メンズブランドリュック人気ランキング2024!ノースフェイスなどがおしゃれな男性の誕生日プレゼントにおすすめ!

メンズブランドリュック人気ランキング2024!ノースフェイスなどがおしゃれな男性の誕生日プレゼントにおすすめ!

機能性に優れるうえに近年トレンドにもなっているリュックは、男性へのプレゼントとしてもお薦めのファッションアイテムです。 カジュアルに使えるものからビジネスシーンにも映えるリュックまで、男性へのプレゼントとしてお薦めのリュックをまとめました。失敗しない選び方やポイントも合わせて、ぜひ参考にしてください。さらに【2024年版】人気ブランドランキングもご紹介します。

【男性への誕生日プレゼントに人気のおしゃれなブランドリュック(メンズ)ランキングTOP10】

近年トレンドになっているリュックは、アウトドア系ブランドだけでなく、様々なブランドで豊富にラインアップされています。ブランドアイテムは品質もある程度保証されているので、男性に贈るリュックを選ぶ際にはぜひ検討してみてください。男性に人気のブランドリュックランキングをご紹介します。

10

アークテリクス(ARC'TERYX) リュック

「ARC’TERYX(アークテリクス)」はカナダで生まれたアウトドアブランドです。「初めて空を飛んだ始祖鳥の学名」がそのブランド名の由来であり、ロゴマークにもなっています。

アウトドア好きの男性からの評価は高く、「アウトドアリュックならアークテリクス」と考える男性も多いと言われています。実際の経験に基づいて開発された機能性だけではなく、雑誌等で受賞されるほどデザインも優れています。

アウトドアブランドなので鮮やかなカラーリングのリュックも多いですが、シンプルなものは通勤にも使えます。特に自転車通学・通勤をする方に好まれており、大学生や20代~30代のビジネスマンに人気の高いブランドです。

アークテリクス(ARC'TERYX) リュックを人気ランキング2024から探す

9

グレゴリー

グレゴリー(GREGORY) リュック

アメリカ・サンディエゴで創立された「GREGORY(グレゴリー)」はファッションブランドではありますが、特にバッグが有名です。

グレゴリーのリュックは「山のロールスロイス」とも評されるほど機能性が高く、さらにアウトドア系の定番ブランドであるノースフェイスよりもおしゃれだと評判です。男女問わず人気がありますが、価格は若干高めです。

タブレットやノートパソコンを守る「PCスリーブ」がついているので、通学・通勤リュックとして学生や20~30代の男性に定評があり、特に自転車通勤をしている男性にお薦めです。

グレゴリー(GREGORY) リュックを人気ランキング2024から探す

8

トゥミ(TUMI) リュック

堅牢なスーツケースでも有名な「TUMI(トゥミ)」は、アメリカ・ニュージャージーに拠点を構えるバッグメーカーです。ラインアップの豊富さと、製品の堅牢性が特徴的で現在では世界的に有名になりました。

リュックにはナイロンの5倍の強度を持つと言われるバリスティックナイロンを使用しており、耐久性に非常に優れています。手提げバッグとしても使える取っ手がついているので、ビジネスユースにぴったりです。

また、デザインもモダンでシンプルなものが多いので、30代~40代の比較的落ち着いたデザインを好む男性に定評があります。

トゥミ(TUMI) リュックを人気ランキング2024から探す

7

マスターピース(master-piece) リュック

1994年に日本で生まれた「master-piece(マスターピース)」は、日常使いを意識したアイテムが揃うバッグブランドです。メイドインジャパンのものづくりにこだわった高い品質も特徴です。

マスターピースのリュックは、ナイロンに特殊素材をコーティングした「メモリーツイル」という素材を使ったものが人気です。メモリーツイルは耐久性に加え幅広いデザインが可能なため、リュックもカジュアルなデザイン、カラーのものが豊富に揃っています。

リュックを背負ったまま荷物を取り出せる機能性も男性には評価が高く、「通勤にも休日にも使える」と30代~40代の男性に人気があるブランドリュックです。

マスターピース(master-piece) リュックを人気ランキング2024から探す

6

ポーター(PORTER) リュック

吉田カバンから1962年に発表された「PORTER(ポーター)」は、日本はもちろん海外でもその技術力、機能性、現代的なデザインが評価されている、男性の定番バッグブランドです。

シンプルで老若男女から愛されるデザインのリュックは、様々なシリーズで展開されています。
柔らかいナイロンで定番の「タンカー」、キャンバス地のようなポリエステル生地でワークテイストの「ユニオン」、シックな革使いが印象的な「コルチナ」など、贈る男性に合わせた素材、デザインを、たくさんのアイテムから選べるところが魅力です。

ポーター(PORTER) リュックを人気ランキング2024から探す

5

マンハッタンポーテージ(Manhattan Portage) リュック

アメリカの人気バッグブランドである「Manhattan Portage(マンハッタンポーテージ)」は、特にメッセンジャーバッグが有名です。「都市生活を送る全ての人々のためのバッグ」というコンセプトのとおり、都会的なデザインが特徴です。

マンハッタンポーテージのリュックはブラックを基調としており、赤のブランドマークが目印になります。

スクエア型のデザインが特徴的でA4サイズの雑誌も折らずに収納が可能です。さらに耐久性に優れたコーデュラナイロンを使っているので、荷物も多くハードに使う20代までの男性に高い人気があります。

マンハッタンポーテージ(Manhattan Portage) リュックを人気ランキング2024から探す

4

サムソナイト(Samsonite) リュック

100年もの歴史を持つアメリカのバッグブランド「Samsonite(サムソナイト)」は、日本では特にスーツケースが人気があり、有名でもあります。

サムソナイトのリュックはそのほとんどがスーツケースとのセットアップが可能なうえ、黒や濃紺を中心に展開されたシンプルなデザインで、ビジネスユースに非常に適しています。

またリュックもスーツケース同様機能性と軽量化にこだわって作られているので、長く愛用される一品です。価格的にも30代~40代の男性に贈るビジネスリュックとしてお薦めです。

サムソナイト(Samsonite) リュックを人気ランキング2024から探す

3

ニクソン

ニクソン(NIXON) リュック

1998年にウォッチブランドとしてアメリカで設立された「NIXON(ニクソン)」は、現在ではバッグや財布等の小物からアクセサリー、洋服まで幅広く展開する有名ブランドです。

ニクソンは機能的でシンプルな時計が有名ですが、リュックはカジュアルでスポーティな印象のラインアップになっています。リーズナブルなリュックも多いので比較的カジュアルなファッションを好む高校生や大学生に人気があります。

一方で高価なラインにはビジネスリュックとしても使えるデザインのものも揃っていますので、アクティブなイメージのある30代男性にも愛用者が多く、プレゼントにもお薦めです。

ニクソン(NIXON) リュックを人気ランキング2024から探す

2

ハーシェル サプライ(Herschel Supply) リュック

カナダ・バンクーバーで生まれた「HERSCHEL SUPPLY(ハーシェルサプライ)」は、2010年に生まれた比較的新しいブランドです。

ニューヨーク等海外のストリートシーンで支持されており、ヴィンテージ、登山、遺跡、旅行と、アクティブでカジュアルなコンセプトのもとデザインされたバッグが揃います。

ハーシェルサプライのリュックはそのコンセプトのとおりカジュアルな印象が強く、ビジネスユースとしては不向きといえますが、価格も比較的安価なこともあり大学生の男性に愛用者が多いリュックです。

ハーシェル サプライ(Herschel Supply) リュックを人気ランキング2024から探す

1

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) リュック

アウトドアブランドとして、日本でも圧倒的な知名度を誇る「THE NORTH FACE(ノースフェイス)」は、アメリカで1968年に生まれました。「真の機能性の追求と自然との共存を目指す」というコンセプトのもとすべての製品を開発しており、最低耐久温度を初めて表示したブランドとしても有名です。

疲れにくく、防水性に優れており、摩擦強度もあり長く使えるノースフェイスのリュックは、10代~50代、60代まで幅広い年代の男性に支持されています。ブランドネームだけではなくやはりその機能性が評価されているといえます。

また容量と用途によって様々な価格帯のアイテムがラインアップされているので、必要な機能に特化したリュックを選んでプレゼントすることが可能です。男性へのプレゼントとして、間違いのないブランドリュックといえます。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) リュックを人気ランキング2024から探す

おしゃれなブランドリュック(メンズ)一覧

商品画像 ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) リュック
1
ハーシェル サプライ(Herschel Supply) リュック
2
ニクソン(NIXON) リュック
3
サムソナイト(Samsonite) リュック
4
マンハッタンポーテージ(Manhattan Portage) リュック
5
ポーター(PORTER) リュック
6
マスターピース(master-piece) リュック
7
トゥミ(TUMI) リュック
8
グレゴリー(GREGORY) リュック
9
アークテリクス(ARC'TERYX) リュック
10
商品名 ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) リュック ハーシェル サプライ(Herschel Supply) リュック ニクソン(NIXON) リュック サムソナイト(Samsonite) リュック マンハッタンポーテージ(Manhattan Portage) リュック ポーター(PORTER) リュック マスターピース(master-piece) リュック トゥミ(TUMI) リュック グレゴリー(GREGORY) リュック アークテリクス(ARC'TERYX) リュック
価格 14,700円(税込) 10,100円(税込) 9,500円(税込) 20,200円(税込) 19,000円(税込) 32,300円(税込) 34,300円(税込) 75,300円(税込) 17,000円(税込) 34,700円(税込)
詳細

男性にプレゼントするメンズリュックの失敗しない選び方は?形や色はどう選ぶと良い?

男性へ贈るリュックを選ぶ際のポイント

  • まずは、贈る男性の趣味や普段のファッション、どんな仕事をしているかを考える
  • ビジネスや趣味など、使うシーンに合わせて収納力やデザインなどを考える
  • 体に負担がかからないかどうかも重要

リュックといっても様々なデザインがあります。贈る男性の趣味や普段のファッション、どんな仕事をしているかによって贈るリュックを選びましょう。普段使いやちょっとしたアウトドアに使うリュックなら、ナイロン製のアウトドアブランドのリュックでよいですし、通勤バッグとして使ってほしいならレザー等落ち着いたデザインのリュックが喜ばれます。

また、アウトドア系ブランドのリュックでも近年は有名ブランドとコラボしたものなどそのデザインも多様化しているので、ビジネスユースに耐えるものも豊富に揃っています。いろいろなブランドをチェックしてみることをお薦めします。

リュックには登山を目的とした大容量のものからデイリーユースに特化したデイパックまでラインアップが豊富です。

大容量のアウトドア向けリュックは、長時間背負っても疲れない、リュックならではの工夫がしてありますし、タウンユースを意識したリュックも収納面で日常的に役に立つ機能が備わっているなど、それぞれに特化した機能をチェックすることが大切です。

なお、リュックのいいところは両手が自由になるというところであり、ある程度の容量があっても背中に背負うので普通のバッグに比べると楽に持ち運びができます。しかし、リュック自体が重すぎるとやはり負担になります。

ポケットも多すぎるとリュック自体がかさばりがちなので、必要な収納力に対してリュックの重さが体の負担にならないかどうかはしっかり確認しましょう。

形・大きさの選び方

贈る男性がリュックを使うシチュエーションで、どのような荷物をどのくらい持っているかを意識すると、大きさや形を選びやすくなります。

例えば登山やハイキングに使用するリュックを贈る場合は、30~40L程度のリュック、それ以上の本格的な登山に使用するなら50L程度の容量が必要です。形もアウトドアブランドが出している本格的なリュックがお薦めです。

デイリーユースとして男性にリュックを贈る場合は20L前後、多くても30Lほどの容量が最適です。それ以上の容量になるとかさばってしまい、電車通勤や街を歩くときに人にぶつかりやすくなりますので避けた方が無難です。

日常使いするリュックであれば形は比較的自由に選べますが、ビジネスユースを意識するならかっちりした印象のあるレザーリュックや、ナイロンリュックでも外側のポケットが多すぎないすっきりしたリュックがお薦めです。また、A4サイズのものが折り曲げずに収納できるかどうかも一つの目安になります。

色の選び方

男性に贈るリュックの定番はやはり黒色になってきます。黒色であれば、プライベートでもビジネスシーンでもコーディネートしやすいので男性には好まれます。

アウトドアブランドのリュックはその目的から、蛍光色等鮮やかな色使いのものが豊富に揃っています。休日等プライベートでの使用や登山等のお出かけなら問題ありませんが、仕事でも使ってもらうことを想定している場合は、比較的落ち着いた色使いのリュックを選ぶことをお薦めします。

黒色のリュックを背負っている人はとても多いので、他の人とは違うものを贈りたいと考える場合は、ディテールにこだわって選ぶとよいでしょう。金具やベルト、さし色やワンポイントのロゴなどがアクセントになっているものなら、デイリーユースにもビジネスシーンにも合いやすくなります。

男性に人気のブランドリュックの色や素材は?通勤・通学に人気なのは?

用途別の人気の種類は?

  • 色は定番の黒が最も人気
  • ナイロンやキャンバス地、コットン素材はプライベート用におすすめ
  • ビジネスユースにはレザー素材がおすすめ
  • 通勤・通学用は、パソコンが入る容量のあるリュックが人気
  • 通勤・通学用は、防水性に優れているものを選ぶ

人気のある色や素材は?

男性に贈るリュックとして、定番の黒が最も人気があります。洋服のテイストや季節に関わらず、どんなスタイルにも合わせやすいところが最大のメリットです。

鮮やかなカラーや柄ものはビジネスユースには適しませんが、休日などプライベートに活躍してくれます。比較的カジュアルなファッションを好む方や学生の男性にはお薦めです。

リュックといえばナイロンやキャンバス地、コットン等ですが、こちらはプライベートで使用するリュックとして贈ることをお薦めします。

ビジネスユースにはやはりレザー素材のものが落ち着いた印象があり、スーツにもよく合うのでお薦めです。また、バリスティックナイロン等の特殊素材も、耐久性が高くかっちりとした印象があるのでビジネスシーンで使うリュックとして人気があります。

通勤・通学に人気のあるリュックは?

通勤・通学に使うリュックとしては、まずパソコン等が入るある程度容量のあるリュックが人気です。あまりにも大きすぎるものはかさばってしまい人にもぶつかりやすく、また中に入れるものが少ないと、中のものがガチャガチャと動いて傷つきやすくなります。

また、防水性に優れているものを選ぶことをお薦めします。アウトドア系のブランドリュックは防水処理がしっかりしているので、実際に通勤に使っている男性も多くいます。

また、スーツや制服によく合うダークカラーのリュックだと、シチュエーションに関わらず使いやすいので無難です。カラフルなリュックはスーツにコーディネートしづらいなど合わせる洋服を選ぶので、鮮やかなカラーでも部分使いにとどめているものやロゴをポイントにしているものだと、使いやすくまた嫌味もありません。

男性へのプレゼントに贈る人気のメンズリュックの相場はいくら?

男性にリュックを贈る際の予算相場について

  • 全体的なプレゼント予算相場は「5,000円~30,000円」程度
  • 高校生に贈るなら「3,000円~15,000円」程度
  • 大学生に贈るなら「5,000円~40,000円」程度
  • 20代に贈るなら「10,000円~50,000円」程度
  • 30代~40代に贈るなら「10,000円~120,000円」程度
  • 50代に贈るなら「20,000円~100,000円」程度

ベストプレゼント編集部が「男性へリュックを贈ったことがある男性200人」に「男性へリュックを贈る場合の予算」について2024年1月にアンケート調査を実施しました。この調査結果をもとに男性へ贈るリュックのプレゼント予算をまとめました。

男性へ贈るリュックの平均相場は「5,000円~30,000円」程度です。贈る男性の年代によって異なります。

高校生の男性へリュックを贈る場合は、「3,000円~15,000円」程度の予算相場になりました。高校生の男性はハードな使い方も想定されるので、耐久性の高い品質の良いリュックを贈るほうが、最終的にはコスパに優れると考える人も多くいます。

大学生の男性に贈る場合は「5,000円~40,000円」程度と答えた方が多く、長い大学生活で毎日使うものということで、デザインや機能にもしっかりこだわって贈る方が多いといえます。

20代の男性にリュックを贈る場合には「10,000円~50,000円」程度という結果になりました。主に社会人の男性が通勤に使うことを意識してプレゼントする場合が多く、スマートなデザイン・ブランドのリュックが好まれています。

30代~40代の男性に贈るリュックは「10,000円~120,000円」程度と、やや幅広い予算相場となりました。20代に比べ落ち着いたデザインで質の良いものを選んでいる方が多くなります。

50代の男性へ贈るリュックの予算相場は「20,000円~100,000円」程度となりました。安いバッグではおじさん臭くダンディな雰囲気が出づらいので、やはり年相応の高級感が感じられるリュックを選ぶ場合が多くなります。

男性にメンズリュックの誕生日プレゼントをあげる意味は?

リュック、ひいてはカバンを贈るということは「門出」を意味すると言われています。入学や就職、転職のプレゼントアイテムとして贈られることも多く、その場合は「勤勉」といった意味も加わります。

「お仕事頑張ってください」という意味に取られることもあるので、目上の方へリュックを贈るのは控えたほうが無難だといえます。

また心理学的に言えばバッグは「箱」に分類され、「期待」「好奇心」「不安」等の意味を持つこともあり、「先は分からないけれどあなたをもっと知りたい」という気持ちが込められる、とも言われます。もっと関係、絆を深めたい男性に贈るにはぴったりのプレゼントでもあります。

編集部からのコメント

リュックは男性に用途別でいくつあっても嬉しいアイテム!

男性に贈るリュックはデザインだけではなく機能性も合わせて、使うシーンをしっかり想定したものを贈ることが大切です。自分でも背負ってみるなど、実際に手に取って一度確かめてみることもお薦めです。この記事も参考に、ぜひ大切な男性にぴったりのリュックをプレゼントしてください。

※価格、送料、納期やその他の詳細については、商品のサイズや色等によって異なる場合があります。

※本コンテンツはベストプレゼントが独自に制作しています。本コンテンツはECサイトやメーカー等から送客手数料を受領しており、記事で紹介した商品を購入すると売上の一部がベストプレゼントに還元されることがあります。

贈る人から男性のプレゼントをさがす

イベントからプレゼントをさがす