ブランドホットサンドメーカー人気ランキング2023!直火式のバウルーや電気式のレコルトなどのおすすめプレゼントを紹介

ブランドホットサンドメーカー人気ランキング2023!直火式のバウルーや電気式のレコルトなどのおすすめプレゼントを紹介

簡単調理でおしゃれなホットサンドが作れるホットサンドメーカーをプレゼントに選んでみてはいかがでしょうか?ホットサンドメーカーがあれば、おしゃれなカフェ風メニューも自宅で簡単に作れるため、女性へのプレゼントに人気となっています。 ホットサンドの元祖ともいわれているバウルーや、コンパクトでスタイリッシュなデザインで人気のレコルトなど、「直火式」と「電気式」それぞれの【プレゼントに人気のおしゃれなホットサンドメーカーブランドランキング2023】を紹介します。上下のプレートが分かれるものや、電気式でもプレートを取り外し出来るものは丸洗いできるため、お手入れがしやすく人気です。ぜひ参考にしてください。

ブランドホットサンドメーカーがプレゼントに人気の理由や特徴は?

ホットサンドメーカーが喜ばれる理由

  • 簡単調理で、忙しい朝もスピーディーに朝食が準備出来る
  • アレンジ次第で豊富なメニューが作れる
  • ホットサンド以外の調理にも使える

ホットサンドメーカーは、食パンに材料を挟んで焼くだけで完成するため、忙しい朝も簡単に朝食の準備が出来る便利なアイテムです。直火式のタイプの加熱時間の目安は片面約2分ずつ、電気式のタイプも4~5分の加熱で出来上がるため、手間も時間もかかりません。

また、ホットサンドのレシピはたくさんの種類があり、アレンジ次第で豊富なメニューを作ることができます。ハムやチーズなどの定番な具材はもちろん、肉じゃがやコロッケなど、冷蔵庫の残り物でもボリューム満点のおいしいホットサンドができます。

そして、パンで具材を挟む以外にも、ご飯を挟んで焼きおにぎりにしたり、ホットケーキミックスを流し込んでパンケーキにしたり、様々な使い方ができるのも嬉しいポイントです。簡単に手作りのおやつも作れるので、小さな子供のいる家庭へのプレゼントに人気のアイテムです。

ブランドホットサンドメーカーのプレゼントの選び方は?

ホットサンドメーカーを選ぶポイント

  • 直火式と電気式のそれぞれのメリット・デメリットを考慮する
  • お手入れのしやすい分離可能なプレートが便利
  • プレートを入れ替えて他のメニューも作れるものも人気

ホットサンドメーカーには、直火式のタイプと電気式のタイプがあります。

直火式のタイプは、ガス火で焼くため省エネで、本体サイズも電気式に比べてコンパクトなため収納スペースを取りません。コンセントいらずのため、アウトドア好きの方へのプレゼントにもおすすめです。

一方、電気式のタイプは、セットして電源を入れるだけで出来上がるため、ひっくり返す必要もなくさらに簡単です。本体サイズは直火式に比べて大きくなりますが、自立するものや1枚焼きのコンパクトなものを選ぶと収納面でも便利です。

また、調理家電を選ぶ際には、お手入れのしやすさも重要です。上下のプレートが分かれるものや、電気式でもプレートを取り外し出来るものは丸洗いできるため、お手入れがしやすく人気となっています。

また、電気式のタイプの中には、プレートを入れ替えてワッフルやたい焼きなども作れるものもあります。プレート部分のみなので収納場所もかさばらず、ひとつの機械でいろいろなメニューを楽しめることから、小さな子供のいる家庭へのプレゼントに人気となっています。

ブランドホットサンドメーカーをプレゼントするときの予算は?

ブランドホットサンドメーカーの相場は、低価格なもので1,000円程度から、高価格なもので14,000円程度のものまであります。

比較的低価格なものは、シンプルな直火式のタイプで1,000円~3,000円程度です。

比較的高価なものは、直火式のタイプで、熱伝導性の高い素材のプレートのものや、アウトドアでも便利な持ち手収納式のタイプなどが6,000円~12,000円程度です。電気式では、プレートの種類が豊富なものや、ハイパワーで調理時間の短いものなどが5,000円~14,000円程度となっています。

【プレゼントに喜ばれるおしゃれな直火式ブランドホットサンドメーカー 人気ランキングTOP7】

ベストプレゼント編集部が、【プレゼントに喜ばれるおしゃれな直火式ホットサンドメーカーブランドランキング2023】として、人気ブランド7位までを徹底調査しました。ブランドごとの特徴や魅力、喜ばれるポイントなどもご紹介しますので、ぜひお役立てください。

7

ロゴス(LOGOS)

ロゴスの始まりは、1928年に大阪市港区で創業された「大三商会」という船舶用品問屋でした。その後、1983年にアウトドア用品の展開を開始し、1985年にアウトドア用品のブランドとして「ロゴス」が誕生しました。

ロゴスのホットサンドメーカーは、便利な食パンサイズで、耳あり・耳なし両方の食パンに対応しています。出来上がったホットサンドには、ロゴスのロゴマークとメイプルリーフの焼印が押され、他にはないおしゃれなホットサンドを簡単に作ることができます。

ロゴス(LOGOS)を人気ランキング2023から探す

6

ヨシカワ

ヨシカワは、1946年に新潟県燕市で創業されたステンレスの製造を行う「吉川金属株式会社」が始まりで、その後、1954年から現在に至るまで、ステンレスを使用した様々なキッチンツールを製造販売しています。

ヨシカワのホットサンドメーカーは、フッ素加工がされているためパンがこびりつきにくく、お手入れも簡単なため、初めてホットサンドを作る方にもおすすめのアイテムです。

また、仕切りのないタイプのため具材をたっぷりと挟めるだけでなく、厚めの食パンでも作れるので、食べ応えのあるホットサンドが作れます。

ヨシカワを人気ランキング2023から探す

5

杉山金属(SUGIYAMA METALS)

杉山金属は、1938年に大阪府で創業されたキッチン用品の総合ブランドです。「優れた材料から価値ある製品を」というコンセプトのもと、暮らしを楽しくする様々な商品の製造販売を行っています。

杉山金属のホットサンドメーカーは、特厚アルミ合金を使用しているため熱伝導率が高く、ムラなく全体をこんがりと焼き上げられるのが特徴です。

また、着脱式なので上下をバラして洗うことができるだけでなく、それぞれがミニフライパンとしても活躍します。朝ごはんやお弁当作りにも重宝することから、人気のアイテムとして注目されています。

杉山金属(SUGIYAMA METALS)を人気ランキング2023から探す

4

スノーピーク(snowpeak)

スノーピークは、1958年新潟県燕市で初代社長である山井幸雄氏が設立した「山井幸雄商店」が始まりです。登山が趣味であった山井氏は創業翌年からアウトドア用品の製造を開始し、1963年に現在オートキャンピングブランドである「スノーピーク」を誕生させました。

スノーピークのホットサンドメーカーは、耳なしの食パンを2枚並べられるサイズで、本体のプレートには熱伝導率の高いアルミダイカストを採用しています。

竹集成材で作られた持ち手部分は、本体プレートの横にスライドして収納できる仕様になっており、キャンプの時の持ち運びやキッチンでの収納にも便利です。

スノーピーク(snowpeak)を人気ランキング2023から探す

3

チャムス(CHUMS) ホットサンドメーカー

チャムスは、1983年アメリカでマイク・タゲット氏によって創業されたアウトドアブランドです。現在では、1992年に設立された株式会社ランドウェルがチャムスの日本代理店となっており、カラフルで楽しいカジュアルウェアやグッズを展開しています。

チャムスのホットサンドメーカーは、表面にはマスコットキャラクターである「ブービーバード」、裏面にはチャムスのロゴマークが焼印されます。そのため、子供も喜ぶ可愛らしいホットサンドを作ることができます。

上下のプレートは取り外しができてお手入れもしやすく、外した状態で調理も可能なので、可愛い焼印のパンケーキや卵焼き作りなどにも活躍します。

チャムス(CHUMS) ホットサンドメーカーを人気ランキング2023から探す

2

コールマン(Coleman) ホットサンドメーカー

コールマンは、創業者であるW.C.コールマン氏が、1901年にアメリカでランプのレンタル事業を始めたことがきっかけで誕生したアウトドアブランドです。その後、1976年に日本支社が設立され、現在ではテントやランタンを始めとする豊富なアウトドア用品を展開しています。

コールマンのホットサンドメーカーは、内側には食材がこびりつきにくいノンスティック加工が施されています。調理だけでなく、お手入れも手間のかからないため、気軽に使うことができるのがポイントです。

また、両面にコールマンのロゴマークであるランプの模様が焼印され、簡単にお洒落なホットサンドを作ることができます。

コールマン(Coleman) ホットサンドメーカーを人気ランキング2023から探す

1

バウルー(Bawloo)

バウルーは、バウルー株式会社の創業者である渡辺万三男氏が、ブラジルのパン焼き器をヒントに製造を開始したのが始まりです。元祖ホットサンドともいわれている「バウルー」は、発売以来40年以上のロングセラー商品となっています。

バウルーのホットサンドメーカーは、面はカリッと、中はふんわりと焼き上がり、他のホットサンドとは一味違った仕上がりに定評があります。

表面がフッ素樹脂加工でこびりつきにくく、軽量で扱いやすいことから、アウトドアのシーンで使いたい方にも喜ばれるアイテムです。

バウルー(Bawloo)を人気ランキング2023から探す

【プレゼントに喜ばれるおしゃれな電気式ホットサンドメーカー 人気ランキングTOP7】

ベストプレゼント編集部が、プレゼントに喜ばれるおしゃれな「電気式ホットサンドメーカー」の人気ブランド7位までを徹底調査しました。ブランドごとの特徴や魅力、喜ばれるポイントなどもご紹介しますので、ぜひお役立てください。

7

新津興器

新津興器は、1973年に新潟県新津市で創業された家電製品ブランドです。2007年に設立された「HOME SWAN」シリーズは、家庭での調理を楽しめるよう、デザイン性の高い様々な調理家電を展開していて人気を集めています。

新津興器のホットサンドメーカーは、シンプルなデザインのためどんなキッチンにも馴染み、コンパクトなサイズで収納にも困りません。

挟んで電源を入れるだけの簡単ステップで、1度に2つのホットサンドが出来上がるので、朝食はもちろん、おやつも簡単に準備ができます。

新津興器を人気ランキング2023から探す

6

マリクレール(marie claire)

マリクレールは、1937年にフランスで創刊された雑誌「マリクレール」をコンセプトにしたライフスタイルブランドです。ファッションアイテムからインテリアまで幅広いアイテムを展開するマリクレールは、シンプルで洗練されたデザインで世界中のファンに愛用されています。

マリクレールのホットサンドメーカーは、ブラックとシルバーの配色で、キッチンにも違和感なく置くことのできるシンプルなデザインです。

色違いでピンクのタイプもあり、可愛らしいデザインは若い女性へのプレゼントにも人気です。

マリクレール(marie claire)を人気ランキング2023から探す

5

テスコム(TESCOM)

テスコムは、1965年に「東京電販」として創業したのが始まりで、キッチン家電からビューティー家電まで、幅広い分野の家庭用家電を製造販売しています。

赤のカラーがお洒落なテスコムのホットサンドメーカーは、セットした時間が過ぎると音が鳴り、自動で電源がOFFになる安心設計です。

付け替えのできるオリジナルのスティックスイーツプレート付きで、小さな子供がいる家庭でも喜ばれます。

4

山善(YAMAZEN)

山善は、1947年に福井県福井市で設立され、現在国内外に100以上もの事業所を展開している大手の専門商社です。家庭機器事業の分野では、扇風機や調理家電、家事家電、収納用品など、暮らしに役立つ豊富なアイテムを展開しています。

山善のホットサンドメーカーは、シルバーとホワイトのシンプルなデザインで、2枚焼きのタイプです。

余熱完了と焼き上がりを知らせるランプは、大きく見やすい表示になっており、幅広い世代で使いやすい仕様となっています。

山善(YAMAZEN)を人気ランキング2023から探す

3

アイリスオーヤマ(IRISOHYAMA)

アイリスオーヤマは、1958年に先代社長である大山森佑氏が「大山ブロー工業所」を創業したのが始まりで、1991年に現在の社名である「アイリスオーヤマ株式会社」に変更されました。中国やアメリカ、ヨーロッパなど、世界各地に自社工場があり、現在では14,000点を超える様々な分野の商品を製造販売しています。

アイリスオーヤマのホットサンドメーカーは、ホットサンドの他にも、ドーナッツプレート、ワッフルプレート、パニーニプレートがセットになっているため、朝食やおやつに大活躍のアイテムです。

プレートは取り外して丸洗いできるためお手入れがしやすく、また、立てて収納できるのでキッチンでも場所を取らないのもポイントです。

アイリスオーヤマ(IRISOHYAMA)を人気ランキング2023から探す

2

ビタントニオ(Vitantonio)

ビタントニオは、1906年にイタリア人のアンジェロ・ビタントニオ氏が開発した手動式パスタメーカーがキッチン用品を扱うブランドの始まりでした。その後、1950年代には息子であるルイス氏が様々な調理機器の製造を開始し、今や世界のキッチン・生活家電ブランドとなりました。

スタイリッシュな見た目で人気のビタントニオのホットサンドメーカーは、デザイン性の高さだけでなく、900Wのハイパワーでスピーディーにホットサンドが作れる、機能性も抜群のアイテムです。

ホットサンドプレート以外にも、ワッフルプレートやたい焼きプレートなど豊富なオプションプレートが揃っています。簡単に本格的なおやつも作れるため、小さな子供のいるご家庭におすすめのアイテムです。

ビタントニオ(Vitantonio)を人気ランキング2023から探す

1

レコルト(recolte)

フランス語で収集を意味する「レコルト」は、2009年に誕生した調理家電のブランドで、その名の通り思わず集めたくなるようなおしゃれな家電が揃っています。レコルトの調理家電は、コンパクトなサイズ感、カラフルなカラー、シンプルなデザインが特徴的で、若い世代の1人暮らしの方やカップルへのプレゼントに人気を集めています。

レコルトのホットサンドメーカーは、耳付きの食パンがぴったりと収まるサイズの1枚焼きのプレートで、本体のサイズも他の電気式ホットサンドメーカーに比べてとてもコンパクトです。

焼き上がりにはキルト模様の焼き目が付き、カフェで出てくるようなおしゃれなホットサンドが作れると人気を集めています。

レコルト(recolte)を人気ランキング2023から探す

おしゃれな直火式ブランドホットサンドメーカー一覧

商品画像 レコルト(recolte)
1
ビタントニオ(Vitantonio)
2
アイリスオーヤマ(IRISOHYAMA)
3
山善(YAMAZEN)
4
テスコム(TESCOM)
5
マリクレール(marie claire)
6
新津興器
7
バウルー(Bawloo)
8
コールマン(Coleman) ホットサンドメーカー
9
チャムス(CHUMS) ホットサンドメーカー
10
スノーピーク(snowpeak)
11
杉山金属(SUGIYAMA METALS)
12
ヨシカワ
13
ロゴス(LOGOS)
14
商品名 レコルト(recolte) ビタントニオ(Vitantonio) アイリスオーヤマ(IRISOHYAMA) 山善(YAMAZEN) テスコム(TESCOM) マリクレール(marie claire) 新津興器 バウルー(Bawloo) コールマン(Coleman) ホットサンドメーカー チャムス(CHUMS) ホットサンドメーカー スノーピーク(snowpeak) 杉山金属(SUGIYAMA METALS) ヨシカワ ロゴス(LOGOS)
価格 5,100円(税込) 7,900円(税込) 4,900円(税込) 4,000円(税込) 7,900円(税込) 4,200円(税込) 3,100円(税込) 5,100円(税込) 4,500円(税込) 5,100円(税込) 10,000円(税込) 3,200円(税込) 1,600円(税込) 4,000円(税込)
詳細
編集部からのコメント

簡単調理で人気のホットサンドメーカーをプレゼントして、おしゃれでおいしいホットサンドを楽しんでもらいましょう!

アレンジ豊富なホットサンドを簡単に作れるホットサンドメーカーは、プレゼントにもよく選ばれる人気のアイテムです。ぜひランキングを参考にして、素敵なプレゼントを選んでください。

贈る人からプレゼントをさがす