人気の酵素洗顔料ランキングTOP10!毛穴や角栓ケアにおすすめ!

人気の酵素洗顔料ランキングTOP10!毛穴や角栓ケアにおすすめ!

最近肌がごわつく、イチゴ鼻が悩み、という人も多いでしょう。そんな人にぴったりなのが、今注目の「酵素洗顔」です。この記事では、編集部がwebアンケート調査を元に厳選した、大人気の酵素洗顔料10点をご紹介します。ランキング形式で徹底比較しているので、ぜひ参考にしてください。また、自分に合ったアイテムを選ぶポイントについても、詳しく掲載しています。

ターンオーバーがスキンケアの鍵!酵素洗顔に注目

キレイを意識する人の間で、「酵素洗顔料」が注目を集めています。
年齢とともにターンオーバーが遅くなると、皮膚が厚くなって肌がくすんだりごわついたりと、悩みの原因になることも多いです。

酵素洗顔は、古い角質を落とすことで新しい皮膚の再生を刺激し、ターンオーバーを正常化すると言われています。

しかし、使い過ぎはかえってターンオーバーを乱してしまうこともあるので要注意です。正しい使い方や注意点をしっかり確認して、理想の肌を目指しましょう。

酵素洗顔料とは?

「酵素洗顔料」は、通常の洗顔では落としきれない古い角質や、毛穴に詰まった汚れを分解して洗い流してくれる人気の洗顔料です。

酵素は水に反応して活性化するため、パウダー状のものが一般的。含まれる酵素の種類や、保湿成分などの違いで、さまざまな製品が登場しています。

酵素洗顔を選ぶメリットとは?

酵素によって古い角質や角栓を分解するため、洗浄力が強いことが一番のメリットです。
ターンオーバーが正常化するので、ニキビ予防にも繋がります。

そして、古い角質をはがすことで肌のくすみやごわつきをケアし、結果的にシミやニキビ跡を目立たなくする効果も期待できます。角栓や毛穴の汚れ対策にもおすすめです。

酵素洗顔のデメリットと注意すべきポイント

洗浄力が強いため、毎日のように使うと乾燥や肌荒れを引き起こすデメリットがあります。
肌の負担を考えて、週に1回程度の頻度で使うことをおすすめします。

また、肌にヒリヒリ感がある場合には、使う頻度を減らし、洗顔後のケアをしっかりすることが大切です。

自分にぴったりのアイテムは?酵素洗顔の選び方

自分に合ったものが一番!洗浄力で選ぶ

「洗顔料は洗浄力の強さで選ぶ」という人も多いですが、酵素洗顔の場合には、洗浄力が強すぎるとかえって肌の負担になってしまうことがあります。

特に、肌のくすみや毛穴汚れが気になる人は、使われている酵素の種類をチェックすることがポイント。
汚れの分解能力が高い酵素や、多種類の酵素が含まれているものは、比較的洗浄力が強いです。

一方、敏感肌や乾燥肌の人は肌に刺激が少ない、洗浄力がマイルドで保湿成分を含んだものがおすすめです。

配合されている酵素の種類で選ぶ

酵素洗顔に含まれる酵素には、タンパク質分解酵素と脂肪分解酵素の2種類があります。

酵素の種類によって洗浄力も変わってくるため、酵素の特性を確認して肌質にあった酵素洗顔を選んでください。

くすみを解消!タンパク質分解酵素

主なタンパク質分解酵素を見てみましょう。

●プロテアーゼ
タンパク質分解酵素であるプロテアーゼは、古い角質を分解して皮膚肥厚を防ぎます。
古い角質がはがれることでターンオーバーを助けるため、皮膚肥厚が原因で起こる大人ニキビに悩む人におすすめします。

●パパイン酵素
青パパイヤからとれる酵素で、プロテアーゼの一種です。分解能力は高いですが、正常な皮膚細胞には作用せず、不要になった角質のみを分解するという特徴があります。
皮膚への負担が少ないので、刺激が強い酵素洗顔が苦手な人に最適です。

●ブロメライン
お肉を柔らかくする目的などでも使われる、パイナップル由来の酵素です。タンパク質分解能力が高いので、特にくすみやごわつきが気になる人に向いています。

いちご鼻に効果的!脂肪分解酵素

酵素洗顔には、サンゴ酵素などの脂肪分解酵素(リパーゼ)がよく使われています。
脂肪分解酵素のおかげで、毛穴に詰まったメイク汚れや余分な皮脂が落ちやすくなるので、毛穴の開きにも効果的です。

オイリー肌の人には頑固な角栓に悩む人が多いですが、酵素洗顔を使えば酵素の力で角栓を分解して落ちやすくしてくれます。
そのため、角栓の詰まりで起こるいちご鼻に悩む人にもおすすめします。

保湿成分が配合されているかもチェック

洗浄力の強い酵素洗顔ですが、その洗い上がりの肌は無防備な状態になっています。
特に肌の弱い人や乾燥が気になる人は、肌を守ってくれる保湿成分が含まれているかチェックしてから購入しましょう。

●ヒアルロン酸
皮膚細胞の間にあって、水分をキープする役割を担っています。ヒアルロン酸配合の酵素洗顔は保湿効果が高く、乾燥肌の人におすすめです。

●セラミド
ヒアルロン酸と同じく肌に潤いを与えてくれるセラミドは、肌のバリア機能を助ける役割があります。敏感肌用の化粧品にもよく含まれている成分です。

肌を優しく包む!泡立ちの良さで選ぶ

洗顔の基本は「肌に負担をかけずに、しっかり汚れを落とす」こと。
特に、洗浄力の強い酵素洗顔の場合、こすらず優しく洗って肌の負担を軽くすることが大事なポイントと言えます。

そして、肌を優しく洗うコツは、洗顔料をしっかり泡立ててキメ細かい泡を作ることです。
強くこすらなくてもキメ細かい泡が毛穴に入り、酵素が汚れや角質を落としてくれます。

なるべく肌に負担をかけたくない人は、泡立ちの良さや泡質で酵素洗顔を選びましょう。

添加物に注目して選ぶことも大事

酵素洗顔に使われている添加物にはさまざまな種類がありますが、特に多いのはこちらの4つです。

・アルコール 
・防腐剤 
・香料
・鉱物油

これらの添加物を使用すると、低価格でも効果の高い商品を作ることができますが、その分肌への刺激は強くなります。
酵素洗顔のあとは特に刺激を受けやすい状態になるので、使われている添加物についても注意することをおすすめします。

肌荒れや洗い上がりのヒリヒリ感が気になる人は、添加物の少ないアイテムや無添加のものを選びましょう。

容器のタイプにも注目しよう

酵素洗顔に含まれる酵素は、水と反応して働く仕組みの成分です。
そのためパウダータイプのアイテムが多く、湿気の多い場所ではダマになったり、使う前に成分が劣化したりすることがあります。

そこで、お風呂で洗顔することが多い人は、使い切りできる個包装タイプがぴったりです。
また、劣化しづらいので酵素洗顔の頻度が少ない人にも向いています。

一方、「毎回開封するのが面倒」という人には、ボトルタイプがおすすめです。
個包装に比べて割安なことも、ボトルタイプのメリットと言えます。

酵素洗顔おすすめ人気ランキングTOP10!

それでは、酵素洗顔料のなかでもとくに人気の高いおすすめアイテムTOP10をご紹介します。

人気と実力を兼ね備えた10品を厳選し、それぞれの特徴や魅力にくわえて、実際に使った人のレビューや使い心地についてもまとめました。
配合されている美容成分や酵素の特徴をチェックして、肌質に合ったものを選んでくださいね。

第10位 クレソワン スノーパウダーウォッシュ 1gX60包(クレ・コーポレーション)

クレソワンのスノーパウダーウォッシュは、さらさらとした粒の小さいパウダーがホイップ状に泡立つのが特徴。泡立てネットを使って濃密な泡を簡単に作れます。

そして、プロテアーゼの働きによって古い角質を取り去り、ワントーン明るい肌へと導きます。
オーガニックシアバターやオリーブオイル、コラーゲンなどの保湿成分が肌にうるおいを与えるので、洗い上がりのしっとり感が好評です。

また、ラグジュアリーなパッケージデザインで、お試しにも使える10包入はプレゼントにも選ばれています。特に、美白コスメに興味のある人におすすめです。

【酵素の種類】プロテアーゼ
【保湿成分】シアバター、オリーブオイル

参考価格 4,000円程度

第9位 ミノン アミノモイスト クリアウォッシュ パウダー 35g(第一三共ヘルスケア)

デリケート肌やドライ肌をやさしくいたわるコスメを展開しているミノン。9種の保潤アミノ酸が配合されており、バリア機能をサポートしながらうるおいを守ってくれます。

このクリアウォッシュパウダーは、すっきりと洗えるのにつっぱらないマイルドな使い心地で人気です。肌のザラつきが取れるとの声も多く、乾燥も毛穴の詰まりもどうにかしたい人におすすめします。

さらに、香料やアルコールなどの刺激の強い成分は無添加なうえ、アレルギーテストや乾燥肌の人による連用テスト済と、肌への優しさにとことんこだわっています。

【酵素の種類】プロテアーゼ
【保湿成分】アミノ酸

参考価格 1,300円程度

第8位 オーキッド洗顔パウダー 50g(ハリウッド化粧品)

プロの美容家も愛用し、100年近くの歴史を誇るコスメブランドのハリウッド。時代や年齢を超えた美のこだわりが詰まったコスメたちは、多くの女性に愛されています。

オーキッド洗顔パウダーには、タンパク質を分解するプロテアーゼのほかに抗酸化力の高いオーキッドエキスが配合されています。
古い角質を落としながらくすみから肌を守る処方のため、「ワントーン明るくなったように感じる」との声が多いです。

泡立てネットで簡単に泡立ち、キメ細かいフワフワの泡ができあがります。うるおいは残しつつもさっぱりと洗い上げ、洗顔後の化粧水の浸透のよさを実感できます。

【酵素の種類】プロテアーゼ
【保湿成分】オーキッドエキス、コラーゲン、セラミド

参考価格 3,000円程度

第7位 米ぬか酵素洗顔クレンジング85g(みんなでみらいを)

この酵素洗顔クレンジングは、なんと米ぬかと小麦ふすまのみという超シンプルな処方で、コスメサイト@cosmeでも高い評価を受けています。
防腐剤や香料なども無添加で作られているので、添加物をできるだけ避けたい人におすすめです。

通常の洗顔料のように泡立てて使うタイプではなく、ペースト状にしてこすらないようやさしく肌を撫でることでメイクや汚れを落とします。
米ぬかにはメラニン色素の定着を抑えるビタミンB2など美容成分がたっぷり含まれているので、シミが気になる人にも向いています。

また、顔はもちろん、首や背中など体にも使うことができます。洗ったあとも微生物が水道管の中や水をキレイにしてくれるので、環境に優しいのも嬉しいポイントです。

【酵素の種類】米ぬか酵素
【保湿成分】ビタミンB2、セラミドなど(米ぬかに含まれる)

参考価格 2,300円程度

第6位 エイジングケア 洗顔クリーム 90g(ファンケル)

肌にやさしい無添加コスメが揃うファンケルの洗顔クリームは、酵素洗顔料のなかでは珍しいフォーム状です。
そのため、ほかの酵素洗顔料を毎日使うには刺激が強すぎる人や、敏感肌の人にも向いています。

また、酵素配合でありながら毎日の洗顔に使えるしっとりとした洗い上がりが喜ばれています。
フルーツ酵素エキスが古い角質を取り除き、くすみに負けない明るい肌に導いてくれます。

さらに、スピーディに泡立つので、忙しい朝や疲れて帰ってきた夜にも気軽に使えます。睡眠不足や多忙なときでもクリアな肌でいたい人に人気です。

【酵素の種類】セイヨウナシエキス、プルーン酵素エキス
【保湿成分】グリセリン、ローズマリーエキス

参考価格 1,500円程度

第5位 リフターナ クリアウォッシュパウダー 0.4g×32包 (pdc)

リフターナ クリアウォッシュパウダーは、パパインとリパーゼの2つの酵素にくわえて黒炭パウダーが含まれているのが特徴。
黒炭は皮脂を吸着する作用があるため、テカりやすい脂性肌の人におすすめです。

こちらは、通常の洗顔料に混ぜる方法がYouTubeで話題を集めています。
しっかりと泡立つタイプの洗顔料と混ぜることで、「すっきり感が段違い」との声も多くあります。

そして、濡れた手でも開封しやすいパッケージも好評です。
単体で使うときはもちろん、洗顔料に混ぜるやり方を試すときに、先に洗顔料が手に乗っている状態でも簡単に開封できるので快適に使えます。

【酵素の種類】リパーゼ、パパイン
【保湿成分】ダイズエキス、セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸

参考価格 2,200円程度

第4位 パウダーウォッシュプラス 50g(オルビス)

肌に負担をかけるオイルを100%カットし、ベタつかないのにうるおいが持続するコスメを次々リリースしているオルビス。ほとんどの商品に詰替用があり、リピートしやすい点も人気の理由です。

このパウダーウォッシュプラスは、酵素パワーでしっかり汚れを落とし、黒ずんだ毛穴を目立ちにくくしてくれます。
また、皮脂とタンパク質を分解する酵素に加えて、ヒアルロン酸などのうるおい成分も豊富に含まれているのが特徴です。

洗い上がりの良さもおすすめのポイントで、口コミでも「ツルツルもちもちの肌になる」と好評です。

【酵素の種類】プロテアーゼ、リパーゼ
【保湿成分】コラーゲン、ヒアルロン酸、ローヤルゼリーエキス

参考価格 1,600円程度

第3位 肌極 すべすべ素肌洗顔料 0.4g×32包(コーセー)

日本古来から、肌のうるおいを守ってくれる美肌成分の宝庫として珍重されてきた米ぬか。
その米ぬか由来の保湿成分を贅沢に配合した肌極の酵素洗顔は、高い洗浄力がありながらつっぱらないと評価が高いです。

この酵素洗顔パウダーは、タンパク質を分解してくれる酵素であるプロテアーゼの働きで毛穴の汚れを落とし、ニキビの予防に役立ちます。
泡がへたりにくくしっかり洗えるので、TゾーンはテカりやすいのにUゾーンは乾燥しやすいという混合肌の人におすすめします。

また、爽やかなシトラスフローラルの香りは、顔を洗うのが楽しみになるようないい気分にさせてくれます。

【酵素の種類】プロテアーゼ
【保湿成分】コメ胚芽油、ハチミツ

参考価格 1,300円程度

第2位 Obagi オバジC 酵素洗顔パウダー 0.4g×30個(ロート製薬)

肌本来の働きを助けていきいきとした美肌に導いてくれるオバジのコスメ。
この酵素洗顔パウダーは、市販で気軽に買えるうえに、優れた美容成分が配合されていることから人気を集めています。

パウダーにはビタミンCやヒメフウロエキスなど肌を整えてくれる成分が配合されているため、洗顔後のすべすべ感がやみつきになるという声が多いです。
また、ヒメフウロエキスはシワにアプローチする成分として近年注目されていて、エイジングケアに興味のある人にも向いています。

毛穴の黒ずみを落としてくれるのはもちろん、ビタミンC配合なのでニキビやくすみが気になる人にもおすすめです。

【酵素の種類】プロテアーゼ、リパーゼ
【保湿成分】アスコルビン酸、ヒメフウロエキス、ビタミンC

参考価格 1,600円程度

第1位 suisai ビューティクリアパウダー 32個(カネボウ)

「市販の酵素洗顔と言えばカネボウのsuisai」と言っても過言ではないほど知名度の高い、suisaiのパウダー洗顔。アミノ酸系の洗浄成分で優しく汚れを落とし、つっぱりにくいのが特徴です。

この酵素洗顔には古い角質と皮脂に効く酵素が二種類含まれており、さっぱりとした洗い上がりを実感できます。
酵素が空気に触れて働きが鈍くならない顆粒状で、新鮮な酵素の働きをそのまま肌に生かせるのも嬉しいポイントです。

泡がふわふわとした柔らかいタイプなので、濃密なもっちり泡が好きな人には通常の洗顔料に混ぜる使い方も人気です。パウダーの泡立てが苦手な方でも簡単に泡立てることができます。

【酵素の種類】プロテアーゼ、リパーゼ
【保湿成分】オランダカラシエキス、豆乳発酵エキス

参考価格 1,900円程度

酵素洗顔料の使い方

酵素洗顔は通常の洗顔料よりも皮脂や古い角質を落とす洗浄力が強く、つっぱりやすかったり刺激が強すぎたりする場合があります。
そのため、一般的に週に1~2回の使用が推奨されています。

ここでは、酵素洗顔のメリットを活かした、より効果的な使い方をご紹介します。いつもの洗顔に応用できるポイントも多いので、ぜひ参考にしてみてください。

基本は直接泡立てて洗う

基本的な使い方は、通常の洗顔料と同じく泡立てて顔にのせ、洗い流すという方法です。

まずは石鹸で手を洗い、できれば爪の間の汚れも爪ブラシ等で落として手を清潔にしておきます。

次に洗顔パウダーを手に取り泡立てます。泡立てるときは空気を含ませてたっぷりとした泡を作りましょう。泡立てが苦手な人には泡立てネットやスポンジの使用もおすすめです。

泡立ったら、Tゾーン、Uゾーン、目や口の順に泡をのせて、泡を転がすように洗ってからすすいでください。
すすぐときのお湯の温度は30℃程度を目安に、できるだけ肌をこすらないように注意してすすぎましょう。うるおいを残して汚れだけを落とせます。

お気に入りの洗顔料と混ぜても〇

酵素洗顔パウダーの泡だと洗いにくいと感じたり、泡立ちの悪さが気になる人は、ほかの洗顔料に混ぜる使い方をおすすめします。

通常の洗顔料を手にとり、そのあと酵素洗顔パウダーを手の上に一緒にのせて泡立てたら、あとは同じように洗顔するだけです。

洗顔後の保湿でうるおいアップするコツ

酵素洗顔はさっぱりとした洗い上がりのものが多く、肌質によってはつっぱることあります。

洗顔後の肌は古い角質や余分な皮脂が落ちてまっさらな状態です。保湿成分が浸透しやすい状態なので、洗顔後は時間を置かずに保湿するようにしましょう。
贅沢に美容成分が入ったフェイスマスクでパックをするのもおすすめです。

また、化粧水をつけるときは、手でつけるよりもまんべんなく保湿ができるコットンが向いています。
洗顔後の肌に刺激を与えないように、たっぷりと化粧水を含ませて優しくパッティングしてください。

おわりに

人気の酵素洗顔はいつもの洗顔では落ちにくい汚れを落としてくれる優れものです。
洗浄力が強いぶん、乾燥肌や敏感肌では使いにくいイメージもありますが、洗顔料選びと洗顔後の保湿で十分にうるおいを感じることができます。
人気の酵素洗顔をうまく使って、ひと皮剥けた美肌を手に入れましょう。

コスメのプレゼント 人気記事

「コスメ」の記事をもっと見る >>


スキンケアのプレゼント 人気記事

「スキンケア」の記事をもっと見る >>


コスメ・化粧品のプレゼント 人気記事

「コスメ・化粧品」の記事をもっと見る >>


贈る人から男性のプレゼントをさがす

イベントからプレゼントをさがす