男性の誕生日に喜ばれるブランド万年筆のプレゼント 人気ランキング2023!セーラーやモンブランなどのおすすめを紹介

男性の誕生日に喜ばれるブランド万年筆のプレゼント 人気ランキング2023!セーラーやモンブランなどのおすすめを紹介

男性への誕生日プレゼントに、個人個人の筆圧で絶妙な書き味を実現する万年筆を選んでみてはどうでしょうか。今回は、万年筆が喜ばれる理由を、【2023年 最新版】男性への誕生日プレゼントに喜ばれる万年筆の人気ブランドランキングと併せてご紹介します。おしゃれな方にはスタイリッシュなもの、大人な男性の方には品のあるクラシックなデザインなど、プレゼントされる男性の服装などに合わせて、相手の方にぴったりの素敵な万年筆を探してみてください。

男性の誕生日のプレゼントにブランド万年筆が喜ばれる理由は?

男性へのプレゼントに万年筆が喜ばれる理由

  • 書く人の筆圧によって文字に変化が味のある字が書ける
  • 使い込むほど手になじみ愛着がわき、長く使用できる
  • ボトルインクひとつあれば、約1年使用可能でコストパフォーマンスが高い

王様の筆記用具と言われる万年筆は、ペン先にかかる力の差によって絶妙な書き味が生まれ、使う人の個性が発揮できるので、男性へのプレゼントに喜ばれています。

万年筆は、ボールペンでは得られない満足感が得られ、書くことを楽しめる筆記用具ともいわれ、使い込めば使い込むほど手になじみ、愛着が沸いてきて長く使ってもらうことができるので、誕生日プレゼントなどのに贈るアイテムとして人気があります。

また、万年筆はインクがなくなってしまうと終わりのボールペンと違い、ボトルインクが1つあれば約1年間使用することが可能で、とてもコストパフォーマンスの高いアイテムです。

字を書く機会の多い社会人の方にとっては、モチベーションが上がり、やる気のでるステータスアイテムでもありおすすめです。
     

男性の誕生日にプレゼントするブランド万年筆の失敗しない選び方は?

男性にプレゼントする万年筆を選びかたのポイント

  • ペン先の細さ・硬さが様々であることに注意して選ぶ
  • 重さや長さなどのサイズやインク交換方式をチェックする
  • ステータスアイテムなので、贈る男性の服装に合わせてデザインを選ぶ

万年筆と一言で言っても、ペン先の細さや硬さ、インクの交換方式、デザインなどさまざまなものがあるので、プレゼントする男性の年齢や普段の服装に合わせてプレゼントすると喜ばれます。

万年筆のペン先には、MやB、Fなど細さの種類があります。日常的に使いやすい太さのものをプレゼントするのが良いので、F当たりの細さを選ぶのがおすすめです。
また、ペン先の硬さもポイントになります。軟らかいペン先が向いているのは、筆圧の弱い人、大きめの字を書く人、ペン先から離れた位置でペンを握る人といわれ、反対に筆圧の強い人、細かい文字を書く人、ペン先近くを握る人には硬いペン先が合うといわれているので、プレゼントを贈る方の普段の様子を見てぴったりの万年筆を探してみてください。

さらに、万年筆はインクを交換しながら長く使い続けられるものなので、インクの交換方式も一つのポイントになります。仕事でも使う機会のありそうな方へ贈る場合は、交換が簡単にできるカートリッジ式や両式タイプがおすすめです。

万年筆を持つことは、スーツや時計と同じように一種のステータスにもなるので、おしゃれな方にはスタイリッシュなもの、大人な男性の方には品のあるクラシックなデザインなど、プレゼントされる男性の服装などに合わせて、相手の方にぴったりの素敵な万年筆を探してみてください。

男性の誕生日プレゼントに人気の万年筆の平均予算は?ブランド別の相場は?

男性に人気の万年筆を贈る場合の予算相場

  • 全体的なプレゼント平均予算は、2,000円~5,000円
  • 比較的低価格なブランドは、SAILOR、Faber-Castell、LAMYなど
  • 高価なブランドは、Montblanc、CROSS、PARKERなど

ベストプレゼント編集部が「男性にプレゼントを贈ったことがある男女200人」に「男性へのプレゼントに万年筆を買う場合の予算」について、2023年1月にアンケート調査を実施しました。

その結果、男性に贈る万年筆の予算は、「2,000円~5,000円」の範囲の回答が全体の約70%を占めました。また、プレゼントを贈る相手が社会人の彼氏や旦那さんの場合の予算は「10,000円~20,000円」という回答が最も多くなりました。

少し予算に余裕のある場合は、吸入式の高めのものや名入れ加工を施したりするなどを選ぶのもおすすめです。

ブランド別に相場を見ると、比較的低価格なものがそろっているブランドとしては、SAILOR(セーラー)が1,000円から40,000円程度、Faber-Castell(ファーバーカステル)が2,000円から40,000円程度、LAMY(ラミー)が1,500円から34,000円程度となっており、予算に合わせて選ぶことができます。

予算に余裕のある場合は、Montblanc(モンブラン)が9,000円から50,000円程度、CROSS(クロス)が4,000円から50,000円程度、PARKER(パーカー)が3,000円から56,000円程度でそろっているので、喜んでもらえそうなものを探してみましょう。

男性の誕生日プレゼントに喜ばれるブランド万年筆の種類は?

男性に喜ばれる万年筆の種類について

  • インクの補充が簡単なカートリッジ式
  • コストパフォーマンスの高い吸入式
  • カートリッジ、コンバーターどちらも使える両用式

まず、カートリッジインク式は、万年筆のインク補充を簡単に出来るため人気があります。コスト的には他の方式に比べて高くなってしまうものの、その手軽さから人気の高いインク補充方式となっています。インク補充に慣れていない人におすすめです。

次に、吸入式は、ボトルインクよりインクを吸い上げてペン内部にインクを貯め使用します。古くより使用されている方法で、手間はかかりますが、その分愛着が沸き、より万年筆の魅力が満喫できる種類です。1度に大量のインクを吸入できコストパフォーマンスも高く、万年筆にこだわりがある人に人気があります。

また、カートリッジ、コンバーター両用式ともいわれる両用式は、、カートリッジを挿す部位にコンバーターと呼ばれる吸入器を装着し、インク瓶からインクを吸入出来る様にするものです。カートリッジ装着部に取り付ける構造上の都合から、吸入出来る量はカートリッジ式とほぼ同じか若干劣るものの、基本的には吸入式と同じく使用出来るインクの種類が多く人気があります。

【男性の誕生日に喜ばれるおしゃれなブランド万年筆のプレゼント 人気ランキングTOP10】

【2023年最新版】男性へのプレゼントに人気のおしゃれな万年筆ブランドランキングをまとめました。上位10位までをご紹介しますので、プレゼント選びの参考に、ぜひお役立てください。

10

Faber-Castell(ファーバーカステル)

Faber-Castell(ファーバーカステル)は、1761年にドイツで生まれた、現存する世界最古の文具製造メーカーで、世界ではじめて鉛筆を製造販売したことで知られています。また、ゴッホをはじめとする世界的有名画家や文豪、ファッションや建築・デザインに携わるプロから一般ホビーユーザーに至るまで、確かな品質で信頼され、世界120ヶ国以上で愛用されている画材・筆記用具カンパニーです。

「世界を代表する最古品質の筆記具を展開し、トップを目指す」というコンセプトのもとで生産されている製品は、上質なものが多く、効果で上品な贈り物として人気があります。初めて万年筆を使う人にも安心して進めることができ、贈り手のセンスの良さも認めてもらえるような万年筆が多いので、男性への誕生日プレゼントにおすすめです。

さらに、Faber-Castellの万年筆の最大の特徴は「使いさすさ」と「書き心地」にあります。持ちやすさと素材にこだわっており、鉛筆製造から受け継がれている持ちやすい形状と硬く質量があります。

また、耐久性にも優れるインド産の「エボニー(黒檀)」をボディに採用している上、すべての金属部分にプラチナコーティングを施し、美しさを永く保つことができます。このようにこだわったボディにより手なじみがよく、紙の上をサラサラと滑るような書き心地が魅力的です。

Faber-Castell(ファーバーカステル)を人気ランキング2023から探す

9

CROSS(クロス)

CROSS(クロス)は、1846年に木製用の金属性ホルダー製作がはじまりとなっており、1879年に現代のボールペンの先駆けとなる尖筆型(スタイログラフィック)万年筆を発明したブランドです。また、消耗品以外のクロス製品のすべては、機構上の故障について使用年数に関係なく永久保証されています。

クロスの万年筆は、コニカルトップと呼ばれる円錐のキャップやペン軸からペン先への流れるような流線形デザインが特徴で、飽きのこないデザイン、いい意味で誰にでも合う製品なので、男性への誕生日プレゼントにおすすめです。

中でも、書き心地の良さとコストパフォーマンスの高さ、ビジネスシーンを想定した実践性が魅力で、社会人の男性に特に人気があります。

CROSS(クロス)を人気ランキング2023から探す

8

Sheaffer(シェーファー)

Sheaffer(シェーファー)は1907年にレバー充填式万年筆を開発し、特許を取得したことがはじまりとされているアメリカの万年筆メーカーです。構造上の故障に対して永久保証しているライフタイムペン、「タッチダウン式」などインク吸入が新しいメカニズムの万年筆などを次々と発表し、高い機能性が世界的に認められています。

また、日本の吉田茂首相やニクソン、レーガンなど歴代の米国大統領にも愛用され、堂々とした風格から今でも世界の重鎮に愛され「世界の歴史を記したペン」ともいわれています。

品質検査に合格した証として用いられていたクリップ上部に描かれたホワイトドットマークが、現在では品質と信頼を示すブランドを象徴するマークとして描かれています。空気の圧力によってインクを吸入する「タッチダウン式」や同軸を回転させてペン先から金属製チューブを出してインクを吸入させる「スノーケル」など、様々な画期的機能を持つ万年筆を取り揃えているので、男性への誕生日プレゼントに人気があります。

シンプルなデザインのものからバーガンディ柄などデザインが豊富にそろっているので、贈る男性の好みに合わせて選ぶことができます。好みがよくわからない場合には、日常的に頻繁に使用してもタフに使えて耐久性に優れ、ビジネスシーンで活躍しているVLRシリーズから選ぶのがおすすめです。

Sheaffer(シェーファー)を人気ランキング2023から探す

7

WATERMAN(ウォーターマン)

WATERMAN(ウォーターマン)は、「優れた技術と優れたデザインを融合させて、持つ人に表現する喜びを与えるような筆記具を提供すること」をモットーに、時代のニーズに合った製品を数多く生みだしてきた筆記用具界のパイオニア的メーカーです。1883年に毛細管現象を応用したインク漏れのしにくい万年筆を世界で初めて開発し、クリップ付きのキャップやカートリッジインクなど、現在では定番になっている万年筆の基礎を気づき上げたブランドでもあります。

軸に真鍮を使用しているものが多いため、他社メーカーより重く頑丈で重量感があるのがWATERMANの特徴です。万年筆に慣れていない人はペン先を立て、筆圧が強くなる傾向にあるので、ペン先の硬さをフローの良さで補い、軽い力で文字を書くことのできるWATERMANの万年筆は万年筆の初心者におすすめです。

中でも、「エキスパート」シリーズはメタリックの高級感あふれるデザインで使う人を惹きたてビジネスシーンで活躍しています。美しいデザインから「ライティング・ジュエリー」とも称されるWATERMANの万年筆は男性への誕生日プレゼントにぴったりで、重宝されるアイテムです。

WATERMAN(ウォーターマン)を人気ランキング2023から探す

6

PILOT(パイロット)

万年筆 PILOT(パイロット)は、1918年に「株式会社並木製作所」として設立し、万年筆の製造販売を始めました。その後、大船の先頭に立って進む「水先案内人」のように、筆記用具業界の水先案内人になりたいという思いから「PILOT」と名づけられました。

万年筆、シャープペンシル、ボールペンやマーカーをはじめとするパイロット製品は、筆記用具の代名詞と称されるまでに成長し、国内だけでなく海外でも広く愛用されています。

パイロットは、ペン先に多く使用される金属のイリジウムよりも硬く、摩擦に強い「イリドスミン」という合金を自社生産している世界でも数少ないブランドです。万年筆の種類が非常に多い上、品質が安定しているためハズレが少なく製品として非常に優秀なのが特徴で、安全性も高いことから男性への誕生日プレゼントなど贈り物に喜ばれています。

中でも、全国万年筆専門店会と共同で開発された「エラボー」は人気製品です。ソフトタッチによって字幅などの絶妙なニュアンスを美しく表現でき、「とめ」、「はね」、「はらい」など日本の文字にある美しさをよりよく表現できるのが特徴です。

高級感のあるボディカラーは、ブラック・レッド・ライトブルー・ブラウンの4色があるので、プレゼントする男性にぴったりのものを選ぶことができます。

PILOT(パイロット)を人気ランキング2023から探す

5

LAMY(ラミー)

LAMY(ラミー)は、1930年にドイツ ハイデルベルグで設立されたブランドで、自社専属デザイナーだけでなく世界中の様々なデザイナーとコラボレーションし、ユニークなデザインの製品を数多く手がけたくさんのデザイン賞を受賞しています。「機能美」を追求しており、商品だけでなくパッケージや商品開発の行われる社屋にまでこだわり、クリエイティブな商品が生まれる環境づくりがなされています。

フリーランスデザイナー特有のクリエイティブな発想と社内デザイン部が互いに刺激しあうことで、斬新かつ機能的なデザインの万年筆が生まれるのがLAMYの特徴です。LAMYは継ぎ目のわからないような表面加工技術をはじめ多くの優れた技術を有しているため、デザインの細部までを具現化することができています。

時代を先取りする画期的なデザインが多いLAMYの万年筆は、使いやすさはもちろんのこと、カラフルでおしゃれなデザインが豊富にそろっているので、幅広い年代にファンが多く、新社会人など若い年代の男性への誕生日プレゼントにもおすすめです。

LAMY(ラミー)を人気ランキング2023から探す

4

パーカー(ブランド)

パーカー(PARKER) 万年筆

PARKER(パーカー)は、1888年にそれまで大きな問題となっていた万年筆のインク漏れを防ぐ画期的なインク供給システムをジョージ・S・パーカーが発明したことから「PARKER」も歴史が始まりました。最新の技術を取り入れ、使いやすさ、耐久性そして美しいスタイリングで高い評価を獲得し、“世界で最も愛されているペン─The Most Wanted Pen─”と呼ばれるのにふさわしい数々の製品を生み出しています。

良質な書き心地はもちろんのこと、全体がメタル加工で仕上げられた流線形のデザインやラバーとメタルを組み合わせたビジネスシーンで栄えるものなどが多く、男性への誕生日プレゼントなどにおすすめです。

また、PARKERの万年筆は知名度が非常に高く、持つことが一つのステータスにもなると言われています。「持ち物にこだわっている」「いいものがわかる」というイメージを周囲に与えるため、世代を問わず人気となっています。

パーカー(PARKER) 万年筆を人気ランキング2023から探す

3

ペリカン

ペリカン(Pelikan) 万年筆

ペリカン(Pelikan) 万年筆
平均レビュー点数
4.5

30,200円 (税込)

アイテム公式サイト

Pelikan(ペリカン)は、1832年にドイツ人化学者のカール・ホルネマンによって設立された絵具・インク工場が起源の文房具・オフィスメーカーで、万年筆をはじめ、絵具や鉛筆、クラフト資材など幅広い商品を取り扱っています。本格派の大人向け万年筆から子供向け万年筆まで幅広い商品を展開しており、様々な年代の人から愛されています。

中でも、万年筆に強いこだわりを持ち、インクカートリッジに比べて3倍量のインクを入れることのできる吸入式万年筆のみを手掛けています。これは吸入式にすることによって、インクを入れ直す際にペン先の洗浄ができ、メンテナンスがしやすいのが魅力で、はじめて万年筆を持つ男性への誕生日プレゼントなどにおすすめです。

クリップ部分が、おしゃれなペリカンのくちばしデザインになっていてるのも特徴のひとつで、本体のカラフルな縦縞は、赤や青など様々なバリエーションと金銀2種類の金具で、万年筆のコーディネート幅が広がり、プレゼントする男性の好みに合わせて選ぶことができます。

ペリカン(Pelikan) 万年筆を人気ランキング2023から探す

2

Montblanc(モンブラン)

Montblanc(モンブラン)は、1906年にドイツで設立されたメーカーで、「ホワイトスター」と呼ばれる六角形の白いロゴマークがキャップの先端についていて、ヨーロッパ最高峰の山「モンブラン」の山頂を覆う万年雪を表し、モンブラン山の標高である「4810」がペン先に刻まれているのが特徴です。

Montblancでは万年筆の太さ・重さ・長さ・重心を開示しており、万年筆が選びやすくなっていること、修理や交換などのアフターサービスが充実していることから人気があり、男性への誕生日プレゼントなどにおすすめです。

世界的に認知されている高級筆記用具ブランドとして品質はもちろん、滑らかな書き味、持っていること自体が一つのステータスとなるほどの高級感は、幅広い年齢の方に喜ばれ、長く愛用し続けることができます。

Montblanc(モンブラン)を人気ランキング2023から探す

1

SAILOR(セーラー)

SAILOR(セーラー)は、1911年に創業した、日本で初めて金ペンの製造を行ったメーカーで、「パイロット」「プラチナ万年筆」と並び、万年筆の日本三大メーカーと言われています。創業当時より手作業にこだわり、一貫した国内生産が魅力で、非常に完成度が高く圧倒的なクオリティを誇っています。

伝統的な技術を継承していくために、古くから職人の育成にも力を入れており、日夜改善を繰り返し、美しく高品質な製品をつくり続けて人気を博しています。

セーラーの万年筆は、「書く楽しさ」を教えてくれるようななめらかな書き味で、万年筆を初めて使う方への手始めの一品として、男性への誕生日プレゼントにおすすめです。

中でも、「プロフィット」シリーズは、手ごろな予算ながらも、セーラーの万年筆の高い技術を実感することができます。また、ペン先に強いこだわりを持ち、熟練した職人により個々のオーダーメイドも対応しているため、オリジナルのものを贈ることができプレゼントにぴったりです。

SAILOR(セーラー)を人気ランキング2023から探す

男性の誕生日に喜ばれるおしゃれなブランド万年筆一覧

商品画像 SAILOR(セーラー)
1
Montblanc(モンブラン)
2
ペリカン(Pelikan) 万年筆
3
パーカー(PARKER) 万年筆
4
LAMY(ラミー)
5
PILOT(パイロット)
6
WATERMAN(ウォーターマン)
7
Sheaffer(シェーファー)
8
CROSS(クロス)
9
Faber-Castell(ファーバーカステル)
10
商品名 SAILOR(セーラー) Montblanc(モンブラン) ペリカン(Pelikan) 万年筆 パーカー(PARKER) 万年筆 LAMY(ラミー) PILOT(パイロット) WATERMAN(ウォーターマン) Sheaffer(シェーファー) CROSS(クロス) Faber-Castell(ファーバーカステル)
価格 14,400円(税込) 72,000円(税込) 30,200円(税込) 10,200円(税込) 3,900円(税込) 11,200円(税込) 14,500円(税込) 6,800円(税込) 13,300円(税込) 13,000円(税込)
詳細

男性の誕生日プレゼントにブランド万年筆を贈った人の体験談

ベストプレゼント編集部が「男性の誕生日に万年筆をプレゼントしたことがある人50人」に「実際の体験談」について2023年1月にアンケート調査実施しました。

彼氏への誕生日プレゼントでPARKERの万年筆を贈りました。

彼氏への誕生日プレゼントに悩み、ぎりぎりで決めたのですが、名入れ加工も施してもらい素敵なプレゼントになりました。

書き味が良いとすごく喜んでくれてうれしかったです。/20代女性

主人への誕生日プレゼントに贈りました。

主人の誕生日プレゼントにファースト万年筆として贈りました。

筆圧の関係か極細でも少し太めだったようですが、書き心地がとても柔らかく使いやすいと喜んでくれました。この商品を選んでよかったです。/30代女性

編集部からのコメント

万年筆は男性のステータス!上質なプレゼントを贈ってあげましょう

タイプやデザインが様々あり、ビジネスシーンでも活躍するステータスアイテムなので、贈る方の好みにあわせてプレゼントすると喜ばれるのですね。今回ご紹介した選び方のポイントや人気ブランドランキングを参考に、ぜひ素敵な万年筆を選んでください。

贈る人から男性のプレゼントをさがす

イベントからプレゼントをさがす