱陶器
【IH】不可

参考価格 2,200円程度

第9位 HI スタイルベーシック ミルクポット(ヘンケルス)

1731年に創業したヘンケルスは、高品質で手頃な価格のキッチン用品が世界中で人気のブランドです。

「HI スタイルベーシック ミルクポット」は、シグマクラシックと呼ばれる底厚3層構造を採用。
内側には目盛りがついているので効率よく調理ができ、IHにも対応しています。

また、鍋のふちは液だれしにくい形状になっているなど、細部まで使いやすさにこだわって作られています。
シンプルなデザインで手入れもしやすく、ワンポイントのヘンケルスマークが可愛らしいミルクパンです。

【サイズ】直径:約14cm
【容量】1.5L
【材質】本体:ステンレス、底:アルミニウムコア、ステンレス
【IH】対応

参考価格 3,000〜3,800円程度

第8位 ノルディカ ミルクパン(シービージャパン)

2000年に設立されたシービージャパンは、変化(Change)と基本(Basic)をテーマに、使いやすくユニークなデザインで人気を集めているブランドです。

「ノルディカ」シリーズでは、温かみのあるデザインがおしゃれなIH対応のホーローキッチンウェアを展開しています。

世界最高峰のホーローメーカーであるアロー社のタイ工場で作られたミルクパンは、しっかりとしたつくりで鮮やかなカラーが美しく、北欧雑貨が好きな人におすすめです。

【サイズ】直径:約16cm
【容量】1.25L
【材質】本体:ホーロー、ハンドル:ステンレス、ラバーウッド
【IH】対応

参考価格 2,200円程度

第7位 ミルクパン(ル クルーゼ)

高性能でおしゃれなキッチンウェアが大人気のル クルーゼ。
ホーローの鍋が有名ですが、ステンレス製品にもこだわりが詰まっています。

「Shinn・Stainless・Steel」を意味する「3S」シリーズは、保温性が高く熱効率に優れた3層構造が特徴です。
直径14cmの程よい大きさで、鏡面ステンレスのシャープな美しさが際立っています。

IH対応で焦げつきにくくお手入れも簡単なので、ちょっとした温め直しから本格的な煮物まで、さまざまな用途に使えますよ。

【サイズ】直径:約14cm
【容量】1.3L
【材質】ステンレス、アルミニウム
【IH】対応

参考価格 19,400円程度

第6位 シリット ミルクポット ガラス蓋付(WMF)

1920年にドイツで誕生したシリット社は、天然の素材を使用し、実用性や耐久性だけでなくデザインもおしゃれなキッチンウェアを作り続けている会社です。

鉄とも異なる約30種類の天然鉱石を独自の比率で調合した新素材「シラルガン」を使ったミルクパンは、傷やひび割れに強く、IHなど様々な熱源にも対応しています。
鉄板をプレスして作る一体成型なので、均一に熱が伝わり保温性も抜群です。

ガラス蓋がついているので、ご飯を炊いたりお粥を作ったりするのもおすすめ。汚れや臭いがつきにくいので揚げ物をするのにも便利です。

【サイズ】直径:約14cm
【容量】約1.7L
【材質】ホーロー(シラルガン)
【IH】対応

参考価格 14,000円程度

第5位 ミルクパン(和平フレイズ)

1951年創業の和平フレイズは、機能性やデザイン性はもちろん、料理が楽しくなるようなキッチングッズが人気です。

IHでも使えるシンプルなミルクパンは、アルミとステンレスの2層構造でしっかりと熱を伝えます。
内面はテフロン加工なので焦げつきにくく、煮物や揚げ物など様々な料理に使えて便利です。

また、底が平らで適度な重さがあるので安定性が高く、「少量の調理時や空の状態でも不安定にならない」と評判。
お手入れも簡単なので、離乳食作りなどにもおすすめです。

【サイズ】直径:14cm
【容量】-
【材質】アルミ二層鋼
【IH】対応

参考価格 900円程度

第4位 ステンレス アルミ全面三層鋼・ミルクパン(無印良品)

1980年の誕生以来、シンプルなデザインと機能性の高さで世代を問わず人気の無印良品。
アパレルから家具・家電まで、幅広いアイテムを展開しています。

ステンレスにアルミを挟み込んだ三層鋼でできたミルクパンは、熱伝導率が良く様々な熱源に対応している優れものです。
ハンドルまでステンレスなので、そのままオーブン調理することもできます。

シンプルな構造ながら、内側には目盛りがついているなど使いやすさも抜群です。小さめで安定感も良いので、少量の調理にも適しています。

【サイズ】幅:約31cm
【容量】約0.9L
【材質】アルミ三層鋼
【IH】対応

参考価格 3,900円程度

第3位 ミルクパン 目盛付(タケコシ)

1966年創業の株式会社タケコシは、各種金属製品の加工や抗菌ステンレス製品などを手がけているブランドです。

計量カップのようなデザインが可愛らしいミルクパンは、ハンドルまで全てステンレスでできたシンプルなつくり。
100cc刻みで目盛りがついているので計量も簡単で、ソース作りなどにも重宝します。

両サイドに注ぎ口がついていて、注ぎやすくこぼれにくいのもおすすめのポイントです。錆びに強くお手入れも簡単で、日本製なので安心して使えます。

【サイズ】直径:約12cm
【容量】約0.9L
【材質】ステンレス
【IH】不可

参考価格 1,300円程度

第2位 蓋付きミルクパン(富士ホーロー)

富士ホーローは、70年以上にわたりホーロー製品を手がけてきたブランドです。

「蓋付きミルクパン」は、ぽってりとした形やホーローと木の組み合わせが可愛らしく、キッチンインテリアとしても人気のアイテム。
もちろん見た目だけでなく機能性も優秀で、IHに対応しているのはもちろん、どの方向から注いでも液だれしないつくりも魅力です。

蓋付きなので煮物などを作る際にも便利で、直径15cmと程よい大きさなので、片手鍋として普段の料理にも活躍してくれます。

【サイズ】直径:約15cm
【容量】約1.2L
【材質】本体:ホーロー、ハンドル・つまみ:ラバーウッド
【IH】対応

参考価格 2,800円程度

第1位 ミルクパン ポーチカ(野田琺瑯)

野田琺瑯は、1934年創業の老舗ホーローメーカーです。
海外で生産しているメーカーが増えるなか、日本製にこだわり国内で成型から焼成までを手がけ、その品質とデザイン性の高さで多くのファンから支持されています。

「ミルクパン ポーチカ」は、真っ白なホーローと木のハンドルが美しいミニマルなデザイン。
「そのまま食卓に出してもおしゃれ」と人気を集めています。

小ぶりでお手入れも簡単なので、ちょっとお湯を沸かしたり離乳食を作ったりするのにぴったりです。

【サイズ】直径:約12cm
【容量】約0.7L
【材質】本体:ホーロー、ハンドル:天然木
【IH】不可

参考価格 2,000円程度

こんなに使えるミルクパン

小ぶりで使い勝手の良いミルクパンは、お湯を沸かしたり飲み物を温めたりするだけでなく、様々な使い方ができます。

ここからは、おすすめの使い方や使う際の注意点などをご紹介します。

ホットミルクで至福のひと時を

名前のとおり牛乳を温めるのにぴったりなミルクパン。ちょっと疲れたときや寝る前にホットミルクを飲むと心が安らぎますよね。

沸騰し続けるとたんぱく質が壊れたり味が変わったりしてしまうので、ゆっくりかき混ぜながら熱し、ふつふつしてきたら火からおろしましょう。

はちみつやマシュマロを入れるなどのアレンジはもちろん、食欲のないときにはミルクがゆもおすすめです。
また、紅茶の茶葉と一緒に煮込めば、簡単に本格的なロイヤルミルクティーを作ることができます。

離乳食づくりにちょうどいいサイズ

家族のご飯を用意しながらの離乳食作りは、お母さんにとって大変な作業。
そんなときに小ぶりのミルクパンがおすすめです。

火の通りが早いので短時間で調理ができ、ゆでる・つぶすといった作業がミルクパンひとつで済みます。
大人のメニューから取り分けて作る場合も、ミルクパンなら邪魔にならず重宝しますよ。

ゆでたまごもミルクパンなら時短!

ゆでたまごを作るとき、大きな鍋でお湯を沸かすのは時間がかかるうえもったいないですよね。
ミルクパンなら水も少量で済み、沸騰するまでの時間も早いので経済的です。

小さなミルクパンでも2~3個は茹でられるので、朝食やお弁当づくりにおすすめします。
たまご以外にも少量の野菜を茹でるときにも便利です。

1~2人分のスープにもぴったり

ミルクパンは、1~2人分のスープや味噌汁を作るのにぴったりなサイズです。
大きい鍋だと作りすぎてしまったり焦げついたりしやすいですが、容量が1L前後のミルクパンなら無駄なく手軽に作ることができます。

内側に目盛りのついたものなら、軽量をする手間も省けて便利です。
また、注ぎ口のついているものや液だれしにくいデザインのものもおすすめします。

オーブン対応ならグラタンも簡単!

人気のミルクパンのなかには、IHだけでなく様々な熱源に対応しているものも多くあります。
ハンドルまで陶器やステンレスで出来ているものはそのままオーブンに入れることができるので、グラタンなどもミルクパンひとつで作ることができますよ。

ただし、火にかけているときもハンドル部分が熱くなりやすいので、調理の際には注意しましょう。

おわりに

人気のミルクパンは、飲み物の加熱や少量の調理だけでなく、普段使いの鍋としても様々な料理に使えるとっても便利なアイテムです。

場所も取らずキッチンインテリアとしてもおしゃれなので、自分に合ったものを見つけて、いろんな料理に活用してみてくださいね。

贈る人からプレゼントをさがす