ブランドハンディクリーナー人気ランキング2023!マキタやパナソニックなどがプレゼントにおすすめ

ブランドハンディクリーナー人気ランキング2023!マキタやパナソニックなどがプレゼントにおすすめ

掃除を簡単に手早く済ませたい方へのプレゼントに、ブランドハンディクリーナーはぴったりです。今回は「2023年 最新版」ブランドハンディクリーナーをランキング形式でご紹介します。ハンディクリーナーは、どんなシチュエーションで使うかを考慮して選ぶことが重要です。ぜひ相手の方のニーズにマッチしたプレゼントを見つけてください。

ブランドハンディクリーナーがプレゼントに人気の理由や特徴は?

ブランドハンディクリーナーがプレゼントに人気の理由

  • コンパクトで扱いやすく、掃除が楽にできる
  • 車内や寝室、卓上などあらゆる場所で使える
  • 掃除をするたびに使ってもらえるので、使用頻度が高い

ハンディクリーナーはコンパクトで、性別や年齢を問わずに使いやすい設計のものが多く揃っています。片手で簡単に操作できるので、思い立ったらすぐに使えて掃除が楽になるアイテムです。

さらにハンディクリーナーのよいところは、あらゆる場所で使える点にあります。車の掃除はもちろん、寝室のベッドの隙間や卓上の食べこぼしにも対応できるところが魅力です。

掃除をしないという方はほとんどいません。掃除のたびに愛用してもらうことができれば、贈り手も喜びを感じることができます。

ブランドハンディクリーナーのプレゼントの選び方は?

ブランドハンディクリーナーのプレゼントの選び方

  • プレゼントする方の家族構成を知る
  • どんなシチュエーションで使うかを想定する
  • 収納場所や充電場所についても配慮する

ハンディクリーナーを選ぶ際に、プレゼントする方の家族構成を知っておくと選びやすくなります。特に小さなお子様がいる方に贈る場合、ホコリなどのゴミだけでなく液体にも対応しているものを選ぶと喜ばれます。

さらに実際に使用するシチュエーションについても想定することをおすすめします。車内の掃除に使うのであれば、コードレスで稼働時間の長いものが重宝されます。ソファーの隙間を掃除する場合は、細いアタッチメントが付いていると便利です。

また、収納場所や充電する際のスペースについても考慮すると、一層気持ちが伝わります。例えば一人暮らしをしている方には、場所を取らずコンパクトに置けるタイプをセレクトすると喜んでもらえます。

ブランドハンディクリーナーをプレゼントするときの予算は?

ブランドハンディクリーナーの平均価格帯は、6,000円から7,000円ほどです。親しい友人や同僚にプレゼントする際に気兼ねせずに贈ることのできる価格だといえます。

比較的低価格で展開しているブランドが、サンワサプライで平均価格が4,000円ほどです。小さいハンディクリーナーであれば、2,000円台から購入できるので、お手軽なプレゼントとして選べます。

反対に比較的高価格で展開しているのがエレクトロラックスとパナソニックで、どちらも平均価格は8,000円ほどです。パワーがあり、充電後の稼働時間の長いタイプの場合、どちらも14,000円から15,000円ほどするので、新築祝いや一人暮らしを始める方への記念のプレゼントにぴったりです。

【プレゼントに喜ばれるおしゃれなブランドハンディクリーナー 人気ランキングTOP12】

ハンディクリーナーは、プレゼントしたその日から掃除の手間を軽減してくれるとても便利なアイテムです。しかしながら、使う場所や家族構成によってベストな商品が異なるので、慎重に選ぶことが大切です。各ブランドの特徴や人気の理由について解説しますので、プレゼントする方にぴったりのハンディクリーナーを選んでみてください。

12

ブラック・アンド・デッカー(BLACK + DECKER)

ブラック・アンド・デッカーは、アメリカ合衆国で1910年に創業された電動工具メーカーです。世界に先駆けて、持ち運びのできる電動ドリルを開発・販売したことで知られ、今もDIY業界に根強いファンを抱えています。

電動ドリルと「持ち運べる」という共通点のあるハンディクリーナーは、その技術を応用して設計されています。充電して使うコードレス方式かつ、工具と同レベルのモーターを使うことで、どこでも使えるうえにパワフルなハンディクリーナーが実現しました。

特にパワーの大きさには定評があり、食べこぼしや細かなゴミを確実に吸引できます。パワーと持続性に長けているので、大きなワンボックスカーの掃除にも使いやすく、愛車の掃除用にプレゼントすると喜ばれます。

ブラック・アンド・デッカー(BLACK + DECKER)を人気ランキング2023から探す

11

シー・シー・ピー(CCP)

シー・シー・ピーは日本のブランドで、現在はバンダイの子会社としておもちゃの製造や家電製品の製造販売などを幅広く手掛けています。どの商品も使っていて楽しくなるようなユーモラスな製品で人気があります。

シー・シー・ピーのハンディクリーナーも、他の商品と同様、ユニークなデザインが特徴的です。コロンとした曲線とコンパクトな設計でかわいい雰囲気ではありますが、ハンディクリーナーとしての実力も十分兼ね備えています。

特に付属のキーボードブラシは、パソコンのキーボードのすき間のゴミを確実にキャッチしてくれます。パソコンに限らず、デスク回りは細いところは掃除が大変ですが、シー・シー・ピーのハンディクリーナーならストレスなくきれいな状態をキープできます。

シー・シー・ピー(CCP)を人気ランキング2023から探す

10

オーム電機(OHM ELECTRIC)

オーム電機は1955年に創業された日本のブランドで、おもに通信機器や電気機器の製造と販売で知られています。もともと東京に拠点を置いていたブランドですが、今は日本全国に事業所を展開するまでに成長しました。

オーム電機のハンディクリーナーはアタッチメントが豊富で、さまざまな場所をスムーズに掃除できる点が人気です。中でも「ブロワー付き ACハンディクリーナー」は送風機能(ブロワ―)がついているので、ゴミを吸い込むだけでなく、吹き掃除もできると評判です。

このようにオーム電機のハンディクリーナーは、従来のハンディクリーナーの領域を超えて、掃除をより手軽にスムーズにしてくれる便利な道具へと進化しています。共働きで忙しいご家庭など、掃除は隙間時間に手早く済ませたい方へプレゼントするのもおすすめです。

オーム電機(OHM ELECTRIC)を人気ランキング2023から探す

9

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) ハンディクリーナー

サンワサプライは岡山県にあるブランドで、パソコンの周辺機器やオフィス用品の製造と販売を行っています。ハンディークリーナーは直営の通販サイト「サンワダイレクト」で扱っており、その使い勝手のよさで人気を集めています。

いくつか種類がありますが、特におすすめなのが「ウェット&ドライ ハンディクリーナー」です。人気の秘密は、文字通り液体もホコリもどちらも掃除ができるところにあります。

小さなお子様がいるご家庭では、食べこぼしなどで部屋が汚れることは日常茶飯事です。その度に雑巾と掃除機を用意して片づけるとなると大変ですが、サンワサプライのハンディクリーナーがあればその煩わしさが半減します。そのため、出産祝いなどにもおすすめのプレゼントです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) ハンディクリーナーを人気ランキング2023から探す

8

アイリスオーヤマ(IRISOHYAMA)

アイリスオーヤマは1971年に創業したブランドで、宮城県に拠点を置いています。生活家電から園芸用品まで、幅広い商品ラインナップで人々の暮らしを便利にしているブランドです。

アイリスオーヤマの数ある商品の中でもハンディクリーナーは、軽量で小回りが利く点で多くの支持を集めています。基本的にシンプルなデザインで室内に置いておいてもインテリアに馴染む見た目が人気です。

小回りが利く上に吸引力もあるので、一人暮らしの方ならハンディクリーナーが1台あれば、他の掃除道具がなくても支障がありません。このため、進学や就職などで一人暮らしを始める方へのプレゼントとして最適です。

アイリスオーヤマ(IRISOHYAMA)を人気ランキング2023から探す

7

山善(YAMAZEN)

山善は1947年に創業し、東京と大阪を中心に日本全国に営業拠点を持つブランドです。住建材と家庭機器を取り扱い、人々の快適な暮らしを支えています。

山善のハンディクリーナーの人気商品は「スティック&ハンディクリーナー」で、スティックタイプの掃除機としても、本体から一部を取り外しハンディクリーナーとしても使える、2ウェイ仕様です。掃除機もハンディクリーナーも両方持っていれば便利ですが、収納場所などが問題で諦めている方にプレゼントすると喜ばれます。

また、吸引力がとてもパワフルなのも見逃せないポイントです。ゴミの量や大きさを気にせず、一気に吸い込むことができるので、寝室や洗面所などゴミが出やすい場所でも安心して使うことができます。

山善(YAMAZEN)を人気ランキング2023から探す

6

日立(HITACHI)

日立は1910年から100年余りの歴史を誇るブランドで、今や日本を代表する会社です。「日立」の名のつく商品は、あらゆる生活シーンに欠かせない上に、日本のみならず世界中で愛されています。

日立のハンディクリーナーは色やデザインがかわいらしく、女性を中心に人気があります。しかし、それだけでなくそのパワーにも定評があります。ヘッド部分に装着するパワーブラシはカーペットのゴミを掻き出して吸い込むことができ、多くの人から「掃除が楽になった」と好評価を得ています。

このため、カーペット敷きの部屋がある住宅にお住いの方へのプレゼントとしてぴったりです。カーペットに落ちている髪の毛やペットの毛の掃除で悩んでいる方には特に喜んでもらえます。

日立(HITACHI)を人気ランキング2023から探す

5

フカイ(FUKAI)

フカイは1965年に大阪で創業したブランドで、医療機器や家電製品のデザインや製造、販売、輸入と幅広く手掛けていることで知られています。すべての商品が、使う人に寄り添って開発されており、世代を超えて愛されているのが特徴的です。

その理念はハンディクリーナーにも生かされており、数あるハンディクリーナーの中には本体重量がわずか710gという軽量の商品まであります。スイッチを入れるだけで簡単に使え、充電も簡単にできることから、年配の方やお子様でも使いやすい製品です。

特に年配のご夫婦のみで暮らしているご家庭などは、掃除を億劫に感じているケースもあり、そのようなご家庭へのプレゼントとしてフカイのハンディクリーナーはおすすめです。

フカイ(FUKAI)を人気ランキング2023から探す

4

エレクトロラックス(Electrolux)

エレクトロラックスはスウェーデンで誕生したブランドで、100年近い歴史を誇ります。そのデザイン性の高さと丈夫で長持ちする機能性の高さで、150を超える国と地域で多くの人から支持されています。

エレクトロラックスのハンディクリーナーで最も注目すべき商品が、「エルゴラピード」です。「エルゴラピード」はハンディクリーナーとしてはもちろん、スティックタイプの掃除機としても使えます。さらに寝具のダニやホコリを除去できる、布団クリーナーとしても使える優れものです。

特に小さなお子様がいるご家庭では、アレルギーの原因になるといわれるホコリやダニが心配です。小さなお子様の健やかな毎日を願うプレゼントとしても喜ばれます。

エレクトロラックス(Electrolux)を人気ランキング2023から探す

3

ツインバード(TWINBIRD)

ツインバードは1951年に、物作りの街として歴史と伝統のある新潟県燕市で誕生した家電ブランドです。多くの人が暮らしの中で感じる「不便さ」を解消する商品を次々と世に送り出しています。

ツインバードのハンディクリーナーは種類の多さで知られていますが、その用途が細かく想定されているのが特徴です。車用、室内用、ペット用、網戸用といったようにニッチなニーズに合わせた開発力が注目されています。

窓が多い一戸建てにお住まいの方には、網戸や窓用のハンディクリーナーが喜ばれます。愛車の手入れが趣味という方には車用ハンディクリーナーがぴったりです。贈る相手の方に細かく対応したプレゼントは、その気持ちが伝わりより一層喜んでもらえます。

ツインバード(TWINBIRD)を人気ランキング2023から探す

2

マキタ(Makita)

マキタは1915年に愛知県で産声を上げた、伝統あるブランドです。業務用の電動工具や家庭用の園芸用具や生活用具など、幅広いラインナップが揃っています。

マキタの製品は、音が静かなうえパワフルな動力部分が特に定評があり、ハンディクリーナーも例外ではありません。そのパワーは、プロの清掃業界でも採用されているほどで、家庭でも一度床の上を滑らせるだけで隅々のゴミまでしっかり吸引してくれます。

さらにマキタはアフターサービスのよさにも定評があります。事業所が全国に点在しているので、各地でメンテナンスを受けることができます。転勤のある方や引っ越しの予定がある方にも自信を持ってプレゼントできます。

マキタ(Makita)を人気ランキング2023から探す

1

パナソニック(Panasonic)

パナソニックは、経営の神様と称賛される松下幸之助によって1917年に創業されました。当初は電気ソケットの製造販売から始まり、少しずつ事業を拡大していったことは有名です。

歴史と伝統があるパナソニックは、洗濯機・冷蔵庫・炊飯器・エアコン・掃除機といった「白物家電」の雄として名を馳せ続けています。ハンディクリーナーに関しても、持ち運びやすく優れた吸引力は圧倒的な支持を得ています。

特に「充電式掃除機」は充電時間が2時間程度と短いうえに、充電後の稼働時間は長く経済的です。また充電中もコンパクトに置いておけるので、限られたスペースを有効に使いたい方にプレゼントすると喜ばれます。

パナソニック(Panasonic)を人気ランキング2023から探す

おしゃれなブランドハンディクリーナー一覧

商品画像 パナソニック(Panasonic)
1
マキタ(Makita)
2
ツインバード(TWINBIRD)
3
エレクトロラックス(Electrolux)
4
フカイ(FUKAI)
5
日立(HITACHI)
6
山善(YAMAZEN)
7
アイリスオーヤマ(IRISOHYAMA)
8
サンワサプライ(SANWA SUPPLY) ハンディクリーナー
9
オーム電機(OHM ELECTRIC)
10
シー・シー・ピー(CCP)
11
ブラック・アンド・デッカー(BLACK + DECKER)
12
商品名 パナソニック(Panasonic) マキタ(Makita) ツインバード(TWINBIRD) エレクトロラックス(Electrolux) フカイ(FUKAI) 日立(HITACHI) 山善(YAMAZEN) アイリスオーヤマ(IRISOHYAMA) サンワサプライ(SANWA SUPPLY) ハンディクリーナー オーム電機(OHM ELECTRIC) シー・シー・ピー(CCP) ブラック・アンド・デッカー(BLACK + DECKER)
価格 11,400円(税込) 11,000円(税込) 8,200円(税込) 7,500円(税込) 4,700円(税込) 10,000円(税込) 4,400円(税込) 8,800円(税込) 2,000円(税込) 6,300円(税込) 8,300円(税込) 8,800円(税込)
詳細
編集部からのコメント

ハンディクリーナーは、友人や同僚に喜ばれるプレゼントです!

今回はおすすめのハンディクリーナーをランキング形式でご紹介しました。ハンディクリーナーはホコリや食べこぼしに気づいたときにサッと使えるので、掃除の億劫さから解放してくれます。このようなストレスフリーで幸せな暮らしをプレゼントできたら素敵です。どうぞ皆さんのプレゼント選びにお役立てください。

贈る人からプレゼントをさがす