“笑屋の同窓会”や”Wakka”でお馴染みの同窓会サービス!コミュニティを確立する「笑屋株式会社」の裏側に密着インタビュー!

“笑屋の同窓会”や”Wakka”でお馴染みの同窓会サービス!コミュニティを確立する「笑屋株式会社」の裏側に密着インタビュー!

【企業密着インタビュー企画第12弾】近年注目を集める、同窓会などのイベント代行事業やライフスタイルの輪が広がるコミュニティサービス。今回は、人気急上昇中の“笑屋の同窓会”や“Wakka”などを運営している「笑屋株式会社」に密着取材しました。それぞれのサービスを始めようと思ったきっかけやエピソード、満足度の高いサービスにするためのこだわりなどをご紹介します。嬉しいサービスが盛りだくさんなので、ぜひ利用してくださいね。

目次
同窓会幹事代行など、さまざまなサービスを運営する「笑屋株式会社」をご紹介! コミュニティーに関するサービスを始めたきっかけは? 新たなストーリーが築ける同窓会・SNSサービスのこだわり 「笑屋の同窓会」利用して良かった! 笑屋の同窓会だけじゃない!注目サービスを紹介! 30歳という節目に刺激を感じられる同窓会「三十会」! コミュニティでつながる居心地の良い空間「Wakka」! 登録者数約20万人!Wakkaのベースとなった「同窓会グラフ」! 同窓会幹事代行サービスを実際に活用した人達の感想! プロがおすすめするコミュニティサービスの使い方! 同窓会サービス、コミュニティサービスに対する熱い気持ち!

同窓会幹事代行など、さまざまなサービスを運営する「笑屋株式会社」をご紹介!

さゆり

BEST PRESENT編集部 さゆり

みなさんこんにちは!BEST PRESENT編集部のさゆりです。
今回のインタビュー企画は、“笑屋の同窓会”などを運営している「笑屋株式会社」に密着します!

「笑屋」はさまざまな同窓会の幹事の代行事業、趣味やイベントのコミュニティサイトなどを展開している会社です。
それぞれのイベントごとに作るコミュニティで、出欠確認や写真の共有などを管理しており、当日の幹事からアフターサポートまでのすべてをプロデュースしています。

そこで、運営に携わる尾澤さんに、始まりのエピソードや他社に負けないこだわり、おすすめサービスなどを伺いました。

<プロフィール> 
笑屋株式会社
尾澤様

日大芸術学部で演劇を専攻した経験を活かし、新卒でイベントプランニング会社に勤務。
その後はフリーのサウンドクリエイターとして活動。
それまでのプランニング・ディレクション経験を活かし、
2016年より笑屋株式会社にジョイン。

現在はWakka、同窓会事業のマーケティング、学校・自治体の課題解決などを中心に行っている。
尚、副業としてサウンドクリエイターの仕事も継続中で、舞台や企業のWEBムービーなどの楽曲制作を中心に行っている。

コミュニティーに関するサービスを始めたきっかけは?

出典 wakka.io

笑屋株式会社が創業されたのは、SNSが普及し始めた2009年。
どうして同窓会などのコミュニティビジネスに目をつけたのでしょうか?
まずは、サービスを始めたきっかけやエピソードを聞かせていただきました。

同窓会サービスを始めようと思った理由

出典 dsksyoya.com
さゆり

BEST PRESENT編集部 さゆり

同窓会サービスをはじめ、コミュニティビジネスに着目したきっかけを教えてください。
尾澤さん

笑屋株式会社 尾澤さん

実は、SNSの普及と同時に、当時の代表がすでにコミュニティビジネスに目をつけていたんです。
そのときに、いろいろな調査や自身の経験から、同窓会サービスにたどり着きました。
さゆり

BEST PRESENT編集部 さゆり

当時からすでにコミュニティビジネスに着目されていたとは、早いですね!
当時の代表はどのような経験をされたんですか?
尾澤さん

笑屋株式会社 尾澤さん

この会社を創業する前に、代表自身が幹事を務めて同窓会を開催したことがありました。
何十年も会っていなかった友達と過ごす時間は、本当に楽しくて素敵なひとときだったみたいで、ここから新しいストーリーを築きたいと感じたそうです。
しかし、同窓会の企画から開催までにかかった費用がすごく赤字になってしまって、幹事をする大変さも経験したと聞いています。
さゆり

BEST PRESENT編集部 さゆり

その経験があったから、同窓会サービスを始めようと思われたんですね。
尾澤さん

笑屋株式会社 尾澤さん

そうです。
そのあと、幹事の大変さを痛感した代表は、同窓会を援助する代行サービスがあることを知りました。
それがきっかけで、考えていたコミュニティサービスと、同窓会の幹事代行やプロデュースをするサービスをかけ合わせてみようとなったのが、笑屋の始まりです。
さゆり

BEST PRESENT編集部 さゆり

なるほど!
新しく始めるコミュニティと違って、同窓会のコミュニティサービスはもともと存在したコミュニティを再開するという意味でも親しみを感じます。
尾澤さん

笑屋株式会社 尾澤さん

やっぱりそう感じますよね。
同窓会って、どんな人の人生にも起こりうるイベントなんです。だからこそ、トレンドや流行に左右されることなくサービスを続けることができると思っています。
さゆり

BEST PRESENT編集部 さゆり

お話を聞いていて、私も旧友に会いたくなってきました。

新たなストーリーが築ける同窓会・SNSサービスのこだわり

出典 mitoe30.com

当時の代表の経験がきっかけでスタートした「笑屋」。
同窓会をはじめ、笑屋が運営するコミュニティサービスにはどのようなこだわりがあるのでしょうか?
サービス編・SNS編・魅力編の3つの項目に分けてご紹介します。

サービス編【イベントがもっと楽しくなるプロデューサー力の高さ】

出典 dsksyoya.com
さゆり

BEST PRESENT編集部 さゆり

まずはじめに、御社が展開しているサービスを教えてください。
尾澤さん

笑屋株式会社 尾澤さん

大きく分けて、再会イベントの幹事などを代行する事業と、同窓会などのコミュニティを作れるSNS事業の2つを展開しています。
さゆり

BEST PRESENT編集部 さゆり

再会イベントというと、同窓会だけではないのでしょうか?
尾澤さん

笑屋株式会社 尾澤さん

はい、違います。
一般的に同窓会と呼ばれる学年会をはじめ、学校や地域と連携して行う成人式や還暦のイベント、個人と企画して行う部活やサークル、会社のOB会などをプロデュースしています。

ユニークなものであれば、西武鉄道と企画した「同窓会電車」や、日本ハムと企画した「同窓会シート」など、企業とタイアップして開催する同窓会などもあります。
さゆり

BEST PRESENT編集部 さゆり

ユニークな同窓会、とても面白いですね!
では、実際にどのような代行サービスを行っているのですか?
尾澤さん

笑屋株式会社 尾澤さん

同窓会の日時を決めて参加者を募ったり、案内状を発送したり、会場をリサーチして手配したり、金銭面を管理したり、基本的には幹事がするすべてのことを代行させていただいています。
ほかにも、コミュニティで参加状況などを確認できる、イベント管理ツールなどの提供も喜ばれているサービスです。
さゆり

BEST PRESENT編集部 さゆり

イベントを開催するうえで、ほとんどすべてのプランニングを代行してくれるのはすごいです!
ちなみに、金銭面の管理とありますが、ドタキャンによるキャンセル料なども管理されているのでしょうか?
尾澤さん

笑屋株式会社 尾澤さん

もちろん、管理しています。
同窓会などの大きなイベントは、当日のキャンセルがつきものです。そのため、自社で調査した当日のキャンセル率などをもとに、会場と相談して会費を決めています。

弊社のサービスは、幹事も含め、すべての参加者に満足してもらえるイベントをプロデュースすることです。
さゆり

BEST PRESENT編集部 さゆり

当日のキャンセルリスクを保証してもらえるのは、幹事を務める人からするととても嬉しいサービスですね!

SNS編【自社で開発した最新システムがポイント】

出典 wakka.io
さゆり

BEST PRESENT編集部 さゆり

先ほどお伺いした、“SNS事業”とはどのようなサービスですか?
尾澤さん

笑屋株式会社 尾澤さん

同窓会の代行事業と絡めて、さまざまなコミュニティやイベントを管理できるツールを提供しています。
イベントの参加率アップツールとして、ネットでもリアルでも両方で楽しめるコミュニティを作れるように、システムはすべて自社で開発しているんです。
さゆり

BEST PRESENT編集部 さゆり

ネットでもリアルでもというと、具体的にどのようなことをしているのでしょうか?
尾澤さん

笑屋株式会社 尾澤さん

弊社のほかに同窓会代行サービスを展開している会社のツールは、昔の提示版のようなタイプが多いんです。それらのツールに、リアルタイム感のなさと古さを感じたので、最新のシステムを導入しました。

具体的に力を入れているポイントは、それぞれのコミュニティでイベントの参加状況や、案内状の配布状況などを分かりやすく確認できるようにしたことです。
同窓会などのイベントは、あの人が来るなら参加しようかなという人も多いので、イベントへの参加率アップに繋がると感じています。
さゆり

BEST PRESENT編集部 さゆり

たしかに、誰が来るか分からないイベントよりも、参加者がひと目で分かるイベントの方が心の準備もできて安心しますね。
このSNSツールには、同窓会のほかにどのようなコミュニティがあるのかも気になります。
尾澤さん

笑屋株式会社 尾澤さん

同窓会以外では、ママ友などの女子会やオフ会、社会人フットサルや草野球チーム、ゲーム同好会やファンクラブなど、全部で約120通りものコミュニティがあります。
さゆり

BEST PRESENT編集部 さゆり

そんなにもたくさん!
どんなコミュニティでも自由に参加できるのですか?
尾澤さん

笑屋株式会社 尾澤さん

すべてのコミュニティに自由に参加できるというわけではありません。
企業と連携しているイベントなどは誰でも参加できますが、個人で活用できるプライベートコミュニティなどもあります。
さゆり

BEST PRESENT編集部 さゆり

コミュニティによって、いろいろな活用の仕方ができるのにも御社のオリジナル性や新しさを感じます!

魅力編【豊富な開催実績のノウハウで他社と差をつける】

さゆり

BEST PRESENT編集部 さゆり

それぞれの事業について詳しく聞かせていただきましたので、最後に他社に負けない御社の強みを教えてください。
尾澤さん

笑屋株式会社 尾澤さん

弊社の一番の強みは、先ほどお話した自社で開発しているSNSとイベントの開催実績です。
同窓会だけでいうと、年間で約500件、通算で約3,000件ものイベントを開催してきました。この実績は業界一でもあるので、イベントをプロデュースするためのノウハウはどこの会社にも負けないと思っています。
さゆり

BEST PRESENT編集部 さゆり

年間で約500件となると、1日1件~2件の同窓会を開催している計算になりますね!
1年のなかで、同窓会イベントが集中して開催される時期もあるのですか?
尾澤さん

笑屋株式会社 尾澤さん

はい、あります。
1年で最も多いのは、1月の成人の日前後3日間とお盆の時期です。今年は、成人式の同窓会を60件、お盆の13日~15日の3日間で38件開催しました。
さゆり

BEST PRESENT編集部 さゆり

想像したよりもはるかに多い件数でビックリしています。
その件数の同窓会をすべてフォローできている点も素晴らしいと思います。
尾澤さん

笑屋株式会社 尾澤さん

ありがとうございます。
弊社は、北海道から沖縄まで、全国すべての地域で対応できる体制を整えているんです。ここも、他社に負けない強みのひとつと言えます。

お客様がお望みなら、どこへでも駆けつけることができる同窓会サービスを目指しています。
さゆり

BEST PRESENT編集部 さゆり

素敵な心意気ですね。
近年は、地方から都会へ出てきている人が増えているので、懐かしの故郷で開催される同窓会などは帰省するきっかけにもなると思いました。
貴重なお話をありがとうございます。

「笑屋の同窓会」利用して良かった!

同窓会開催実績、業界No.1の「笑屋の同窓会」!創業より数え切れないほどの再会シーンをプロデュースしています。
そんな「笑屋の同窓会」を実際に利用した人からの、嬉しいメッセージをご紹介します。ぜひ、今後の参考にしてくださいね。

同窓会など、大きなイベントの幹事を務めるのはとても大変なこと。
しかし、「笑屋の同窓会」と一緒にプロデュースすれば、当日も幹事の業務に追われることなく楽しめますね。

笑屋の同窓会だけじゃない!注目サービスを紹介!

出典 mitoe30.com

笑屋株式会社では、笑屋の同窓会だけでなくさまざまなサービスを展開しています。
多くの人が利用したいと思えるような、ユニークなサービスをご紹介しますので、ぜひチェックしてください。

30歳という節目に刺激を感じられる同窓会「三十会」!

「三十会」とは、30歳の節目に生まれ育った地元に帰って、久しぶりの友達と飲んだり話したりできるイベントを企画するサービスです。
“交流人口増加”、“地域活性化”、“雇用創出”、“地産地消”をコンセプトに掲げています。

ふるさと納税と連携する大型同窓会イベント

出典 mitoe30.com

三十会の大型同窓会イベントは、地域や地元のスポンサーに加えて、行政とも連携して開催しているのがポイント。
現在は、三十会で開催するイベントの参加チケットを、行政がふるさと納税の「お礼の品」に登録して、少しでもお得に同窓会を楽しめるような取り組みをしています。

通常の同窓会イベントの参加費用は5,000円~7,000円程ですが、ふるさと納税システムを利用すれば費用が大幅にお得になります。

尾澤さん

笑屋株式会社 尾澤さん

先ほどもお話しましたが、同窓会というのは一般的に40代~50代頃から開催され始めることが多いんです。
その前になると成人式の同窓会になるので、間の30歳というのは、集まる機会が少ない年齢と言えます。

そんななか、自治体から「同窓会などのイベントを開催して、若者を地元に呼びこめないか」という相談があって、集まりにくい年齢だからこそ集まるきっかけ作りをした方が良いのではと思い、「三十会」サービスを始めました。

30代は、結婚したり出産したり、転職したりで、生活の環境が大きく変化する年代でもあるので、ライフスタイルや地元に対しての考え方を見直すいいきっかけにもなると思います。
さゆり

BEST PRESENT編集部 さゆり

確かにそうですね。
結婚や出産を機に、今まで会っていた人とも会う機会が減ると聞きます。
そういうタイミングだからこそ、自治体と連携している企画があると参加しやすいと感じました。ふるさと納税をすれば地元に貢献もできるし、お得にチケットもゲットできるのでおすすめです。
このサービスの公式サイトを見る

コミュニティでつながる居心地の良い空間「Wakka」!

2018年7月に提供を開始した新しいサービス「Wakka」。
ユーザー同士で繋がる一般的なSNSと違い、好きなコミュニティを主体としてユーザーが繋がるという新しいシステムが特徴です。
オープンすぎない環境は居心地の良いコミュニティルームのようで、自分らしく振舞えると人気があります。

自由気ままに楽しめるコミュニティSNSサービス

出典 syoya.com

女子会やオフ会、企業OB会や中学同窓会など、「Wakka」には約120通りものコミュニティが設定されています。
それらのコミュニティに参加する形でユーザーと繋がることができるので、アカウントがひとつでもさまざまなコミュニティを利用することができます。

尾澤さん

笑屋株式会社 尾澤さん

小学校や中学校、高校や大学、部活動や職場など、環境が違えば自分の振る舞いなども変わってきますよね。
そのため、ユーザー同士で繋がってしまうと、どうしても周りの反応が気になったり自分らしく振舞えなかったりすることがあります。

コミュニティ主体型の「Wakka」では、コミュニティに合わせてニックネームやプロフィールを変えたり、自由に入退室ができたりするので、そのようなSNS疲れを防ぐことができるんです。
同窓会イベントと同じように、リアルで会うことを重視しているので、イベント開催の機能も充実しています。
さゆり

BEST PRESENT編集部 さゆり

すでに「Wakka」には、学校約46,000件、企業約13,000件もの組織登録がされているんです。皆さんが在籍していた学校や企業もあるかもしれません。
卒業年度や誕生日などを入れて検索することもできるので、一度マイアカウントを作って試してみるのもいいですね。
このサービスの公式サイトを見る

登録者数約20万人!Wakkaのベースとなった「同窓会グラフ」!

10年ほど前から提供していた「同窓会グラフ」は、完全クローズド型の同窓会SNSサービスです。
幹事代行サービスに登録をした人のみが利用できるシステムであり、安心して活用できると多くの人々から人気を集めています。

同窓会開催実績で培った「ノウハウ」、ここにあり!

出典 syoya.com

同窓会幹事代行サービスに絞って提供を始めた「同窓会グラフ」。
同窓会の日時や場所を企画したり、参加者を募ったり、案内状を出したりと、同窓会当日までの手間をフォローし、成功へ導いてくれます。
現在、登録者数はなんと20万人を超える大規模なSNSでもあり、改良を重ねつつ常に満足のいくサービスが提供できるように成長を続けています。

尾澤さん

笑屋株式会社 尾澤さん

先ほどご紹介した新サービス「Wakka」のベースとなったのが「同窓会グラフ」です。
セキュリティのしっかりしている完全クローズド型のSNSサービスとして、安心して利用できることでお客様の信頼を得ることができたと思っています。

しかし、クローズドすぎて使いにくい一面や、同じメンバーでも同窓会ごとに新しいコミュニティを作る必要があるなどのデメリットもあったんです。
この「同窓会グラフ」がきっかけで、オープンな同窓会用SNSが使いたいなどのニーズが生まれ、「Wakka」に繋がりました。
さゆり

BEST PRESENT編集部 さゆり

同窓会は個人情報を取り扱うので、セキュリティ面はしっかりしている方が利用する側も安心です。
でもそれだけでなく、「同窓会グラフ」で培ったノウハウや開催してきた実績があるので、たくさんの人の信頼を集めているのだと感じます。
今のお話をお伺いすると、まだ利用したことがない人も安心して同窓会サービスを利用できると思います。
このサービスの公式サイトを見る

同窓会幹事代行サービスを実際に活用した人達の感想!

今までに通算3,000件もの同窓会をこなしてきた「笑屋の同窓会」ですが、実際に活用した人達はどのような感想を抱いているのでしょうか?
同窓会サービスに、直接寄せられたお声や感想を聞かせていただきました。

尾澤さん

笑屋株式会社 尾澤さん

幹事をしたことがある人は分かると思うのですが、案内状を作成したり出したりする作業をひとりでするのはとても大変なんです。
そのため、参加者に呼びかけをするだけで幹事がする事務作業をしなくて済んだことに、一番感謝していただいています。
さゆり

BEST PRESENT編集部 さゆり

参加者に呼びかけるだけというのはすごいですね!
御社のサービスを利用すれば、誰でも簡単に幹事をすることができそうです。
尾澤さん

笑屋株式会社 尾澤さん

はい、どんな人でも簡単に幹事を務めてもらえます。
弊社には各同窓会ごとにプランナーを付けているので、SNSツールの使い方や参加者の呼びかけ方などのアドバイスが聞けて安心感があるという声が多いんです。
このプランナーシステムは、ご年配の人やSNSに慣れていない人からとくに喜んでいただいています。
さゆり

BEST PRESENT編集部 さゆり

担当のプランナーさんがいると、どんなに些細なことでも聞けるので本当に安心しますね!
尾澤さん

笑屋株式会社 尾澤さん

ありがとうございます。
ほかにも、持ち出し金があるのではないかと心配していた人から、当日のキャンセルリスクなど、金銭面の保証をしっかりとしてもらえたと感謝していただくケースもあります。
さゆり

BEST PRESENT編集部 さゆり

事務作業も金銭管理も、御社のスタッフがまるで黒子のように動いてくださるので、幹事ひとりに負担がかかることも避けられるのですね。
まさに、「幹事が幹事じゃない!」と言ってもよいほど、すべての作業をフォローしてくださるサービスはとても心強いと感じました。

プロがおすすめするコミュニティサービスの使い方!

ご紹介したサービスはとても便利なものばかりです。
しかし、利用したくても、どのように活用したら良いか分からない人も少なくないはず。そこで、どんな使い方ができるのか、どのような人におすすめかなどをご紹介します。

尾澤さん

笑屋株式会社 尾澤さん

知り合いや友達が同窓会をした、などの話を聞くと、自分も同窓会で旧友に会いたくなりませんか?
しかし、同窓会をしたいと思っていても、何をしたら良いのか分からない、金銭面の管理ができるか不安、参加者が集まるか分からないなどと悩んで、なかなか行動に移すことができない人も多いんです。
さゆり

BEST PRESENT編集部 さゆり

同窓会したくなります!
でも、尾澤さんのおっしゃるとおり、自分ひとりではなかなか行動に移すことはできないですね。
尾澤さん

笑屋株式会社 尾澤さん

僕も同じです。
そこで、弊社はそのようなお客様のために、さまざまなイベントを開催するうえでの無料相談を承っています。このサービスは、初めて使う人はもちろん、自分で幹事をしていたけれども疲れを感じているという人にもおすすめです。
さゆり

BEST PRESENT編集部 さゆり

無料というところがポイントですね!
では、コミュニティサービスのおすすめの使い方を教えてください。
尾澤さん

笑屋株式会社 尾澤さん

コミュニティ主体の「Wakka」に関しては、仕事やプライベートでイベントを主催しているという人や、学校関係の人に利用したいただきたいです。
ラインなどのグループを組むと、頻繁に通知がきたり、既読機能があったりと煩わしいこともあるので、個人と繋がらずにイベントの管理ができる魅力的なツールだと思います。
さゆり

BEST PRESENT編集部 さゆり

ライングループ…確かに煩わしいと感じるときがあります。それを考えると、ママ会や女子会など、比較的小さなコミュニティで活用するのもいいですね。
尾澤さんのおすすめの使い方を聞いて、「なるほど!」と思いました。自分が同窓会をしたいと思ったときも、気軽に利用できそうです。

同窓会サービス、コミュニティサービスに対する熱い気持ち!

さゆり

BEST PRESENT編集部 さゆり

最後に、ベストプレゼントのユーザーにメッセージをお願いします!
尾澤さん

笑屋株式会社 尾澤さん

弊社のスタッフは、「再会とコミュニティを作り、ライフスタイルを豊かにする」というミッションを掲げてさまざまなサービスを行っています。

数えきれないほどたくさんの同窓会を開催して、たくさんの再会シーンを見てきたからこそ言えることは、同窓会というイベントはどんな人でも楽しむことができるコンテンツだということです。
そんな同窓会をきっかけに、これからのライフスタイルがさらに彩よくなるプロデュースをしていきたいと思っています。

コミュニティサービスに関しても、今や社会問題にも取り上げられている“SNS疲れ”というものを解決できるように、コミュニティ管理のシステムを研究し続けていきます。
さゆり

BEST PRESENT編集部 さゆり

「同窓会という再会をきっかけに、これからのライフスタイルを豊かにしたい」という、尾澤さんをはじめ、御社のスタッフの皆さんの熱い気持ちが伝わってきました。
同窓会サービスはもちろん、コミュニティサービスも、デメリットが見つからないほど素敵なサービスですね。

尾澤さん、ありがとうございました。
笑屋株式会社 公式サイト

贈る人からプレゼントをさがす