Bluetooth・ブルートゥースイヤホン人気ランキング2023!ワイヤレスでも高音質なものがプレゼントにも最適!

Bluetooth・ブルートゥースイヤホン人気ランキング2023!ワイヤレスでも高音質なものがプレゼントにも最適!

通勤や通学から、運動時や集中したいときまで、日常生活で音楽を楽しむ方は多くいます。そんな音楽好きの方から、コードレスで聞くことができて便利なブルートゥースイヤホンが支持されています。そこで今回は2023年最新版のブランドブルートゥースイヤホン12選をランキング形式でご紹介します。また、選ぶ際に気をつけたいポイントや特徴についても調査しましたので参考にしてください。

ブルートゥースイヤホンがプレゼントに人気の理由や特徴は?

ブルートゥースイヤホンがプレゼントに人気の理由

  • コードが邪魔にならない利便性
  • イヤホンジャックがない製品にも接続できる
  • 毎日使っても壊れにくいものが多い

通勤や通学で普通のイヤホンをして音楽を聴いていると、コードが持ち物に引っかかったり外れたりして不便だという声も多く聞かれます。その点ブルートゥースイヤホンは無線なので、コードが邪魔になる心配もありません。

さらに最近発売されたiPhone12をはじめとする最新機種はイヤホンジャックがついていないため、ブルートゥース接続型のイヤホンの需要が高まっています。もちろん、それ以外のAndroid製品やタブレットにも使えるので便利です。

また、毎日繰り返し充電して使っても何年も使用できるものが多いのが特徴です。そのため、普通のイヤホンを何度も買い直すより賢い選択肢として注目されています。

ブルートゥースイヤホンのプレゼントの選び方は?

ブルートゥースイヤホンのプレゼントの選び方

  • 使ってもらいたいシチュエーションに合わせた形状や機能
  • 途切れづらさや音質へのこだわりで選ぶ
  • デザインやカラーを相手の好みに合わせる

ブルートゥースイヤホンを選ぶ際は、相手の方がよく使う状況に合わせた形状や機能を選びましょう。例えば、普段からよくジョギングを楽しむ方には耳から落ちにくいものを、通勤通学などの普段使いが多い方には遮音性が高いものを選ぶと喜ばれます。

従来のブルートゥースイヤホンは普通のイヤホンより音が途切れやすいものが多くありました。しかし研究によって、途切れにくいもの、音質が良いものが多くなっていますので、その点を重視して選ぶと失敗が少なくなります。

加えて、ブランドによって非常に幅広いデザインとカラーが取りそろえられています。相手の方の好みに合ったイヤホンを普段使っている小物やデジタル機器から推測して選びましょう。

ブルートゥースイヤホンをプレゼントするときの予算は?

ブランドブルートゥースイヤホンは比較的高価格帯のものが多いですが、なかには、手頃な価格で買えるものもあるため、求めている性能と価格のバランスを見極め、最適なイヤホンを見つけてください。

例えば、QCYやタオトロニクスのイヤホンは2,000円から9,000円程度の比較的低価格のものが多いです。そのため、シンプルなイヤホンを普段使いしたい方に気軽に贈ることができます。

一方、ボーズやビーツ・バイ・ドクター・ドレなどは、20,000円台の高価格帯のものが多くなっています。しかし、高性能な機能が複数搭載されていたり、音質に非常にこだわって作られていたりと、価格以上の価値があるものばかりです。

【プレゼントに喜ばれるおしゃれなブルートゥースイヤホンランキングTOP12】

性能も音質も良いブルートゥースイヤホンは数多くありますが、そのなかでも特におすすめのブランドを1位から12位までランキング形式でご紹介します。それぞれ違った特徴がありますので、最適なプレゼント選びの参考にしてください。

12

JVC

JVCは、旧日本ビクターと旧ケンウッドという、蓄音機も製造していた老舗のブランドが合併して2008年に設立されました。長年培ってきた技術を使い、高性能な製品を多く作り出しています。

なかでも人気なのはHA-ET800BTシリーズで、主にトレーニング時に使いやすいよう設計されています。様々な耳の形にフィットするピボットモーションサポートは、動き回ってもずれにくいので快適です。

また、通常のイヤーピースの他に、低遮音イヤーピースが付属しており、周囲の音が聞こえやすいので外でも安心して使えます。他にも防水性能がしっかりしているので、使い終わった後に水洗いもできて常に清潔を保てるのも嬉しいポイントです。

JVCを人気ランキング2023から探す

11

ボーズ(BOSE)

1964年にアメリカで創立したボーズのイヤホンは、その高い音質と便利な機能が世界中で評価されています。特に重低音が音量に左右されずしっかりと耳に響くことで有名です。

ボーズのSoundSporthシリーズは、こちらもスポーツをたしなむ方たちから強い人気があり、汗を防ぐ防滴機能はもちろんのこと、心拍数センサーまでついています。そのため、エクササイズの成果も確認できるのが魅力のひとつです。

また、一時停止や曲送りが簡単にできるコントロールスイッチは非常に高性能で、反応の良さにも定評があります。そういった機能が付属しているため価格は少し高めですが、良いものを長く使いたいという方におすすめです。

ボーズ(BOSE)を人気ランキング2023から探す

10

ジェイビーエル(JBL)

目の前に音が迫ってくるかのような迫力のあるサウンドで知られるジェイビーエルは60数年にわたって広く愛されてきました。主に高級スピーカーのブランドとして有名ですが、そのスペックをイヤホンにも引き継いでいます。

そのハイエンドスピーカー、EVERESTと同じシリーズ名のイヤホンは、世界最小クラスの5.8mm径ユニットを搭載しているため、とても軽いのが特徴です。さらに中音域のクリアな音質と締まりのある低音の両方を楽しめます。

また、ファブリックケーブルを採用したE25BTは、バックの中にいれても絡みづらいため女性や子供へのプレゼントとしても人気です。さらに耐久性も高く、はじめてブルートゥースイヤホンを使うという方でも安心して使えます。

ジェイビーエル(JBL)を人気ランキング2023から探す

9

オーディオテクニカ(audio-technica)

プロ用の音響機器で有名なオーディオテクニカは2012年に50周年を迎えたブランドです。日本国内だけでなくアメリカでもヘッドフォンやイヤホン市場に参入し、長年続く安定した性能が人気を誇っています。

特に、長時間聞いていても疲れにくい自然な音質が良い、という声が多く聞かれます。ボーカルだけでなくアコースティックギターやピアノの高い音色など、繊細な楽器の音色まで拾ってくれるのでずっと聞いていたくなるほどです。

また、ATHシリーズは落下防止に役立つクリップで固定できるようになっており、より快適に使えます。その音質にこだわりながらも普段使いに適した機能性の高さが老若男女問わず人気です。

オーディオテクニカ(audio-technica)を人気ランキング2023から探す

8

オンキヨー(ONKYO)

オンキヨーは1946年に大阪で創立され、ドイツ、アメリカ、中国、マレーシアなど世界各地で愛用されるオーディオ製品を数多く世に送りだしています。全体的にシックで力強いデザインが多いブランドです。

なかでも、W800BTは、2016年に国内初の左右完全独立型イヤホンとして発売されて以来、売り切れ続出になるほど人気があります。コードがないため、首回りの負担がなく、マスクをかけていても邪魔にならないのが嬉しいポイントです。

さらに、持ち運びながら充電できる専用のケースがついているため、途中で電池切れを心配することもありません。少し大きめですが、安定感があり、男らしいブラックのデザインがビジネスマンを中心に人気を集めています。

オンキヨー(ONKYO)を人気ランキング2023から探す

7

Mpow

Mpow のブルートゥースイヤホンは非常に低価格でありながら、軽量で高性能な製品が多いことで知られています。その軽さはつけていることを忘れてしまいそうになるほどです。

しかも、防滴加工済みのため、雨や汗にも強く、軽いスポーツ時に愛用している方も多くいます。加えて、ノイズが少ないため、電車内や雑踏などでも重宝すると話題です。

さらに、イヤホン部分がマグネットになっていて、両側をくっつけたり離したりすることで、再生、一時停止が簡単にできる便利さに定評があります。一番人気のMPBH053ABは、1980円というお手頃な価格で若者を中心に人気を集めています。

Mpowを人気ランキング2023から探す

6

サウンドピーツ(SoundPEATS)

2010年に中国で設立されたサウンドピーツは、歴史はまだ浅いものの、斬新かつ新時代を感じさせるデザインの製品を多く生み出している新進気鋭のブランドです。その種類の豊富さは目を見張るものがあります。

なかでも人気のQY29は左右独立型のシンプルな白いイヤホンで、本体がわずか5.3gしかなく長時間つけていても疲れにくい設計です。また、Q16は同じく左右独立型でありながら、イヤーフック型になっています。

他にも、チョーカーのように首にかけたリモコンからコードが伸びているQ800のおしゃれなデザインは人気が高いです。いずれもブルートゥース4.1に対応していて、性能面においても好評といえます。

サウンドピーツ(SoundPEATS)を人気ランキング2023から探す

5

ビーツ・バイ・ドクタードレ(Beats by Dr.Dre)

ビーツ・バイ・ドクタードレは、2008年にアメリカのヒップホップミュージシャン、ドクター・ドレーによって設立されたブランドです。その重厚な音質とクールでスタイリッシュなデザインは短期間で一世を風靡し、著名アーティストも多数愛用しています。

特に洋楽や、流行のポップミュージックを聴くのに最適な音質にこだわっており、10代20代の若者の間で絶大な人気があります。また、Powerbeats3ならバッテリーが12時間持続するのも嬉しいポイントのひとつです。

なかでも、どうしても充電が必須になってくるブルートゥースイヤホンにおいて、5分の充電で1時間再生できるFastFullという便利な機能もついている点が高い評価を得ています。万が一充電を忘れて寝てしまっても安心です。

ビーツ・バイ・ドクタードレ(Beats by Dr.Dre)を人気ランキング2023から探す

4

QCY

QCYは中国のブランドですが、説明書はきちんと日本語で入っています。なんといっても価格が安く、高価なブルートゥースイヤホンを買うのをためらってしまっている方に特におすすめです。

QCYのQY8は、標準より少し太めのコードで両側がつながっているため、断線の心配がなく安心して使えるとの声が多く聞かれます。遮音性が高く、音漏れしないのが特徴で、電車の中で愛用しているという方も多いです。

それ以外にも、Q29はコードレス型で、両耳での使用だけでなく、片耳単体でも使える優れものとして知られています。また、バランスの良い音質ですが、高音域が非常にクリアという点が人気です。

QCYを人気ランキング2023から探す

3

タオトロニクス(Tao Tronics)

タオトロニクスはアメリカのカリフォルニアに本社を置いているブランドです。世界中に広まっていますが、日本にも10年ほど前から進出し、イヤホンやレンズなど便利なスマホ用品を手がけています。

タオトロニクスのイヤホンは比較的低価格でありながら、充実した機能に定評があり、リピーターも多いです。長年使っても壊れにくいので多くの人に選ばれています。

また、そのフィット感も評価が高まっています。例えばTT-BH06なら、イヤホンそのものは大きめに見えますが、実際の装着感が良く、意外と小型なので耳の小さな方へのプレゼントにもおすすめです。

タオトロニクス(Tao Tronics)を人気ランキング2023から探す

2

プラントロニクス(Plantronics)

プラントロニクスは1961年に商業用航空ヘッドセットを開発したことから始まりました。その性能は素晴らしく、月面着陸といった宇宙での活躍も話題になりました。

なかでも、2017年に発売された新モデルのBACKBEAT FITシリーズは、スポーツ用に開発されたハイスペックなブルートゥースイヤホンとして知られています。その洗練されたデザインが非常に魅力的です。

デザインだけでなく、突然の雨に対応できる撥水コート仕様で、いつでも気軽に使うことができます。また、カラーはステルスグリーンやスポーツグレーなどの美しい5色から選べて、毎日のエクササイズのお供に最適です。

プラントロニクス(Plantronics)を人気ランキング2023から探す

1

ソニー(SONY)

1946年から続く日本を代表する有名ブランドのソニーは、世界中で愛されてきました。その知名度は非常に高く、性能、音質などどれをとっても評価が高いです

数多くの良品を生み出してきたソニーのブルートゥースイヤホンのなかでも、MDR-EX31BNは人気が高い一品です。なんとAIノイズキャンセリングがついていて、ボタンひとつで最適なモードを選んでくれます。

その遮音性は他の追随を許さず、周囲の騒音を98%カットできる高性能なイヤホンです。そのため、音楽の臨場感を味わいたい方にプレゼントすると喜ばれます。

ソニー(SONY)を人気ランキング2023から探す

プレゼントに喜ばれるおしゃれなブルートゥースイヤホン一覧

商品画像 ソニー(SONY)
1
プラントロニクス(Plantronics)
2
タオトロニクス(Tao Tronics)
3
QCY
4
ビーツ・バイ・ドクタードレ(Beats by Dr.Dre)
5
サウンドピーツ(SoundPEATS)
6
Mpow
7
オンキヨー(ONKYO)
8
オーディオテクニカ(audio-technica)
9
ジェイビーエル(JBL)
10
ボーズ(BOSE)
11
JVC
12
商品名 ソニー(SONY) プラントロニクス(Plantronics) タオトロニクス(Tao Tronics) QCY ビーツ・バイ・ドクタードレ(Beats by Dr.Dre) サウンドピーツ(SoundPEATS) Mpow オンキヨー(ONKYO) オーディオテクニカ(audio-technica) ジェイビーエル(JBL) ボーズ(BOSE) JVC
価格 9,700円(税込) 6,100円(税込) 5,400円(税込) 4,700円(税込) 23,100円(税込) 5,200円(税込) 7,900円(税込) 14,800円(税込) 11,100円(税込) 13,800円(税込) 20,300円(税込) 6,000円(税込)
詳細
編集部からのコメント

便利で高音質なブルートゥースイヤホンは現代の生活にぴったりです。

日々の運動や通勤通学にも使えてコードが邪魔にならないブルートゥースイヤホンはとても便利です。今回ご紹介したランキングを参考に、高性能で高音質なイヤホンを選んで、現代の生活に最適な贈りものをしましょう。

贈る人からプレゼントをさがす