目上の方に喜ばれる退職祝いのメッセージ集!困ったときの文例や書き方のポイントも必見!

目上の方に喜ばれる退職祝いのメッセージ集!困ったときの文例や書き方のポイントも必見!

先輩や上司など目上の方へのメッセージは、失礼のないようにと緊張しますよね。ここでは、目上の方への退職祝いにふさわしいメッセージの書き方や、喜んでもらえるポイントをご紹介しますので、参考にして気持ちの伝わる素敵なメッセージを作ってください。

目次
目上の方に贈る退職祝いメッセージの書き方は? 目上の方に喜んでもらうためのポイントは? 目上の方に喜ばれる退職祝いメッセージ文例 目上の方への退職祝いにおすすめのメッセージの伝え方 目上の方への退職祝いにおすすめのギフトをチェック!

目上の方に贈る退職祝いメッセージの書き方は?

目上の方へのメッセージは、緊張して型にはまったものになりがちです。お世話になった方へ心を込めた自分らしいメッセージを作るために、押さえておくと良いポイントをお伝えします。

感謝の気持ちを込めたメッセージでお祝い

退職は新たなステージへのスタートでもあります。ネガティブなエピソードを取り上げず、日頃の感謝の気持ちを伝える、明るく前向きなメッセージにすることがポイントです。

くだけ過ぎずに敬意を示す

日頃は冗談を言い合ったり、気軽に話せる関係性の方に対しても、しっかりと敬語を使い敬意を示したメッセージにしておくと安心です。最後のメッセージなので、不快感を与えることのないように注意をしましょう。

相手の年齢などを考えて読みやすく

年齢を重ねると、小さな字で書かれたメッセージは読みにくくなってきます。年配の方へは、大きめの字で、上手くなくても丁寧な文字で書くように気を付けると、読みやすく喜ばれます。

目上の方に喜んでもらうためのポイントは?

メッセージで退職に華を添えることができたら、贈る側も嬉しい気持ちになりますよね。ここからは、喜ばれるメッセージ作りのポイントを3つお伝えします。

これまでの労をねぎらい、今後の活躍を祈る

退職祝いの定番である「お疲れ様でした」と「ご活躍を願っています」という言葉は、きちんと伝えましょう。敬語や表現も失礼のないように、自信がない言葉は調べて使って、気持ち良く読んでもらいたいですね。

具体的なエピソードで感謝を伝える

これまで教わったことや助けられたことなどの具体的なエピソードと一緒に、お世話になった感謝の気持ちを伝えましょう。具体的なエピソードによって、感謝の言葉により深みが出て、社交辞令ではないことが伝わります。

退職する方の心に響くメッセージを

これまでの関係のなかで、繰り返し言われていた言葉や、会話のなかに出てきたことなどを引用することもおすすめです。自分の言葉が届いていたと分かり嬉しくなり喜んでもらえますよ。

目上の方に喜ばれる退職祝いメッセージ文例

それでは、書き方と喜ばれるポイントをチェックしながら、実際にメッセージを考えてみましょう。送る相手別に具体的な文例をご紹介しますので、敬意と感謝が伝わるメッセージを作ってください。

先輩に贈るメッセージ

先輩、今までお疲れさまでした。
自分の仕事だけでなく、いつも後輩の私たちのことを気にかけてくださる頼もしい先輩でした。公私共にたくさんお世話になり、ありがとうございました。
新しい職場でも、【名前】さんがご活躍されることを願っています。

先輩、退職おめでとうございます。
先輩と一緒にお仕事ができなくなってしまうのは寂しいですが、以前から話していた夢に向って挑戦できるということで、自分のことのように嬉しいです。
先輩がご活躍されることを願っています。今までお世話になりました。

ご退職、誠におめでとうございます。
お客様第一に、いつも東奔西走する姿は私たちの憧れでした。疲れひとつ見せない先輩でしたが、お忙しい日々をお過ごしだったかと思います。
これからもお体を大切に、新たな出発が実り多きものとなりますよう祈っております。

先輩、ご退職おめでとうございます。
何事にも真摯に向き合い、真面目に取り組まれる姿に憧れておりました。【名前】先輩を目標に、これからも精進致します。今までありがとうございました。
新天地でのますますのご活躍をお祈り申し上げます。

上司に贈るメッセージ

今までお疲れさまでした。
入社当初から【名前】さんにしていただいた一つ一つのアドバイスが、私にとっては今も宝物です。たくさんのご指導、本当にありがとうございました。
新しい環境でも、ますますご活躍されますことを願っています。

退職おめでとうございます。
長年のお勤め大変お疲れさまでした。絶えず笑顔で職場を明るくしてくださった【名前】さんがいなくなってしまうのが、私たちは寂しいです。
退職後も周りの方を笑顔にしてあげてくださいね。

長い間お疲れさまでした。
入社当初から、【名前】さんのお仕事の仕方や姿勢に憧れを持ち、ずっと目標にしてきました。これからはお仕事をする姿が近くで見られないと思うと、とても寂しいです。
これからもお体に気をつけて、ご活躍されますことを願っています。

ご退職おめでとうございます。〇年間ありがとうございました。
残業の時、こっそりコーヒーを買ってきてくださる、さりげない優しさにいつも救われていました。
私も【名前】さんのように、気配りのできる女性になれるよう頑張ります。

取引先の方に贈るメッセージ

今までお疲れさまでした。
いつもお会いするたびに、【名前】さんの笑顔から元気をいただいていました。親切にしていただきありがとうございました。
貴社でお会いできなくなってしまうのは寂しいですが、これからもご活躍されますことを願っています。

長年のお勤め、大変お疲れさまでした。
【名前】さんのご活躍で、貴社が発展されたと感じておりました。ずっとご多忙な日々を過ごされてきたことと思います。
お体を大切にしながら、これからもますますご活躍されますことを願っております。

ご退職おめでとうございます。
スケジュールが厳しい企画でも、いつも大変丁寧に対応してくださったことに心より感謝しております。
【名前】様のますますのご活躍をお祈り申し上げます。

ご退職、心よりお祝い申し上げます。
過密な日程の中でも、【名前】様は常に迅速に対応してくださいました。大変なご苦労があったかと拝察します。誠にありがとうございました。
ご健康には十分留意され、今後ますますご活躍されることを祈念しております。

恩師・先生に贈るメッセージ

先生、退職おめでとうございます。
長い間ずっと教師の仕事を続けてこられたこと、本当にお疲れさまでした。
お体に気をつけながら、これからもますますご活躍されますことを願っております。

先生、これまでお疲れさまでした。
先生の生徒や教育に対しての熱い思いを、子どもながらに感じていました。先生のような尊敬できる方が身近にいたことが、私にとって幸せなことでした。
どうぞお体を大切に、これからもご活躍くださいね。

【名前】先生、この度はご退職おめでとうございます。
今まで大変お世話になりました。
不真面目だった私に、何度もぶつかってくださったこと、一生忘れません。
先生がいらっしゃらなければ、今の私はいません。本当にありがとうございました。

ご退職おめでとうございます。〇年間、お世話になりました。
いつも私たちのために一生懸命な先生。とても嬉しい反面、お体が心配でもありました。
これからもどうかお元気で。またお会いできる日を楽しみにしております。

目上の方への退職祝いにおすすめのメッセージの伝え方

作った退職祝いのメッセージは、相手の心に響く形で伝えたいですよね。最後に、効果的な伝え方として、3つの例をご紹介します。

たくさんの人と一緒に寄せ書きにして贈る

多くのメッセージを色紙などに寄せ書きにして贈ると、見栄えが増して退職に華を添えるプレゼントにもなります。カラフルな色使いにしたり、写真を添えたりすると一層素敵です。

手紙やカードに手書きで

手書きのメッセージは、温かみがあり、目上の方への敬意も伝えることができます。文字が上手ではないと抵抗があるかもしれませんが、崩さず丁寧な文字で書けば失礼にはあたらないので、心を込めて書きましょう。

直接会えない方へはメールで

取引先の方や他部署の方などで、退職までに直接お会いすることが難しい場合もありますよね。そんなときはメールが便利ですが、メールの文章は冷たい印象になりがちなので、より丁寧な文章を心がけるのが成功のポイントです。

目上の方への退職祝いにおすすめのギフトをチェック!

編集部からのコメント

心のこもったメッセージで、目上の方の退職を祝いましょう!

目上の方に退職祝いのメッセージを送るには、書き方や伝え方などを意識することが大切。とはいえ、感謝や尊敬の気持ちを贈られることは嬉しいものですので、ここであげたポイントを押さえて、素敵なメッセージを贈りましょう。

贈る人から女性のプレゼントをさがす

イベントからプレゼントをさがす