おすすめのホットビューラー人気ブランドランキングTOP10!

おすすめのホットビューラー人気ブランドランキングTOP10!

まつげをクルンと美しく上向きカールにしてくれるビューラー。アイメイクに無くてはならないアイテムですが、短時間に上手くカールさせるのはコツがいります。今回は、熱を加えることで簡単にしっかりまつげをカールさせてくれる「ホットビューラー」について、編集部がWeb調査を行いました。その結果の中から特に大人気のアイテムを10個厳選し、ランキング形式でご紹介します!

ホットビューラーのメリット・デメリット

メイクをする際、一番力を入れるのがアイメイクという人は多いのではないでしょうか。
上向きカールしたまつげは目元をパッチリと見せてくれるので、人気のホットビューラーを使えばより華やいだ目元を演出することができます。

ここで、ホットビューラーを使うことのメリット・デメリットをご紹介します。


●メリット
・熱によってより軽い力でまつげをカールできる
・力を入れずにカールできるのでまつげが切れにくい
・カールの持続時間が長い
・目頭近くの逆さまつげもしっかりカールできる

●デメリット
・熱でまつげが乾燥して傷みやすい
・目の形に合っていないと目蓋を火傷しやすい
・樹脂製のコンタクトをしていると熱で変形することがある

ホットビューラーの選び方

自分に合うタイプを選ぶ

ホットビューラーには、大きく分けて2つのタイプがあります。

マスカラをつけた後で使うスティック型や、従来のビューラーの様にまつげを挟み込むカーラー型です。

それぞれの特徴をおさえて、自分の使い方に合ったタイプのホットビューラーを選びましょう。

コンパクトなスティック型

スティック型のホットビューラーは、マスカラをつけて乾かした後で使用します。

まつげを挟まずにポイントで押し当ててカールさせるので、まつげが抜けるのが心配という人におすすめです。

上手にカールさせるのには練習が必要なことと、構造上熱源が肌に触れやすいので、やけどをする可能性があるので、初めて使うときは注意してくださいね。

使いやすいカーラー型

マスカラをつける前に通常のビューラーのような感覚で使えるのが、カーラー型のホットビューラーです。

挟む力と熱で、簡単にしっかりと上向きカールを作ることができるというメリットがあります。

デメリットとしては、どうしても大きめでポーチ等の中でかさばってしまうことと、目の形に合っていないとまぶたをやけどしやすいことです。

使用時温度に注目して選ぶ

ホットビューラーは熱を利用してまつげをカールさせるため、まつげのタイプに合った温度のホットビューラーを選ぶのが重要です。

まつげエクステやつけまつげ、フィルムタイプマスカラやノーマルタイプのマスカラを愛用している人は、60℃~70℃まで上がるタイプを選びましょう。

ウォータープルーフやファイバーマスカラを使ってしっかりとカールさせたい人は、80℃~110℃まで上がるタイプがおすすめです。

適温になるまでの時間もポイント

忙しい朝は、メイクにかけられる時間にも限りがあります。

そんなときには、使える温度まですぐに上がり適温になったら知らせてくれる機能の付いたホットビューラーが便利です。

ベースメイクの間にスイッチを入れておいて、適温になったらサッとまつげをカールさせられるので、短い時間でもばっちりアイメイクが決まります。

電源のタイプも要チェック!

ホットビューラーを化粧直し用に持ち歩くことを考えているなら、電源のタイプは選ぶ際の重要なポイントになります。

乾電池や充電池、USBケーブルで充電できるタイプなどが主流です。

どこで使うかを考えながら選びましょう。

手に入りやすい乾電池が便利

コンパクトで軽量なアイテムを探しているなら、単四電池を使用するタイプがおすすめです。ハイパワーを求めるなら、単三電池を使用するタイプもあります。

大きさにもよりますが、スティック型は乾電池を1本カーラー型は2本使用するものが主流です。

乾電池を使用するメリットは、どこでも手に入りやすいことですが、消耗が激しいのですぐに新しい電池に交換しないといけないというデメリットもあります。

USB充電で電池交換不要!

電池の交換や処分が面倒という人におすすめなのが、USBで充電できるタイプのホットビューラーです。

スマホ充電のアダプタはもちろん、PCのUSBポートや、モバイルバッテリーで充電できるので、電池購入の手間もなくエコに使えるというメリットがあります。

デメリットは、コンセントやUSBポートの無い場所では充電できず使えないことです。

サイズや重さも重要

化粧ポーチやバッグに入れて持ち運ぶ場合は、サイズや重さが重要なポイントです。

自宅であれば大きめでも問題ありませんが、持運びにはコンパクトサイズが便利。持ち運び用と自宅用を別に持つのもいいですね。

手に馴染む使いやすいサイズを選ぶ

目というデリケートな場所のメイクに使うホットビューラーは、使いやすさにこだわって選びましょう。

マスカラのように指先で持って細かく動かすスティック型は、持ち手の太さは2cm前後で全体が12~14cmの大きさがしっかり持てておすすめです。

まつげを挟むカーラー型は、本体がしっかり手でグリップできる2.5~3.7cmの太さのものが握ったときにスイッチを押しやすく簡単に使えます。

小さく折りたたんで携帯もラクラク

ホットビューラーを化粧直し用に携帯したいという人は、折りたたみタイプもおすすめです。

折りたたむことでかなりコンパクトになるので、化粧ポーチはもちろん、バッグのポケット等のスペースにもすっぽり収まります。

ヒーター部分を本体内に収納できるので、蓋がなくてもコーム部分にホコリが絡んだりせず清潔です。

使いやすいコームの形を選ぶ

スティック型のホットビューラーは、電熱部分にまつげを整えるためのコームが付いています。

コームの太さや角度が違ったり、熱源からコームの取り外しができてお手入れがしやすいものなど、アイテムごとに特色は様々です。

目頭や目尻近くの短いまつげをしっかりカールさせたい人は、コームが細めのアイテムをおすすめします。

選ぶなら安全性が高くて信頼できるブランドを

目という大切な感覚器官の間近で使うホットビューラーは、何より安全性にこだわって選ぶことをおすすめします。

手頃な価格に惹かれて購入しても、器具の不具合で火傷や怪我をしてしまったり、思わぬ火事の原因になってしまっては本末転倒です。

信頼できるブランドのアイテムを選び、しっかりと説明書きの内容を確認した上で使用しましょう。

メイク道具は衛生面にも注意

肌やまつげに直接触れるホットビューラーは、お手入れのしやすさにも注目して選びましょう。

特にスティック型のまつげコーム部分は、凹凸が多い分マスカラやファンデーションが入り込みやすい傾向があります。
汚れがついていると、まつげに十分に熱が届かず思うようにカールできません。

細部に入り込んだ汚れを取り除く専用ブラシがセットになっているタイプなら、お手入れ道具を揃える必要がないのでおすすめです。

ホットビューラー人気ブランドランキングTOP10!

ビューラーを使ってメイクすると切れたり抜けたりしてしまうまつげも、ホットビューラーならダメージを軽減できます。

ここからは、まつげを傷めず美しくカールできる優秀ホットビューラ―TOP10をご紹介します。
サイズや予熱時間の長さ、電池式か充電式かなどをチェックして、普段のメイクシーンにぴったりなものを見つけてくださいね。

第10位 ミニ アイラッシュ カーラー(セラ)

「マスカラでまつげが重たくカールをキープするのが大変」という人には、折りたたみ式で携帯しやすく、メイク直しにさっと使える「ミニアイラッシュカーラー」がおすすめです。

折りたたむと9.5cmのミニサイズになり、ポーチにすっぽり収まるので持ち運びに最適です。

また、まつげを傷めないコームタイプで、自然なカールに仕上がります。スイッチを入れて約30秒で温まるため、予熱の待ち時間のストレスがなく、忙しい人にぴったりです。

タイプ:スティック型
サイズ:9.5cm
重量:66g
使用時温度:不明
適温到達時間:約30秒
電源:乾電池式(単四電池1本)

参考価格 600円程度

第9位 ホットマスカーラー RO-HM (Rooro)

ネイル用品をはじめ、美容アイテムを多数展開しているRooro。
こだわりの「ホットマスカーラー」は、コーム部分に特殊ポリマー加工が施され、たっぷり塗ったマスカラもダマにならずにきれいに仕上がります。

もし、コーム部分にマスカラがついても、こすらず軽い力で拭き取れるため、お手入れも簡単です。

さらに、コーム型はまつげを挟まず上向きにするので、まつエクをしている人もエクステのダメージを気にせず使えます。

タイプ:スティック型
サイズ:11cm
重量:9g
使用時温度:不明
適温到達時間:約30秒
電源:乾電池式(単四電池1本)

参考価格 1,300円程度

第8位 プチエステ KLC-0950(コイズミ)

「プチエステ」は2種類のストレートヘッドで、気分やTPOに合わせてまつげをデザインできます。
毛束の細かいセパレートコームなら優雅な目元に、毛束の粗いボリュームコームならゴージャスな印象を楽しめます。

コームは左右20度にスイング可能で、短いまつげもしっかりすくい上げます。使い勝手の良い機能的なコームは、まつげをカールしやすいと好評です。

そして、つけまつげやマスカラを塗ったまつげの上からでも使えるのも魅力です。2WAYコームの間にあるサイドコームなら、マスカラのダマができてもきれいに整えられます。

コームタイプ:スティック型
サイズ:14.8cm
重量:21g
使用時温度:不明
適温到達時間:不明
電源:乾電池式(単四電池1本)

参考価格 1,000〜2,000円程度

第7位 ホットアイラッシュカーラー(貝印)

安全カミソリで有名な大手ブランド・貝印のホットアイラッシュカーラーは、新発想のヒートパネルで美しくナチュラルなアーチ形のまつげを再現します。

ヒートパネルまたはセパレートコームでカールした後は、先端のポイントコームでまつげの毛流れや束感の微調整ができます。
細かく仕上げられるので、まつげの量が多い人やまつげにクセがある人にもおすすめです。

電源のON・OFFが分かりやすく、コーム部分が出ているとON、折りたたんで収納カバーに入れるとOFFになります。カバーには使用後すぐに収納でき、火傷の心配もありません。

タイプ:スティック型
サイズ:14.8cm
重量:42g
使用時温度:不明
適温到達時間:約100秒
電源:乾電池式(単四電池1本)

参考価格 2,000円程度

第6位 アイラッシュカーラー プチ MEBL-62(ufurl)

「アイラッシュカーラープチ」は、本体サイズ9cmという超小型&軽量で、手のひらに収まり携帯しやすい形です。

小さいながらも「しっかりまつげが上がる」という声も多く、そのカール力が人気です。
マスカラ後の利用はもちろん、まつエクやつけまつげをしている人も、まつげを傷めずさらにカールUPすることができます。

また、マスカラなしの地まつげに使っても上向きに上がるという声もあり、ビューラーやマスカラのダメージで悩む人にもおすすめです。

タイプ:スティック型
サイズ:9cm
重量:約9g
使用時温度:不明
適温到達時間:約1分
電源:乾電池式(単四電池1本)

参考価格 800円程度

第5位 ホットビューラー RH-1802 (audorx)

audorxのホットビューラーは、まつげの状態や毛質によって温度を調整できる二段階設定が特徴です。

根元に3秒、毛先に3秒あてるだけの簡単な手順で理想の美まつげが完成。
コーム部分は発熱線が皮膚に触れない凹凸デザインで、不器用な人でも素早く快適に使えます。

1回の利用でカールが24時間続くので、日中忙しくメイク直しの時間が取れない人に好まれています。
加えて、USB充電式で電池交換の手間とコストがかからないのも嬉しいポイントです。

タイプ:スティック型
サイズ:12.4cm
重量:21g
使用時温度:60±5~80±5℃
適温到達時間:20~30秒
電源:USB

参考価格 4,300円程度

第4位 美ルル ホットボーテ KRDLASHDRIER(ビューティフルエンジェル)

JLA(日本まつげエクステンション協会)認定サロンが開発にかかわった「美ルル ホットボーテ」は、コーム部分から出る温風・冷風が人気の理由です。

まつエク・つけまつげ・地まつげのどのタイプでも、風の力で根元から上向きまつげを作れます。
温風機能は、まつげをブローする感覚でお風呂上がりに利用するという声もあり、まつエク派の人はお手入れにも使えます。

USB充電式でパソコンや充電口さえあえば充電できるので、電池購入や交換の手間がかかりません。

タイプ:スティック型
サイズ:14.4cm
重量:約30g
使用時温度:不明
適温到達時間:不明
電源:USB

参考価格 3,000円程度

第3位 アイクリエ ホットビューラーHR-550(日立)

「ビューラー愛用者だけれどまつげをもう傷めたくない」という人には、やさしい温熱でまつげを上げる、日立の「アイクリエ」がおすすめです。

カーラー型でありながら、まつげを挟むときの圧力が約100gと負担が少なく、カールが8時間と長持ちします。 
「一重でもまつげをきれいにカールできた」という声もあり、まつげが上がりにくい一重の人にぴったりです。

さらに、まつげ部分を照らすライト付きで、照明が暗めの化粧室などでも使いやすいよう工夫されています。

タイプ:カーラー型
サイズ:15cm
重量:約60g
使用時温度:約70℃
適温到達時間:約10秒
電源:乾電池式(単四電池2本)

参考価格 2,700円程度

第2位 まつげくるん ダブルヒーター搭載 EH-SE10P(パナソニック) 

形状の異なる2つのヒーターで、自然なカールを作るパナソニックの「まつげくるん」は、ナチュラルに仕上げたい人にぴったりです。

ダブルヒーターに加え、セパレートコームが美しい扇状にまつげをデザインします。キャップ部分にハートをあしらった女性らしいデザインとカラー展開も好まれています。

掃除用コーム付きで、毎日メイク後に使っても清潔に保てます。
また、コームが上下に360度回転するタイプのEH-SE60も人気です。

タイプ:スティック型
サイズ:14.1cm
重量:約39g
使用時温度:不明
適温到達時間:約1~2分
電源:乾電池式(単三電池1本)

参考価格 1,200〜2,500円程度

第1位 ハリウッドアイズ ホットアイラッシュカーラー (グッズマン)

ハリウッドアイズの「ホットアイラッシュカーラー」は、@cosmeでの評価が高く、メイクのプロもおすすめしています。

プロに選ばれる理由は、海外で特許を取得している立体的なカーブコームです。
1回ですべてのまつげをキャッチすることはもちろん、熱の力でマスカラのダマを融かし、根元から美しくカールします。

そのうえ、カーラーの温度を最適に保つ高性能特殊ICチップを内蔵しているため、「低温でカールが弱い」「熱すぎてやけどをしてしまう」などと悩むこともありません。

タイプ:スティック型
サイズ:12.4cm
重量:約22g
使用時温度:不明
適温到達時間:約25秒
電源:乾電池式(単三電池1本)

参考価格 2,900円程度

ホットビューラーの使い方のコツ&注意するポイント

ホットビューラーを使うときは、規定の使用時間を必ず守りましょう。
しっかりカールさせたいからといって、必要以上にまつげにカーラーを押し当てすぎないことが、きれいに仕上げるコツです。

また、スティックタイプのホットビューラーを使う場合、まつげを2~3段階に分けてカーラーを当てた方が、しっかり上向きになります。

そして、なによりやけどに要注意。まつげに当てているときはもちろん、使用後のスイッチの切り忘れにも注意が必要です。
コンタクトレンズをつけている人は、熱による変形を防ぐためにも、レンズ装着前にホットビューラーを使ってくださいね。

おわりに

ホットビューラーを利用するとメイク時間が短縮され、まつげが下がって何度もビューラーをし直す手間も減ります。
まつエクやつけまつげなど、まつげタイプに合ったホットビューラーで、アイメイクをさらに楽しんでください。

贈る人から女性のプレゼントをさがす

イベントからプレゼントをさがす