女性に人気のプチプラブランド美容液ランキング2023!ちふれやキュレルなどのおすすめプレゼントを紹介

女性に人気のプチプラブランド美容液ランキング2023!ちふれやキュレルなどのおすすめプレゼントを紹介

さまざまな美容成分が配合された美容液は、肌のケアを欠かさない女性や肌悩みを抱える女性にとても喜ばれるプレゼントです。今回は低価格な美容液が購入できるプチプラブランドを厳選し【2023年 最新版】ランキングとしてご紹介します。もし相手の女性が特に肌悩みを抱えていなければ、メラニンの生成を抑えるなどの予防効果を持った美容液が喜ばれます。ぜひプレゼント選びの参考にしてください。

プチプラブランド美容液が女性へのプレゼントに人気の理由や特徴は?

プチプラブランド美容液が喜ばれる理由

  • 明確な目的を持った美容成分が配合されている
  • 肌の悩みに合わせて選ぶことができる
  • 気軽に使用でき、継続しやすい

美容液とは、化粧水や保湿剤と比べてそれぞれに明確な目的別に美容成分が配合されているのが特徴です。そのため、顔全体への使用はもちろんのこと、目の周りやシワ対策など悩みのある部分にピンポイントで使用することができます。

各商品にはそれぞれ違った成分が配合されているため、肌悩みに合わせて選ぶことができるのが人気の理由です。また、普段は化粧水と保湿剤しか使用しないという方にとって、自分では購入しない美容液はとても喜ばれます。

特にプチプラブランドの美容液は、ブランドのネームバリューがあるため手に取りやすく気軽に使用できます。また、低価格であることから、プレゼントが気に入った場合に継続しやすいのもポイントです。

女性に喜ばれるプチプラブランド美容液のプレゼントの選び方は?

プチプラブランド美容液の選び方

  • 相手の女性が求めている効果を持った美容液を選ぶ
  • 肌悩みのない女性には、予防効果のあるものやライン使いできるブランドを選ぶ
  • 相手の女性の年代に合った商品を選ぶ

美容液は、それぞれが明確な役割を持っています。そのため、相手の女性がどのような肌悩みを抱えているのか把握し、その方の悩みに合った美容液を選ぶことがポイントです。

もし相手の女性が特に肌悩みを抱えていなければ、メラニンの生成を抑えるなどの予防効果を持った美容液が喜ばれます。また、現在その方が使用しているブランドを選ぶとライン使いができて喜ばれます。

また、ブランドによってどの年代の女性を対象として製造されているのか異なります。そのため、相手の女性の年代に合った商品やブランドを選ぶことが大切です。

女性にプチプラブランド美容液をプレゼントするときの予算は?

女性に人気のプチプラブランドの美容液は、ほとんどの商品が1,000円から3,000円以内で購入することができます。

特に低価格な化粧品として有名なちふれでは、600円から1,000円程度の価格でオイル美容液やオールインワンゲルも含めて8種類の美容液を販売しています。

高価な物でも、敏感肌用のブランドとして人気の高いキュレルから発売されている美容液が4,000円程度で購入できます。こちらの商品は容量が30gと少ないので、プチプラと言えどコスト的には高めの価格設定です。

【女性に喜ばれるプチプラブランド美容液 人気プレゼントランキングTOP10】

様々なブランドから発売されておりドラッグストアなどで手に入りやすい美容液ですが、ブランドによって異なる特徴があります。今回はプチプラブランドの美容液をランキング形式でご紹介します。人気の理由や対象となる年代など、是非プレゼントの参考にしてください。

10

ウテナ ルミーチェ(utena Lumice)

ウテナは1923年、白粉で肌を白く見せていた当時としては斬新な「肌そのものを白くする」という発想で化粧品を発売しました。また、販売方法もハガキのやり取りで注文を取るという通信販売のような形式を取ることで、着実に愛用者を増やしていきました。

ウテナのブランドのひとつであるルミーチェは、肌の皮脂と化粧品の油分をなじませることで角質層へ美容液成分を届けるという、オイルインスキンケアをコンセプトとしています。美白オイルエッセンスという商品は、スクワランとホホバオイルの二つのオイルによって、美容成分である油脂性ビタミンCを導入してくれる美容液です。

メラニンの生成を抑えてくれる油脂性ビタミンCが含まれているため、シミやソバカスに悩んでいる方、それらを予防したい方におすすめです。また、通常ビタミンC配合の化粧品は肌の乾燥を招くことがありますが、オイルの効果によって保湿力や浸透力が高く、乾燥肌の方に馴染みやすい美容液です。

ウテナ ルミーチェ(utena Lumice)を人気ランキング2023から探す

9

小林製薬

小林製薬は、1886年に創業した老舗の製薬会社です。薬のイメージが強いブランドですが、実は創業当時から化粧品の販売も行っています。

小林製薬のおすすめ美容液は3つあります。一つは、ビタミンCによってメラニン生成を抑制するだけでなく、ニキビなどの肌荒れを防ぐケシミン美容液です。シミやソバカスを防ぐことから、様々な年代の方に重宝されています。

また、更年期の肌バランスを整えたい女性には、8種類の漢方エキス配合の豊潤美容液が人気です。さらに、マスクタイプのリフトレは、ヒアルロン酸やコラーゲンが含まれており表情筋を引き上げてくれる美容液として注目されています。

豊潤美容液とリフトレは、更年期や肌のたるみにフォーカスした商品ですので、それらが気になり始める40代以降の女性に特に喜ばれます。

小林製薬を人気ランキング2023から探す

8

エテュセ(ettusais)

エテュセは、1991年に創立した比較的新しい化粧品会社です。フランス語で、「ネ、ネ、知ってる?」という意味を持つブランド名で、使用した方が思わず他の方にも教えたくなるような化粧品の製造をコンセプトに掲げています。

エテュセでは、自社農場にて無農薬栽培した植物を配合した美容液が人気です。特に薬用スキンバージョンアップエッセンスという美容液は潤いが持続してモチモチの肌をキープできるだけでなく、快速浸透成分によって化粧水の浸透も高めるブースター効果があります。

肌に優しいのはもちろんのこと、ボトルの可愛さにもこだわって作られているブランドなので、若い女性へのプレゼントとして喜ばれます。エテュセプレミアムという30代からのラインもあるので、相手の女性の年代に合わせて選ぶのがおすすめです。

エテュセ(ettusais)を人気ランキング2023から探す

7

オルビス(ORBIS)

今やドラッグストアで気軽に手に取れるオルビスは、元々はポーラの通信販売部門として1984年に設立されました。油分を一切使用しない化粧品の製造など、常識に囚われない化粧品作りを目指すブランドです。

肌の健康を保つインナー酵素に着目し、インナー酵素を活性化させる水にこだわり、100%オイルカットを行っているのがオルビスの特徴です。20代から50代まで幅広い年齢を対象に商品展開しており、美容液の種類も顔全体から部分用まで豊富です。

中でもクリアアクネスポッツは、1,300円程度で購入できる大人ニキビ用の美容液です。ニキビの予防だけでなく、現在あるニキビも使用できる商品で、20代の女性に人気の商品です。

オルビス(ORBIS)を人気ランキング2023から探す

6

ハーバー(HABA)

1983年の創業当時からスクワラン美容に着目した化粧品を作り続けているのがハーバーです。肌に足りない成分を不足した分だけ与え、肌本来の力を引き出すような無添加製造に力を入れています。

スクワランは元々肌にある保湿成分で、20~30代から急激に減少してしまいます。このスクワランを天然由来の成分から高純度で抽出した美容液は、乾燥による小じわや毛穴を目立たなくしてくれます。

ベビーマッサージや全身用としても使用できるハーバーの高品位スクワランは、敏感肌の方でも使用しやすく様々な年代の方に喜ばれます。15mlで1,500円程度とプチプラでも高級感がありますが、1回に1滴の使用なのでコストパフォーマンスにも優れています。

ハーバー(HABA)を人気ランキング2023から探す

5

アクアレーベル(AQUALABEL)

化粧品メーカーとして有名な資生堂が日本とアジアで展開しているプチプラブランドです。「つるつる肌」「ハリつや」「美白」の3つのラインから、相手の女性が求める肌に合わせて選ぶことができます。

3つのラインに共通するのが、ベビーアミノ酸と呼ばれる肌本来の保湿機能やバリア機能を保つ成分が配合されていることです。この成分は、資生堂の長年の研究によって世界で初めて効果が発見されました。

特におすすめなのが美白用のシミ対策美容液で、メラニンの発生を抑制しシミやソバカスを防く効果が期待できます。そのため、特に肌悩みの出始める20代から30代の女性におすすめです。

アクアレーベル(AQUALABEL)を人気ランキング2023から探す

4

ポーラ(POLA)

1929年創業の化粧品ブランドです。委託販売契約のシステムを導入しているため、顧客が販売員になり訪問販売を行うことで新たな顧客を獲得してきました。

ポーラは60年以上美白についての研究を行っており、美白化粧品に強みを持ったブランドです。高級化粧品であるイメージが強いですが、1,000円程度で店舗購入できるダイレクトホワイトEXシリーズは低価格でシミやソバカスを防ぐことができると人気です。

トラネキサム酸というメラニン抑制成分の他に、グリチルリチン酸2Kという肌荒れを抑える成分が含まれています。シミやソバカスが気になる方や、日焼けが気になる方におすすめの商品です。

ポーラ(POLA)を人気ランキング2023から探す

3

ロート製薬(ROHTO)

1899年、胃薬を売る薬房としてスタートした製薬会社です。創立後は胃薬や目薬を主に開発してきましたが、1975年に「メンソレータム」の商標専用使用権を取得し、外皮用剤の分野へと進出しました。

ロート製薬から発売されている肌ラボの極潤ヒアルロン美容液は、スキンケアの原点は潤いであるとし、保湿効果の高いヒアルロン酸が含まれているのが特徴です。その他には、メラニン生成を抑制してシミ、ソバカスを予防する白潤シリーズ、年齢に応じた潤いケアで肌のハリを高める極潤αシリーズなど、肌悩みに合わせた商品展開をしています。

肌ラボの他にも、30代以降の女性をターゲットとしたくすみケアのいろはだシリーズや、50代からの50の恵シリーズなど、細かく対象を分けて商品展開をしています。相手の女性の年代や肌悩みによって、よりピンポイントで商品を選ぶと喜ばれます。

ロート製薬(ROHTO)を人気ランキング2023から探す

2

ちふれ(CHIFURE)

1947年、三菱石油株式会社の化粧品部門として誕生しました。1962年から100円化粧品というプチプラコスメを販売し始めましたが、最初は安すぎる故に売れ行きが伸びず定着までに数年を要しました。

無添加化粧品ではありませんが、全ての原材料の由来・産地・製法まで遡って肌に優しく高品質な商品づくりにこだわっています。美容液にはメラニンを抑制する効果のあるものや年齢に応じたケアを行うタイプの他に、ノンアルコールタイプもあります。

年代を問わず様々な女性に喜ばれる商品ですが、特に品質にこだわる女性に多く選ばれています。高級化粧品との比較検証によって品質を認められたことのあるちふれの商品はプレゼントにもおすすめです。

ちふれ(CHIFURE)を人気ランキング2023から探す

1

キュレル(Curél)

1887年創業の高級石鹸ブランドである、花王から発売されてるブランドがキュレルです。乾燥性敏感肌に着目し、敏感肌に特化して作られた化粧品は、特に肌の弱い女性から注目を集めています。

乾燥性敏感肌の原因はセラミド不足であるとの研究結果から商品開発がなされており、花王で開発されたセラミドに似たはたらきをする「セラミド機能成分」が配合されています。美容液には保湿タイプと美白タイプがあるので、女性のニーズに合わせて選びましょう。

敏感肌用のブランドですので、肌が弱く自分では積極的に商品を購入できないという方にとても喜ばれます。セラミド機能成分により肌のバリア機能も高めてくれるため、肌トラブルを起こしがちな方におすすめです。

キュレル(Curél)を人気ランキング2023から探す

女性に喜ばれるプチプラブランド美容液一覧

商品画像 キュレル(Curél)
1
ちふれ(CHIFURE)
2
ロート製薬(ROHTO)
3
ポーラ(POLA)
4
アクアレーベル(AQUALABEL)
5
ハーバー(HABA)
6
オルビス(ORBIS)
7
エテュセ(ettusais)
8
小林製薬
9
ウテナ ルミーチェ(utena Lumice)
10
商品名 キュレル(Curél) ちふれ(CHIFURE) ロート製薬(ROHTO) ポーラ(POLA) アクアレーベル(AQUALABEL) ハーバー(HABA) オルビス(ORBIS) エテュセ(ettusais) 小林製薬 ウテナ ルミーチェ(utena Lumice)
価格 3,200円(税込) 1,000円(税込) 1,100円(税込) 10,800円(税込) 2,000円(税込) 2,800円(税込) 1,300円(税込) 7,000円(税込) 1,200円(税込) 1,100円(税込)
詳細
編集部からのコメント

贈る女性の年代や肌悩みに合わせて、プチプラでも満足できる美容液を選びましょう!

年代やその方の肌質によって、肌悩みは異なります。そのため、相手の女性がどのような悩みを抱えているのか把握してプレゼントを選ぶことが大切です。最適なものを選ぶことによってその方の悩みが解決されれば、とても喜ばれるプレゼントです。今回のランキングを参考にして、是非その方に合ったブランドを選んでください。

贈る人から女性のプレゼントをさがす

イベントからプレゼントをさがす