女性に人気のレディースマフラーおすすめブランド10選【2018年最新版】

女性に人気のレディースマフラーおすすめブランド10選【2018年最新版】

マフラーは、寒くなる季節の防寒だけでなくファッションアイテムの一つとしてこれからの時期には欠かせません。最近のマフラーは、カラーバリエーションや素材も豊富で、ファッションアイテムとして女性なら幾つか持っていたいものです。今回は、マフラーの選び方のポイントや人気の柄などをまとめました。また、女性に人気のあるマフラーのブランドを【2018年度版】ランキング形式で紹介いたします。

目次
レディースブランドマフラーの選び方 女性におすすめのマフラー レディースブランド人気ランキング TOP10 女性に贈るレディースブランドマフラーのプレゼントアドバイス レディースマフラーの詳しい選び方 女性に人気のレディースマフラーの相場は?予算の目安は? 女性にレディースマフラーをプレゼントする意味は?

レディースマフラーブランドの選び方は?種類や色・素材はどう選ぶ?

レディースマフラーの選び方のポイント

  • デザイン重視だけではなく、肌に刺激が少ないものを選ぶ
  • 防寒性重視のマフラーは、編み目が細かく隙間がないものを選ぶ
  • 家で洗えて楽にお手入れできるものが良い
  • コートの色でマフラーの柄や色を選ぶ

肌への刺激が少ない素材
マフラーを巻く首回りは、肌の中でも敏感な部分です。マフラーの素材は、できるだけ肌に優しくて刺激の少ないものを選びましょう。

マフラーの中には、手触りがごわごわしていたり、首に巻くとかゆみを発生させるものもあります。手触りが悪く肌に刺激があるマフラーは、安価なものに多く見られるため、試てみるか、通販の場合は口コミを参考にしてみましょう。

あたたかい素材
マフラーは、防寒として使うためあたたかさも重要です。
素材によっては、厚みがあってもあまり暖かくないものもあります。お店で購入する場合は、暖房が効いていることが多いので試しにマフラーを巻いたときに、首回りが少し暑く感じるぐらいがちょうど良いでしょう。

織り目が細かいもの
例えば、透け感のあるマフラーはデザイン的にはオシャレですが、あまりあたたかくありません。あたたかさを求めるマフラーは、編み目が細かく隙間なく織られているものを選びましょう。

お手入れの簡単さ
マフラーの生地によって、自宅で洗濯できるものか、ドライクリーニングに出すものかが変わってきます。
自宅でケアできる商品のほうが便利ですが、クリーニングに出さなければならないものは良い素材のものが多いです。

ノーブランド?ハイブランド?
マフラーはノーブランドの安いものから、ハイブランドの高級品まで様々です。
もし気に入っているブランドがあるならば、そのブランドのマフラーを選ぶとお気に入りになるでしょう。

マフラーは価格の分だけデザインや品質、触り心地に差があります。
ブランド重視の人は、「コーチ」や「エルメス」など、ハイブランドのものを選ぶと失敗がありません。

差し色になるカラーや柄
マフラーは、服装全体のコーディネートの差し色にもなるアイテムです。
女性は落ち着いた色合いのコートを着ることが多くなるため、差し色になるマフラーやデザインを選ぶとコーディネートしやすいです。

例えば、無地のコートには明るい色や柄のマフラーを、柄のコートには無地のマフラーや落ち着いた色のマフラーを選ぶといった具合です。
ファッション全体でメリハリがつくようなマフラーを選ぶようにしましょう。

女性におすすめのマフラー レディースブランド人気ランキング TOP10

女性への誕生日プレゼントに人気のレディースマフラーの人気ブランドをランキングにまとめました。素敵なプレゼント選びの参考に是非ご活用ください。

10

カシュミー(Cashmee) マフラー

カシュミー(Cashmee) マフラー

7,000円〜20,000円 (税込)

Cashmee (カシュミー)は、120年の歴史がある毛織物の老舗・深喜毛織株式会社の監修の元に誕生しました。

内モンゴルで問題になっているカシミヤヤギの減少を防ぐ活動を、商品開発を通じて行っています。品質には絶対の自信を持っているカシミヤ専門ショップです。

品質の高いカシミヤ100%の素材で作られたマフラーやストールは、落ち着いた色合いや柄のものが多く、普段使いから冠婚葬祭などフォーマルな席まで、あらゆるシーンで使えると幅広い世代の女性に人気があります。

光沢の美しさと柔らかく滑らかな肌触りは、一度身に着けたら手放せなくなると評判です。使うほどに厚みや柔らかさが増していくため、風合いの変化が楽しめるのも魅力となっています。

Cashmee (カシュミー)公式サイト
9

アニエスベー

アニエスベー(agnès b.) マフラー

アニエスベー(agnès b.) マフラー

1,000円〜5,000円 (税込)

Agnes b.(アニエスベー)は、1975年にフランスはパリにてファッションブランドとして始まりました。

アパレル以外にも、ファッション雑貨、化粧品、香水などのアイテムを展開しています。シンプルで流行に左右されないフレンチカジュアルなデザイン特徴で、カラーバリエーションも多彩なため、コーディネートしやすいのという点が魅力となっています。

アニエス・ベーのマフラーは、高校生など10代の若者を中心に人気があります。

色も落ち着いたブラックやグレーにb(ベー)の文字をあしらったもの、細いチェック柄、字模様のマフラーなど、シンプルで落ち着いた雰囲気のものが多く、素材もポリエステルとコットンの混合、アクリルとウールの混合、ウール100%など、様々です。

金額は、素材によって異なりますが、比較的リーズナブルで、ファッションコーディネートしやすいデザインと柄は、オシャレな若い女性から注目されています。

Agnes b.(アニエスベー)ファッション雑貨公式ページ
8

グレンプリンス

グレンプリンス(Glen Prince) マフラー

グレンプリンス(Glen Prince) マフラー

2,000円〜20,000円 (税込)

Glen Prince (グレンプリンス)は、1989年にスコットランドで創立した老舗のニットブランドです。

上質な天然素材のカシミヤやウール、モヘアを使ったマフラーやストール、スヌード等を多く展開しています。比較的リーズナブルな価格であることも、魅力のひとつです。

古くから伝わる伝統的な手法で美しく丁寧に織られたマフラーやストールは、非常に品質が高く、カシミヤやピュアウールならではの肌触りと柔らかさ、保湿性の高さは、最高の英国製品の一つとして知られています。

カラーは、ベージュやブラック、グレーなど、ベーシックな色合いのものが多く、普段のファッションに合わせやすい優しい色合いは、多くの女性から高い支持を集めています。

グレンプリンス(Glen Prince) マフラーを人気ランキング2018から探すグレンプリンス(Glen Prince) マフラーを人気ランキング2018から探す

Glen Prince (グレンプリンス)ストール公式ページ
7

ポールスミス

ポール・スミス(Paul Smith) マフラー

ポール・スミス(Paul Smith) マフラー

7,000円〜20,000円 (税込)

Paul Smith(ポールスミス)は、イギリス人のデザイナーであるポールスミス氏によるブランドで、メンズを中心に展開しています。

様々な種類の音楽やアートの要素を取り込んだデザインは、ポールスミスならではの拘りを感じることができる一品となっています。日本では、若者を中心に絶大な人気を誇るブランドです。

ポールスミスのレディースのマフラーは、ストリートカジュアル系やボーイッシュなデザインのものが多いのが特徴で、中でも伝統的な英国風のデザインと、モダンでビビットな色合いのコンビネーションのマフラーは、色々な洋服に合わせやすいと高く評価されています。

カラーバリエーションも豊富なため、自分の好みに合わせて選びやすいことも、人気の理由の一つになっています。

ポール・スミス(Paul Smith) マフラーを人気ランキング2018から探すポール・スミス(Paul Smith) マフラーを人気ランキング2018から探す

Paul Smith(ポールスミス)ウィメンズストール&マフラー公式ページ
6

ロロピアーナ 

ロロ・ピアーナ(Loro Piana) マフラー

ロロ・ピアーナ(Loro Piana) マフラー

9,000円〜150,000円 (税込)

Loro Piana(ロロピアーナ)は、1924年にイタリアでPietro Loro Piana(ピエトロ・ロロ・ピアーナ)が創立したテキスタイルブランドです。

高い品質を誇る天然原料と、その特性を最大限に引き出す技術は素晴らしく、6世代に渡ってニット製品や高級カシミヤ、梳毛織物など、最高級のウェア製品や布地を世界中に提供し続けています。

ロロピアーナのマフラーは、最高級と謳われるだけあって、その「肌触りの良さ」と「品質の高さ」は絶大な支持を獲得しています。

品質の良さは、トップブランドに提供しているほどで、これ以上のものはない言われるほどの品質に、落ち着いた色合いやデザイン、大人っぽい雰囲気のマフラーは、学生から社会人まで、あらゆる世代の女性から大変人気があります。

Loro Piana(ロロピアーナ)公式サイト
5

コーチ

コーチ(COACH) マフラー

コーチ(COACH) マフラー

6,000円〜20,000円 (税込)

COACH(コーチ)は、1941年にアメリカはニューヨークで皮革工房として始まった高級ファッションブランドです。最近では、レザー以外にもアパレル関連やシューズなど、様々なアイテムを取扱っています。

レディースアイテムが多い印象のコーチですが、メンズコレクションやアウトレットにも力を入れ、幅広い層をターゲットにしています。

コーチのマフラーは、カラーや柄のバリエーションが豊富で、シックで落ち着いた雰囲気から、ガーリー系の可愛らしいものまで、様々なデザインを展開しています。

デザインや柄のラインナップが多いため、自分のファッションや好みに合ったマフラーを見つけやすく、また、高い品質の割に比較的リーズナブルな価格であることから、20代から50代の幅広い年代から人気を集めています。

コーチ(COACH) マフラーを人気ランキング2018から探すコーチ(COACH) マフラーを人気ランキング2018から探す

COACH(コーチ)ウィメンズ秋冬小物公式ページ
4

ラルフローレン

ラルフローレン(RALPH LAUREN) マフラー

ラルフローレン(RALPH LAUREN) マフラー

4,000円〜10,000円 (税込)

Ralph Lauren(ラルフローレン)は、1968年にメンズウェアで始まったアメリカンスタイルのブランドです。

新鮮でモダンはデザインを提供し続けており、近年では、定番のポロシャツ以外にも、バッグ、財布などの小物類や、ベビー、キッズ系の服飾雑貨など様々なジャンルを展開しています。

ラルフローレンの女性向きのデザインでは、シンプルなホワイト系のマフラーが人気です。

真っ白ではない、ほんのり淡く見せたとても優しい風合いのアイボリー系マフラーは、柔らかで女性らしい雰囲気が特徴です。その可愛らしいフェミニンな印象に、多くの女性が魅了されています。

ラルフローレン(RALPH LAUREN) マフラーを人気ランキング2018から探すラルフローレン(RALPH LAUREN) マフラーを人気ランキング2018から探す

Ralph Lauren(ラルフローレン)公式サイト
3

ヴィヴィアンウェストウッド

ヴィヴィアン・ウエストウッド(Vivienne Westwood) マフラー

ヴィヴィアン・ウエストウッド(Vivienne Westwood) マフラー

5,000円〜15,000円 (税込)

Vivienne Westwood (ヴィヴィアンウエストウッド)は、王冠と地球を合わせたロゴマーク「オーブ」が目を引く、イギリス人のヴィヴィアン・ウエストウッド氏によって始められたファッションブランドです。マフラーを始め、財布やバッグなど、様々なアイテムを展開しています。

ヴィヴィアンウエストウッドのマフラーは、ロゴマークが入っているマフラーが大変人気があり、色や柄のバリエーションも豊富なので、色違いや柄違いで複数揃えたり、カップルだとペアでお揃いにしたりする人も少なくありません。

また、さりげない刺繍が入っている可愛らしい雰囲気のマフラーは10代の若い女性に、より華やかさを演出できるスーツに合う色柄のマフラーは社会人女性にぴったりです。

ポップで色鮮やかな配色のマフラーは、トータルコーディネートで差し色としても使いまわしが効くため、おしゃれに敏感な女性に人気があります。

ヴィヴィアン・ウエストウッド(Vivienne Westwood) マフラーを人気ランキング2018から探すヴィヴィアン・ウエストウッド(Vivienne Westwood) マフラーを人気ランキング2018から探す

Vivienne Westwood (ヴィヴィアンウエストウッド)公式サイト
2

ジョンストンズ(Johnstons) マフラー

ジョンストンズ(Johnstons) マフラー

3,000円〜16,000円 (税込)

Johnstons(ジョンストンズ)は1797年にスコットランド北東部のエルガンという町でニットブランドとして創業されました。200年以上の歴史あるジョンストンズは、世界でも有数の高級カシミヤ製品を扱う一流ブランドとして知られています。

ジョンストンズのマフラーは、高い品質の素材を惜しげなく使い、柔らかで肌に溶け込む感触が特徴で、高級感のある洗練された雰囲気のチェック柄は、使い勝手が良いと最も人気があるアイテムになっています。

また、薄手の大判のマフラーは、冬場はマフラーとして、春先にはストールとして使う事ができ、スーツやコートスタイルにも合わせやすいデザインは、社会人女性から高い支持を集めています。

20代から30代の女性には、カジュアル系な雰囲気のチェック柄、40代から50代の女性には顔色がより明るく見えるシンプルな無地のマフラーが人気で、贈り物としても多く選ばれています。

Johnstons(ジョンストンズ)公式サイト
1

バーバリー

バーバリー(BURBERRY) マフラー

バーバリー(BURBERRY) マフラー

20,000円〜50,000円 (税込)

BURBERRY(バーバリー)は、1856年にイギリスで創業したラグジュアリーブランドです。世界をリードするブランドとして、デザインや品質・伝統を大切にしており、年代や性別にとらわれないデザインとスタイルは、多くの人を魅了し続けています。

バーバリーのマフラーで、最も人気があるのは「チェック柄」です。

最近では、ベージュ系以外にも、ピンク系やホワイト系のチェック柄も展開しており、ピンク系は優しい色合いと可愛らしい印象が、ホワイト系は清楚で女性的な雰囲気が、女性から注目されています。

また、バーバリーのチェック柄は、カジュアルスタイルにもフォーマルスタイルにも合わせやすいのが特徴で、中でもブルーレーベルのマフラーは大変人気があります。

学生から社会人まで、様々なシチュエーションに合わせやすい柄は、あらゆる世代の女性の心を掴んでいます。

バーバリー(BURBERRY) マフラーを人気ランキング2018から探すバーバリー(BURBERRY) マフラーを人気ランキング2018から探す

BURBERRY(バーバリー)ウィメンズスカーフ公式ページ
商品画像 バーバリー(BURBERRY) マフラー
1
ジョンストンズ(Johnstons) マフラー
2
ヴィヴィアン・ウエストウッド(Vivienne Westwood) マフラー
3
ラルフローレン(RALPH LAUREN) マフラー
4
コーチ(COACH) マフラー
5
ロロ・ピアーナ(Loro Piana) マフラー
6
ポール・スミス(Paul Smith) マフラー
7
グレンプリンス(Glen Prince) マフラー
8
アニエスベー(agnès b.) マフラー
9
カシュミー(Cashmee) マフラー
10
商品名 バーバリー(BURBERRY) マフラー ジョンストンズ(Johnstons) マフラー ヴィヴィアン・ウエストウッド(Vivienne Westwood) マフラー ラルフローレン(RALPH LAUREN) マフラー コーチ(COACH) マフラー ロロ・ピアーナ(Loro Piana) マフラー ポール・スミス(Paul Smith) マフラー グレンプリンス(Glen Prince) マフラー アニエスベー(agnès b.) マフラー カシュミー(Cashmee) マフラー
価格 20,000 円 〜 50,000 円(税込) 3,000 円 〜 16,000 円(税込) 5,000 円 〜 15,000 円(税込) 4,000 円 〜 10,000 円(税込) 6,000 円 〜 20,000 円(税込) 9,000 円 〜 150,000 円(税込) 7,000 円 〜 20,000 円(税込) 2,000 円 〜 20,000 円(税込) 1,000 円 〜 5,000 円(税込) 7,000 円 〜 20,000 円(税込)
詳細 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る

女性に贈るレディースブランドマフラーのプレゼントアドバイス

レディースマフラーの詳しい選び方

マフラーとストールの違いは?

秋冬によく使われるマフラーですが、最近ではマフラーの代わりにストールを使う人も増えてきています。

マフラーは、大体幅が30㎝ぐらいの帯状のもので首に巻いて使います。長さはメンズとレディースで若干異なりますが、大体1mぐらいの長さが定番です。

ストールは、いわゆる肩掛けですが、マフラーより大きく、大体風呂敷ぐらいの大きさの正方形が一般的です。

ストールは、半分に折って三角の形状にしてから肩にかけて使うのが定番ですが、最近では肩に掛けるだけでなく巻き方を工夫しておしゃれを楽しむ女性も増えています。マフラーに比べて素材が薄くオールシーズン使えることが特徴です。

ストールのように薄いものではなくマフラーのようにしっかりあたたかく大きなものが欲しいという声もあり、最近ではマフラーでもストールのように大判サイズも多く出ています。

小ぶりなサイズはコンパクトで持ち運びは楽ですが、大判のマフラーやストールは、首回りにボリュームが出るように巻くと小顔効果があるので、女性にとっては選ぶデザインのひとつになっています。

また大判サイズは、マフラーとしてではなく、ちょっと寒く感じるときに膝掛けに使うことができる等、様々なシーンで活用できるのも魅力です。

コンパクトなマフラーか、大判のストールか、好みは用途やファッションスタイルによって分かれますので、プレゼントする女性のファッションスタイルを見て、好みに合わせるのと良いでしょう。

レディースマフラーの色の選び方は?

マフラーの色でよく選ばれるのは、「黒」「白」「茶」「ベージュ」等で合わせやすいカラーです。
しかし、首回りが黒だと顔が膨張して見えてしまうことがあります。ベージュやキャメルなどの薄めの色や、少し明るめで落ち着きのある色だと、小顔効果には最適です。

プレゼントする女性にファッションコーディネートが思い浮かばない場合は、「黒」「白」「茶」「ベージュ」色がおすすめです。
ファッションの差し色としてマフラーを贈りたい場合は、パステル系の薄めの色合いのものや、柄ものがよいでしょう。

柄物であれば、一番人気はチェック柄です。20代から50代まで幅広い層の女性から人気があり、コートなどの無地の上着とも非常に合わせやすいのが人気の理由です。
洋服のアクセントとしても使える柄で、1つあると使い勝手が良く便利です。

また、最近特に人気の英国風のチェック柄は、上品で落ち着いた雰囲気があり、赤や青など鮮やかな色が見ためを華やかにします。

あまり奇抜な色は、服装によっては合わせにくいことも考えられます。よほど好みの色だとわかっていない限りは避けた方が失敗しません。

人気のある色・柄は?

女性にプレゼントするマフラーは、無地やチェック柄が大変人気があります。マフラーやストールは、服装や気分によって使いわける女性も少なくありません。ファッションに合わせやすい明るめの色や柄ものが喜ばれることが多いです。

単色でマフラーを選ぶなら、プレゼントとしては黒などの暗めの色は避けた方が良いでしょう。コーディネートとしては合わせやすいというメリットはありますが、首回りが黒だと顔が膨張して見えてしまうので、女性としては嬉しくありません。

どちらかというと、ベージュやキャメルなどの薄めの色や、少し明るめで落ち着きのある色だと、小顔効果には最適です。

また、柄物であれば、一番人気はチェック柄です。20代から50代まで幅広い層の女性から人気があり、コートなどの無地の上着とも非常に合わせやすいのが人気の理由にです。

洋服のアクセントとしても使える柄で、1つあると使い勝手が良く、便利な面も魅力です。

また、最近特に人気の英国風のチェック柄は、上品で落ち着いた雰囲気があり、赤や青など鮮やかな色が見ためを華やかにします。

無地のアウターであればどの色でも合わせやすいため、多くの女性から支持を集めています。

人気のある素材は?

またマフラーの素材は、デリケートな首周りに使うものなので、肌触りが良く柔らかな素材がおすすめです。
主な素材としては、「カシミヤ」「アンゴラ」「ウール」があり、これらの糸を用いたマフラーは、保温性に優れているため、マフラーにぴったりです。

人気のあるカシミヤは、肌触りや光沢、柔らかさが抜群の最高級素材です。細い毛から作られているため、柔らかくすべすべした肌触りと光沢を楽しめます。
保湿性や保温性にも大変優れていて、そのあたたかさは、一度使ったら手放せなくなるほどです。しかし、高級品であることも特徴のひとつです。

アンゴラは、アンゴラウサギの毛で作られたもので、細やかな繊維質のため、大変滑らかな肌触りよいです。アンゴラは、軽くてあたたかくてカシミヤほど高値でないこともあり、大変人気があります。

ウール(羊毛)は、一番ポピュラーな素材です。通気性が抜群で、長時間首に巻いていても蒸れにくいのが特徴です。ウールは、首周りがチクチクしたりかゆくなったりすることもありますが、あたたかくて型崩れしにくいのが魅力です。

女性に人気のレディースマフラーの相場は?予算の目安は?

レディースマフラーを贈る場合の相場について

  • 女性向けマフラーの平均相場は、1,000円~20,000円程度
  • 学生の場合は、1,000円~3,000円
  • 若手の社会人(20代~30代)は、3,000円~7,000円
  • 経験を積んだ社会人(40代~50代)は、10, 000円~20,000円

女性向けレディースマフラーの全体的な相場は「1,000円〜20,000円」程度です。

ベストプレゼント編集部が「女性にプレゼントを買ったことがある人300人」に「女性のへのプレゼントにマフラーを贈る場合の予算」について2018年9月にアンケート調査を実施しました。

女性の誕生日に贈るマフラーの全体的な相場は、贈る相手との関係性や、世代によってプレゼントの予算も異なります。

全体的な世代別の平均相場は、高校生や大学生など、学生(10代後半~20代前半)に贈る場合の予算相場は、1,000円~3,000円程度、20代~30代の社会人に贈る場合の予算相場は「3,000円~7,000円」、社会人40代~50代に贈る場合の予算相場は「10, 000円~20,000円」というのが、全体の45~50%と最も多い意見でした。

学生にマフラーを贈る場合、贈るマフラーの金額があまり高額なものは相手にとってプレッシャーや恐縮させてしまうこともあるので、予算相場内でプレゼントを贈るのがおすすめです。

デザインや柄は相手の好みに合わせて、選ぶようにしましょう。この年代には、無地で明るい色や可愛らしい柄のものが好まれます。

若手の社会人にマフラーを贈る場合は、品のあるものを身に着けたい年頃です。相手の好みのブランドのマフラーや、品質もよく、服装に合わせやすい色柄のマフラーがよく選ばれています。

少し年配の経験を重ねてきた社会人にマフラーを贈る場合は、品格を大切に、ある程度のハイブランドのアイテムを選びましょう。

マフラーブランドの相場は、学生などの若者向けだと「ジョンストンズ」だと3,000円~、「ヴィヴィアンウエストウッド」は5,000円~、「アニエス・ベー」が5,000円~となります。

社会人向けだと「コーチ」は10,000円~、「ロロピアーナ」は20,000円~、「バーバリー」は30,000円~となります。

女性にレディースマフラーをプレゼントする意味は?

マフラーをプレゼントする意味とは

  • 長いものをプレゼントするのは「長寿」という意味がある
  • 首に巻く行為は「あなたに首ったけ」という意味がある

女性の誕生日にマフラーを贈る場合、マフラーなど長いものには「長寿」という意味があるため、厄年(男性:42歳、女性:33歳)の人には縁起が良いと贈り物として多く選ばれています。

また、首に巻くということから「あなたに首ったけ」という意味もあり、恋人や妻に贈る場合にぴったりといえます。誕生日や記念日、クリスマスなどのイベント時のプレゼントとして、自分の気持ちを込めたい時などに最適です。

マフラーは、自分の気持ちもさりえげなく伝えることができ、貰った方も毎日実用的に使える人気のある贈り物の一つといえます。

編集部からのコメント

女性にプレゼントするマフラーは、品質のよさを重視しましょう

女性に人気のおしゃれなレディースのマフラーブランドについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。
冬場に防寒目的だけなく、ファッションアイテムの一つとして活躍するマフラーは、ファッションや年代によって、好みのデザインや拘りたい素材が異なります。
色や柄のバリエーション、素材も高級カシミヤや、アクリルとウール混合など、バリエーションは非常に豊富です。
若い世代は、素材よりも可愛らしいデザインのもの、年齢を重ねた女性には、素材にも拘ったブランドもののマフラーが喜ばれる傾向があります。
マフラーは、素材やブランドによって価格に幅がありますが、低めの予算でもブランドによっては品質の良いデザイン性の高いマフラーが揃っていますので、是非素敵なプレゼント選びの参考にしてください!

レディース マフラーのプレゼント 人気記事


防寒グッズのプレゼント 人気記事

「防寒グッズ」の記事をもっと見る >>


ファッション小物(レディース)のプレゼント 人気記事

「ファッション小物(レディース)」の記事をもっと見る >>


贈る人から女性のプレゼントをさがす

イベントからプレゼントをさがす