天使の羽根のように軽いマシュマロ感触の「天使のねんど」の開発秘話をインタビュー|中部電磁器工業株式会社

天使の羽根のように軽いマシュマロ感触の「天使のねんど」の開発秘話をインタビュー|中部電磁器工業株式会社

誕生日やクリスマスなどさまざまなシーンにおすすめのプレゼントを、月間1,200万人以上もの利用者がいるベストプレゼントの編集部が厳選!今回プレゼント選びのプロがご紹介するのは、軽く柔らかな感触が魅力の「天使のねんど」です。開発者に、開発秘話やこだわったポイント、使った人の声などを伺いました。ぜひプレゼントと一緒に、作り手の想いも届けてみてください。

マシュマロのような感触を楽しめる癒し系ねんど

ふんわりとした優しい手触りが魅力的な「天使のねんど」。この新感触のねんどはどのようにして開発されたのでしょうか。

今回は、中部電磁器工業株式会社の業務主任を務める山本 祐大さんに、開発ストーリーや使った人の声などをインタビューしました。

「天使のねんど」開発のきっかけは?

弊社は、性質の異なるたくさんのねんどを開発し販売してきました。

そんななか、小さい子供はもちろん、お年寄りまでみんなが安心して楽しめるような軽くて柔らかいねんどが欲しいと多くの要望があったのです。

さまざまな苦労がありましたが、弊社が開発した「天使のねんど」は、癒しを感じる手触りの良さから知育玩具としてだけでなくカウンセリングや看護の場面にも役立っています。

「マシュマロ感触」を生みだした開発ストーリー

軽い紙ねんどには、たくさんの空気が含まれています。

そのため、開発当初はパッケージが膨らんでしまったり、一般的な紙ねんどと同じように保存ができなかったりというデメリットがありました。

「天使のねんど」を開発するうえで一番苦労したのは、このデメリットを改善することです。
試行錯誤の末に保存性を高めることに成功し、商品化することができました。

開発者のこだわりや思い

触っているだけで心が和むような紙ねんどを作りたかったので、柔らかさにとことんこだわりました。

また、この商品は絵具や蛍光ペンをねんどに付けて練り込むだけでカラフルなねんどを作ることができます。さらりとした質感に仕上げるなど、手触りの良さも重視しました。

さらに、手に付かないので小さなお子さんが使うのにも安心です。

「天使のねんど」は、元東京大学亀口憲治教授からも心のケアに役立つ「家族ねんど法」として取り上げていただき、介護やカウンセリングの場でも活躍しています。

そんな癒しの感触を多くの方に体感いただければ幸いです。

「天使のねんど」を触った人の感想は?

実際に感触を体感された方からは、

「風に飛ばされるかも知れないと思うほど軽い」
「ずっと触っていたくなるマシュマロのような心地よい手触り」

などの嬉しいお声をいただいております。

「柔らかくソフトな仕上がりで、温かい気持ちになれる」

という作品が完成した後の感想も届きました。

子供から大人まで多くの人が楽しめる驚きの感触を、ぜひ一度手に取り体験してみてください。

商品名:天使のねんど
価格:380円(税抜)

このアイテムを詳しく見る
使い方の参考動画を見る

▼中部電磁器工業株式会社のSNSをチェック!

・Facebook https://www.facebook.com/cec.clay/

「天使の羽のような柔らかさに癒されて」の思いを込めて

ベストプレゼント編集部

トレンド調査 ベストプレゼント編集部

一度触ると手放せなくなる「天使のねんど」は、小さい子供はもちろん、お年寄りやお疲れ気味の人への贈り物にもおすすめです。

好きな物を作りながら、心和む穏やかなひとときを過ごしてもらえます。

またプレゼントするときには、使い方の参考動画も伝えてあげましょう。遊び方の幅が広がるので、一層楽しんでもらえます。

贈る人からプレゼントをさがす